「薬指」スキンケアやミルク洗顔などお金をかけなくてもキレイになれる方法を発信する美肌研究家【白川みき】さんにインタビューしました。

残暑が続くこの時期、紫外線対策はバッチリですか?
夏に肌の調子が悪くなる、肌がくすみがちなど、ぞれぞれでお肌の悩みを抱えているのではないでしょうか。
今回、7名の女性が持つリアルなお肌の悩みに対して、白川さんからアドバイスをいただきました。

今日から取り組めることばかりなので、是非参考にしてくださいね。


―夏になると、肌がベタベタしているのに、なぜか乾燥もしています。どうしたらよいでしょうか?(26歳女)

白川みき:季節柄さっぱり系のお手入れをしがちなのが原因なのかもしれませんね。
お肌がべたつくといって、あぶら取り紙を使う人がいますが、絶対にやめてほしいです!
大事な皮脂までも取り除いてしまうので、乾燥していると判断してしまい更に肌からあぶらが出てしまうんですよ。

あと、念入りにお肌を洗いすぎるのも逆効果です!
皮脂の量は20代後半から減ってくるので、洗顔やクレンジングは頻度が高いと必要な皮脂もとってしまい再生が追い付いていかず乾燥します。
そうすると、またあぶらが多く出てしまう原因にもなるのです。
余分なあぶらを出さないコツとしては、皮脂をとりすぎないことです。

また、乾燥は夏の強い日差しやエアコンによって肌の水分量が減ることでも引き起こされますので、保湿をメインにケアをした方がいいですね。
肌の水分と油分のバランスが整っていくと、乾燥もべたつきもなくなります。

季節に応じてケアを変える人もいますが、私は一年中保湿メインのケアをしています。
20代~30代の頃はいろんな方法を試していましたが、今はずっと同じスキンケアでこの肌をキープしています。
それから、美容成分をお肌によく入れ込むためには、乳液を化粧水の前につけることもおすすめです。
成分がぐんぐんと浸透しますので試してみてくださいね。




―目元のくすみやクマに悩まされています。正しい目元ケアが知りたいです。(30歳女)

白川みき:簡単に効果が出る方法が一つあります!それは、目元にホットタオルをあてることです。
たとえば、朝目元がくすんでいるなと思ったら、濡れたタオルをレンジで温め目元にあててください。
そうすると一発で目元が明るくなりま
す。もし、時間があれば温かいタオル、冷たいタオルの順番であてるとより効果的です。

その後、100円ショップなどで売っている目元用のシートに牛乳(成分無調整)を浸して、パックをするのもとても効果的なので試してみてください。
ちなみに牛乳ですが、私は賞味期限が少しくらい切れているのを使っています。
捨てる前にパックで有効活用してもいいですね。


―もともと色黒なんですが、色白にあこがれています。色白になれる美容方法が知りたいです。(32歳女)

白川みき:
地黒でもあきらめる必要は全然ないです。
ただ、昔から日焼けをしている人は、メラニンがたくさん肌に出てきてしまっているので、お手入れは一生懸命しないといけません。
毎日ていねいに積み重ねることが大事です。


紫外線対策をしたり、美白用の化粧品を使い、ビタミンCをよく取って睡眠、食生活に気をつけましょう。
ちなみに、ビタミンCの錠剤は病院へ行くと保険適用で処方してもらえますので、安く簡単に手に入れられます。
メラニンの排出が早くなってターンオーバーも正常になるのでおすすめですね。

あと、意外と多いのが色黒の原因が冷え顔ということもあります。
顔が冷えると血行が悪くなりくすみがちになります。
肌のツヤもなくなってきてしまうので、血行を良くするために夏でもお風呂の湯船に浸かる習慣をつけましょう。




―肌に良いおすすめの食べ物があったら教えてください。(30歳女)

白川みき:毎朝決まって食べているのは、アサイーとヨーグルト、バナナです。
バナナは食べると水分量が一気に上がるので、肌の保湿にとても役立つ食べ物なんです。
美白にはトマトもおすすめです。

あとは、食べたいものを食べるのというのを基本にしているので、特別食べるものに気を使っているというわけではありません。
夜は、食べる時間帯をあまり遅くしないで、炭水化物を少し控えて腹7分目でストップさせておく程度です。
お肉が食べたいと思ったら、がっつりお肉を食べています。
野菜ばかり食べると体が冷えますし、良質な油なら逆にちゃんと取った方がお肌にもツヤが出ていいですよ。

「肌にいいからこれを食べよう!」と制限をして食事するのではなく、本能に従って食べる方がストレスもたまらなくて健康に過ごせます。


◆まとめ

いかがでしたでしょうか。お肌に負担をかけてしまうこの季節だからこそ、正しいスキンケアをすることが大切であることが分かりましたよね。
すぐに実践できる簡単なスキンケアばかりなので始めやすいのもポイントです。

白川さんの年齢はなんと54歳!50代にしてこの透明感のある肌をキープできる美容法とは?後半(8月29日配信)に続きます!

⇒【残暑は10月まで続く!?このアイテムを揃えれば紫外線対策はバッチリです♡<白川みき インタビュー 後半>

白川みきプロデュースアイテム 直営販売サイト -ate- 「アテ」 
白川みきオフィシャルブログ「白川みきの愛され美肌」

【著者紹介】白川みき
1962年生まれ。名古屋市出身。20代からモデルとして活動、その後美容実業家として活躍の場を広げ、美容についての情報をブログやWEB、雑誌などで発信している。見た目年齢が若くなる「愛され美肌」セミナーを開催し幅広い女性の指示を集める。また、リボンやカメリアをモチーフにしたヘアアクセサリーブランドやUVケア、美肌のためのアイテムをプロデュースしている。2013年4月に大人の「おリボン」ファッションを広めるため「日本おリボン党」を立ち上げ、党首を務める

<書籍一覧>
・美人は薬指からつくられる 時間も手間もお金もかけずにキレイになる方法 (アスコム)
・あなたを変える「薬指」スキンケア (宝島社)
・いくつになっても女は可愛くなくちゃ!私らしい「個性」と「魅力」のつくり方 (三笠書房)


(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)