少し前までは肌寒い日もあり、羽織やカーディガンなども手放せませんでしたが、近頃は気温も高くなり、夏の装いになってきましたね。しかし! 皆さんはムダ毛の処理や、お肌のケアは完璧ですか?

二の腕にプツプツやできものがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。筆者も数年前までは二の腕のプツプツに悩まされ、半袖やノースリーブなど着るのを躊躇っていました。今回はそんな二の腕のプツプツの正体と、治療法や改善方法をお伝えしたいと思います。

◆二の腕のプツプツの正体は?

二の腕に鳥肌のようなプツプツや赤み、それは毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)という皮膚疾患の1つです。その他にもアレルギーや刺激による炎症、ニキビなどが挙げられますが、もっとも多い二の腕のプツプツは毛孔性苔癬だと言われています。悪性の皮膚疾患ではないとはいえ、顔によくできるニキビと同じく、見られやすい場所にできることから、二の腕を出す服が着られないと悩む女性がたくさんいらっしゃいます。

毛孔性苔癬は別名、毛孔性角化症ともいわれており、ニキビのようなプツプツが、肩から二の腕の外側などに現れることをいいます。また二の腕だけにとどまらず、背中やふくらはぎ、太もも、お尻などの広い範囲に現れることもあります。

◆毛孔性苔癬の原因って?

プツプツの原因は毛穴につまった角質で、直径2~3㎜の栓や丘疹(きゅうしん)ができ、皮膚の表面が鳥肌や鮫肌のようにザラザラとした肌触りになります。皮膚が乾燥して、粉状の垢が発生することもあり、プツプツの中に産毛が生えていることもあります。毛孔性苔癬は痛みやかゆみはほとんどありませんが、まれに軽いかゆみを感じる方もいます。

◆治療法はどんなものがあるの?

毛孔性苔癬は皮膚科や美容外科での治療が可能です。皮膚科では、主に毛穴の出口を柔らかくする尿素配合クリームや、赤みを抑えるためのクリームなど、塗り薬による治療が用いられます。しかし、毛穴に溜まった角質を直接外に出す働きがないため、繰り返し湿疹が再発する可能性があります。毛孔性苔癬はプツプツ以外の症状がほとんどなく、年齢と共に自然と消えてなくなることも多いと言います。

美容外科では毛孔性苔癬に対し、様々な治療方法が行われています。しかしどれも審美的なカテゴリとなってしまい、保険外での治療が主となります。

・ケミカルピーリング

肌の表面にターンオーバーを促す薬剤を塗布して角質を薄くはがしていく治療法です。塗り薬より効果は高く痛みもほとんどなく、施術時間も短い事から人気を集めています。ただし数回にわたっての通院が必要。

・トレチノイン

ニキビの治療にも使われ、トレチノインクリームを塗り薬、皮膚のターンオーバーを早める作用があることから、数ヶ月継続することで新たなプツプツができにくくなるとされています。外用薬の処方を受け自宅での治療がメインとなります。

・ダーマローラー

髪の毛ほどの細さの医療用針がついたローラーを肌で転がすことで、肌に炎症を起こさせ、その傷を治すために肌組織がさまざまな化学物質を分泌し、その過程で生成されるコラーゲンによってみずみずしい肌が作られるという仕組みでの治療です。

2~6週間ごとに5~6回治療をくりかえすことで、高い効果が得られると言われています。ダーマローラーの施術には表面麻酔を塗布するので痛みは少ないですが、一時的に色素沈着が起きる可能性もあります。

・レーザー治療

レーザー治療機にも種類があり、毛孔性苔癬の治療法として取り入れられているのは、皮膚の表面を改善するのではなく、皮膚を新しく入れ替える「フラクセル」というレーザーが注目を集めています。外用薬ではできなかった、皮膚そのもののリセットを目的としたもので、高い効果を実感できます。

熱エネルギーを加え、肉眼では見られないほどの小さな穴を無数に開け、表皮が熱変化を起こして、生まれたての赤ちゃんの様な肌へ生まれ変わる仕組みです。約4~6回で変化を実感できるそうです。

症状にもよりますが、短期間で綺麗に治療する方法としては、「フラクセル」もしくは「ダーマローラー」が高い効果を発揮してくれるのではないでしょうか。

◆自宅でもケアできる?

毛孔性苔癬は肌が乾燥すると、角化が早まってさらなる肌荒れを起こす危険があり、自宅でもボディローションやクリームなどでしっかり保湿することが予防に繋がります。また血行を良くすることで炎症による赤みを予防する他、美白美容液などで色素沈着を防ぐことも可能です。

◆まとめ

筆者は何の治療もしなかったのですが、気づいた時にはプツプツはすっかり消えて無くなっていました。一定の年齢になると自然と消えてしまう事もあるんだとか。しかしプツプツの跡や色素沈着を起こしていることが多く、綺麗に治すのなら、自宅でのケアに加え、皮膚科や美容クリニックのお世話になるのをオススメします!

予算や施術内容などあなたにあったものにチャレンジしてみてくださいね。つるんとした二の腕で自信を持ってオシャレを楽しみましょう。



female-839203_640
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)