肌に良いと信じてやっていても、結果肌をだめにすることもあるもの。若いうちは代謝が活発でなんとかなりますが、年を取ったときにその影響がドーン!シミや黒ずみ、しわ、たるみのオンパレードなんてこともあり得ます。そうならないためにも肌に負担をかける方法は避けるよう、気を付けなければなりません。今回は「知らずにやってしまいがちな肌へのNG行為」をピックアップ!もし、この中ですでにしてしまっている行為があれば今すぐストップ!少しでも肌への負担を減らしましょう。


【レモンやキュウリのパックはシミの原因に?食べ物パックは要注意】

よくキュウリやレモンでパックをすると美白になれる、という話を信じて実際にやっている人がいます。なぜレモンやキュウリがいいのかというと、根拠はビタミンCがたくさん含まれているからというもの。でも、実際はビタミンCは肌に塗っただけでは浸透させることはできません。化粧品などでビタミンC配合!なんて言われているのはビタミンC誘導体という物質が入っていて、ビタミンCが肌に入っていくのを手助けしてくれるから効果があるだけなのです。なので、キュウリやレモンのパックで美白の効果を期待なんてしちゃいけません。

それどころか、キュウリやレモンの汁に入っているとある物質が光に当たると肌荒れやシミの原因になることが分かっていますし、柑橘系の果物なら肌を乾燥させてしまいますし、ひどいときには炎症を起こさせ、やけどのような状態にしてしまうことも。では、美容にいいと言われるはちみつはどうかというと、これまた、粒子が荒く肌を痛めるのでお勧めできません。口に入れるものだから安心♪ではなく、口に入れるものはちゃんと食べてキレイになりましょうということですね。


【100%オーガニック神話は忘れよう。天然だから安心とは限らない】

100%自然のものがよいと思い込んでいる人がいますがそれもまた、考え物。自然派化粧品は肌なじみが悪く体内にとどまりにくいため、あまり美容効果は得にくいと考えたほうが良いでしょう。また、先述のレモンやキュウリと同じように肌に刺激を与える可能性もあるので成分チェックを必ずするようにし、肌に負担がかかっているなと思ったらすぐに使用を中止する勇気が必要です。天然ものだから安心!という妄信は捨てたほうがよさそうですね。


【自分の肌質にあったケアをしないと肌の老化は加速する】

乾燥気味の肌質の人がオイリー肌用の化粧品を使う、またはオイリー肌の人が乾燥肌用の化粧品を使う、どちらも不正解です。肌が求めるものが違うのに同じ化粧品を使うのは絶対にNG。自分の肌質を理解し、それに合った化粧品を使うべきなのです。乾燥肌なのに「絶対にオイルは使わない!」なんて極端なことを言っていたらいつの間にか小じわだらけ、オイリー肌の人が「うるおいうるおい」なんて言いながらガッツリ保湿をしてたらテカリがひどくてニキビだらけなんてことにもなりかねません。肌と相談しながら化粧品を選びましょう。


【汚れたメイク道具はバクテリアがいっぱい?たまにはキレイにしよう】

メイク道具は皮脂や化粧品、ほこりなどがたくさんついています。放っておくとバクテリアが増殖してしまうのですが、なかなか汚れていることには気づきませんよね?ブラシやパフ、ビューラーのゴムは時々取り換えましょう。また、化粧品の消費期限は開封後は大体半年です。半年たった化粧品はそろそろ寿命かな~と考えるようにしましょうね。「高かったから捨てるのもったいないの~」「お気に入りなんだもーん」と大事に持っていても、劣化したりバクテリアが繁殖しまくった化粧品だと思うと使う気にはならなくなるのではないでしょうか?ある程度の期間で買い替えるようにしてくださいね!


いかがでしたか?結構やっちゃってた!という人もいるのではないでしょうか?メイクや肌ケアは女のたしなみ。毎日するものなのですから、肌への影響は絶大です。NG行為を減らして肌への負担をストップしましょう。


ラウディ BB&CCクリーム

40fb9df8914e79a7da3d4ea8186b90f5_s

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)