間違った肌ケアで肌が痛む…という話を聞いたことがありませんか?今や肌に負担をかけないのは常識中の常識。たくさんのサイトや雑誌、テレビなどでは、洗顔~毎日のお手入れの仕方が丁寧に紹介されています。でも、そこには≪クレンジング≫が見当たらないことも。化粧は落とせばいいってもんじゃありません。洗顔や化粧水などの扱い方と同じく、クレンジングにもきちんとしたコツがあるのです!丁寧なクレンジングで肌の老化を食い止めましょう。


【洗顔とは違う!?くるくる指で肌が摩擦を起こす!】

クレンジングを載せるとつい、指でくるくるしちゃいませんか?まあ、その気持ちはわかります。だってなめらか~な感じがするので伸ばしても大丈夫かな?って思っちゃいますし、肌になじませたらもっといいだろうって考えますよね。でも、それはNG。今のクレンジング剤の多くは放っといても汚れが浮き出てくるタイプが多いのです。なので、くるくるする必要はなく、むしろくるくるの結果、肌に摩擦が起き、シミや小じわの原因になってしまうそう。くるくるしろ、と書かれていないものは基本的にしないこと。を心がけましょう。

そういってたら、今度は「汚れが浮くまで待っていよう」とばかりにじーっと待ってたらお肌の負担が大きくなり、乾燥しちゃいます。だってクレンジングって洗剤ですよ?ほっといたら余分な皮脂まで落とし始めちゃいますよ。長々つけっぱなしにしちゃあいけません。1~2分で十分汚れは浮き出てくるはずなので、そのくらいをめどに洗い流しましょう。一番いいのはあったかいての手のひらで、さーっとオイルをなじませた後に包み込むように軽くてのひら全体で押してあげることです。そうすることでオイルがゆっくりとなじみ、肌に負担をかけずにメイクを落とすことが出来るんですよ。もちろん、きちんと洗い流すこともお忘れなく!


【クレンジングにはコツがある!】

上手なクレンジングにはコツがあります。まず、クレンジング剤がなじみやすいよう、きれいな手で取り扱うこと、アイメイクは事前に落としておくこと。皮脂量が多いところから始めること、なるべく早く終わらせること、です。とにかく、肌の負担を最低限に抑えることがポイントというわけですね!あらかじめクレンジング剤を人肌に温めておくとなじみも早く、手早くメイクを落とすことが出来ますよ。


【化粧をしていなくても週に2回くらいはクレンジング?】

普段の洗顔ではどうしても落ちない汚れというものがあります。普段化粧をしていなくても、どんどん汚れはたまっていくということです。それだけ人間の皮脂は落ちにくく、汚れやすいということですね。なので、週に1~2回はクレンジングの日を作ることをお勧めします。そうすることで、肌色が明るくなり、クリアな素肌をゲットすることができるでしょう。とは言っても頻繁なクレンジングはトラブルのもと。化粧をした日の夜と、週に1~2回の肌ケア日以外のクレンジングは控えましょうね。美しい肌を保つために必要なのは、いかに肌を丁寧に扱うかがキーポイントとなります。受けたダメージの分だけ肌は老化していくのですから、若く保つためにも肌に負担をかけないよう、普段からココロ掛けておく必要があるのです。人の印象を決める大切な肌だからこそ、正しいケアをして若々しさを保つようにしましょう。


しっかり落とし、しっとり保つ!マイルド クレンジングジェル

3fc769f8bdca042152f12f8d0e441616_s

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)