人間って、話をするとき、一番どこを見られるか知っていますか?答えは目です。それを知ってか知らずか、アイメイクに一番力を入れている人は多いもの。アイメイクの中でも一番重要なのはアイライン。アイラインの弾き方ひとつで顔の印象が変わりますので、なりたい顔があるのならまず、アイラインをしっかりと引くことが大切です。ガーリーな雰囲気もクールな雰囲気もアイラインにお任せ!アナタの「なりたい」を応援します。


【キュートで小悪魔チックな瞳ならキャットアイが一番】

キュートさを求めるのなら目じりをキュっと跳ね上げてキャットアイにするのがベスト!目頭から徐々に太く中央部分の幅が一番大きくなるように描きます。そのまま目じりまでしゅっと引き出し、最後にちょっとだけ目じり部分を跳ね上げると、ちょっと元気な女の子!という雰囲気を作ることが出来ます。アイライナーのカラーはデカ目効果も期待できるブラウンがお勧め!


【クールな大人の印象なら切れ長の瞳で決まり】

クールな大人はシュッとした目が印象的!ということで、アイラインでその目を作りましょう。真ん中の部分が太くなりすぎないよう、なるべく平行気味に引き、跳ね上げないように気を付けながら横幅を広げるイメージで切り込みます。おすすめカラーはブラック。ぼやけて見えるカラーよりもカッチリ主張する濃い色の方が大人メイクには必要です。


【清純派ナチュラルタイプなら細くまつ毛の隙間を埋めるように引こう】

ナチュラルタイプメイクのアイラインは細く引くのが常識。でも、細く引くことにばかり目が行って雑になってしまうとNGです。瞼を持ち上げながらまつ毛の生え際を少しづつ丁寧に埋めるように引くのがポイント。自毛のように見せかけるイメージで引いてみてください。


【アイライナーは何を選ぶ?】

アイライナーは何でもいいわけではありません。ペンシルタイプ、リキッドタイプがあり、その使い方も様々。自分に合ったものを探しましょう。

ペンシルタイプは柔らかくナチュラルに引けます。100均のものでもかなり使いやすく安価で手に入るので最初はペンシルタイプで練習をするといいでしょう。しかし、リキッドほど良い発色は望めませんので、はっきりした目力を求めるのであればリキッドタイプの方がいいかもしれません。また、どうしてもシュッと線を切れさせることが難しいため、ナチュラルメイク以外のアイラインには向いていないかもしれませんね。

リキッドタイプはペンシルタイプと違って力を入れずにスッと引くことが出来るのが魅力。でも、力加減を間違えてしまうと幅がブレたり、余計なところに液を飛ばしてしまったりすることも。しかし、発色は良く、自然に引くことが出来るため、目力を発揮させるようなメイクでは大活躍をします。
使いやすいけれどナチュラルな印象のペンシルタイプ、力加減は難しいけれど目力を発揮席るリキッドタイプ、メイクの種類によって上手に使い分けることが出来るといいですね。


上手なメイクはアイメイクから。まずはどんな顔になりたいかを考え、それに合ったアイメイクを完ぺきに使いこなせるようになりましょう。目は口程に物を言う…素敵な瞳で周囲のココロを虜にしてモテ女を目指すのです!



blue-eyes-237438_960_720

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)