「エイジングケア」という言葉は聞いたことがあるし、必要に感じてはいるけれども、結局は何をどうしたら良いのかわからない……そう悩む女性が多いのではないでしょうか。巷ではたくさんの化粧品が市販されており、エイジングケアに関する情報もあふれています。

一口に「エイジングケア」とは言っても商品や情報がたくさんある中で、私たちは何を選べば良いのでしょうか。自分に合わない間違った方法で、お肌にかえってダメージを与えてしまうのでは悲しいものですよね。そこで今回は、正しいエイジングケアについてお話していきたいと思います。


◆「エイジングケア」、「アンチエイジング」言葉の意味

もともと「エイジング」とは年齢を指す英語「age」の進行形であり、加齢に伴う老化のことを指します。つまり「アンチエイジング」とは、年齢に対抗するという意味であり、若返らせるというより加齢による老化を遅らせることだと理解してください。

しかし、この「アンチエイジング」、実は薬事法の関係で化粧品に使うことができない言葉です。そんな背景を元にできたのが「エイジングケア」という表現であり、年齢に応じたお肌のお手入れのことを指します。どちらにしても、根本的には加齢に伴う老化を予防するものであることが言えます。


◆スキンケアだけが「エイジングケア」とは言えない?

何も化粧品でお肌をいたわることだけが、エイジングケアとは言えません。エイジングケアのためには、スキンケアだけではなく、バランスの良い食事、適度な運動、十分な睡眠といった質の高い日常生活を心がけることが大切です。その上で、保湿や紫外線ケアを中心に、自分にあったスキンケアを実践していきましょう。

それでも年齢を重ねるにつれ、お肌の弾力は失われ、目元や口元などの気になるパーツで悩みが増えてくることもあります。その際は、コラーゲンやエラスチンなどのハリや弾力の元となる成分をサポートするエイジングケア成分を取り入れ、「攻める」エイジングケアを実践することも必要となってきます。ここで化粧品の出番なのです。


◆どうしても気になるエイジングサインのお悩みを解決!

どうしても気になるエイジングサインのお悩みを解決するために開発されたのが、ナールスゲン配合化粧品『”ナールス”シリーズ』です。

7

ナールスシリーズに配合されている成分「ナールスゲン」とは、京都大学と大阪市立大学で共同研究によって開発されたアミノ酸誘導体で、美肌と関係の深いコラーゲン、エラスチン、ヒートショックプロテイン47を増やすことが実験で証明されたエイジングケア成分なのです。

このナールスゲンには、たった1つでエイジングケアにとって好ましい5つの特徴を持つユニークな成分です。

それは、
1)分子量331ドルトンと極めて小さい
2)真皮の線維芽細胞を活性化し、真皮のコラーゲン、エラスチン、HSP47を増やす
3)お肌の水分量を維持
4)表皮の傷の治癒を助ける
5)紫外線による光老化を抑える
です。

ナールスはこのエイジングケア成分とお肌内部の新陳代謝のメカニズムに着目して開発されました。1ヶ月、2ヶ月とじっくり使用することでお肌に深く浸透し、お肌内部の水分環境を整え、潤い続ける美しい素肌へと導きます。

特にアットコスメ化粧水ランキングでも1位を獲得した「ナールスピュア」は、従来の化粧水が、「水分を補う」ことがメインの機能であるのに対して、「素肌の本来の力を引き出す」ことを目指して開発したものです。

nahls_pure_sum1

化粧水の単体ではもちろん、シリーズで使用することで更にお肌を健康な状態へ導くことができるのです。



◆エイジングケアについての情報も発信中!

また、正しいエイジングケアを一緒に学ぶ情報サイト「ナールス エイジングケアアカデミー」では、エイジングケアについて正しい情報を発信し、「健やかで美しい素肌」を目指す全ての女性を応援するために作られています。エイジングケアを実践するための第一歩は、エイジングとは何かを学ぶことなのかもしれません。その他にもスキンケアに役立つ情報が多数掲載されているため、ぜひ合わせてご覧になってみてください。

eijingukea.nahls.co.jp_2016-06-23_11-30-21

今回ご紹介したナールスシリーズは『ナールスコム たんぽぽモール店』にて販売中です!
気になった方は下の画像をクリックして詳細をチェックしてみてくださいね♪




(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)