夏は日差しが照り付ける時間が長く、日焼け止めが欠かせませんね。いろんなところに塗って「よしっ!完璧!」となってお出かけする人が多いと思います。

しかし、皆さん「髪」のケア、忘れてしませんか?髪も紫外線のダメージを受けているんです!




◆キューティクルが剥がれやすくなってしまう

◎潤いのない髪になってしまう
紫外線が当たるとキューティクルという髪を守っているバリアのようなものが剥がれて、髪の水分が奪われていってしまうんです。それにより髪がパサついたり、ツヤのある髪が保てなくなってしまいます。

◎切れ毛、枝毛の原因になる

髪の水分量が減ってしまうと髪が切れたり、枝毛になったり、コシが無くなったりしてしまいます。


◆傷めないための対策とは?

◎直射を避けるために帽子をかぶる
髪が長い人はなかなか難しいですが、直射日光を避けるには帽子をかぶることはとてもいい対策です。地肌付近の新しい髪を守るだけでもかなり変わってきます。汗をかいてしまうので地肌まできちんと洗うように気を付けましょう。

◎髪に使えるUVカット商品を使う
スプレータイプの日焼け止めで、髪に使えるものもあります。またUVカット機能のあるトリートメントなども販売されているので、髪にも日焼け止め対策をするという考えを持つようにしましょう!


◆日に当たることが多かった日のケアとは?

◎ダメージケアのトリートメントを使う
髪のダメージケアにはトリートメントを使うことが一番いい方法ですね。海やプールなどのアウトドアをした日は、いつもよりちょっといい流さないトリートメントなどを使うのもいいかもしれません。

◎素早く乾かす
濡れた髪はキューティクルが開いているので、自然乾燥をするとどんどん水分が奪われてしまいます。早く乾かせるドライヤーを使うのがいいです。しかしドライヤーの風をずっとあてておくのもよくありません。まんべんなく、高温になりすぎない温度で素早く乾かしましょう。


◆さいごに

夏は髪を傷める原因となる日光が強く照るので、1年のうちでもかなり注意してケアをしなければならない季節です!

しっかりとケアをして、男子にモテるようなツヤのあるモテ髪をキープしましょう!



【関連記事】
・ガチでキュンキュンする出会いの方法教えます!
・水着をキレイに着たい!この夏「全身脱毛」デビューしてみませんか?
・若い女性に抜け毛が急増中!?
・髪は肌より紫外線ダメージが大きい!夏髪の紫外線対策してますか?


(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)