まだ朝や夜は寒い毎日が続いていますね。
皆さんはきちんと風邪予防や防寒対策はされているでしょうか。
冬の季節はどうしても黒やグレー系ベースのファッションになりがちです。
防寒しながらファッションの差し色などに使えるアイテムと言えばマフラーやストールが大活躍です。
春の季節からはマフラーよりはストールが中心に活躍しますね。



m_autumn_stole02カラーバリエーションや柄、大きさ
そして長さも種類豊富な上に
安価なのでプレゼントでもらう事も。
いくらあっても無駄にはなりませんね。




黒ベースの服装にはウォームトーンがよく映えて相性が良いです。
そして今年の春や夏に向けてはまたもや花柄に注目が集まりそうです。
他にも素材感があるものや光沢カラーも来る予感ですので是非チェックしてみてください。
いくらあっても使い勝手はとても幅広く、本当に無駄にはならないのですが
いつも同じ結び方ではつまらなくなってしまいませんか?




shawl同じものでも結び方や掛け方をシーンごとに
使い分けることで印象が随分と変わります。
今回はピンや道具を使わずに、誰でも簡単にできる
オススメの巻き方をテーマ別にご紹介します。





【シンプル・ナチュラル系】

01
★エディター巻き
実は使用する生地や布の大きさが
違うだけで色んな楽しみ方ができます。

 









02★スヌード巻き
マフラーやストールの端っこを固結びにして結び目が
後ろにくるように首に掛けるだけです。
8の時にねじって二重に掛ければ暖かくもできますし、
結び目が気になる時はお好きなピンやバッジを
付けてもさりげないアクセントになります。








 
03★シンプルノット
こちらもエディター巻きのように首の後ろから掛け、
左右どちらかを長めに垂らします。
長い方に胸の高さの位置でお団子結びを
ちょっとゆるめに一つ作ります。
そこへ短く残した方をお団子の結び目に通せば完成です。
 







【コンパクト系】


04★ドーナツ巻き
こちらも最初にエディター巻きをします。
左右の長さはほぼ同じで大丈夫です。
そして両側のストールを首に巻き付けた輪の中に
上から下へ1回通します。
最後に左右のストールをそれぞれ左側と右側に向けて
通した輪にぐるぐる巻き付けていくだけです。
 







【ポイント系】



05★ネクタイ巻き
通常のネクタイを絞める手順と同じです。
こちらは男性は勿論のこと女性でもご存知の方は
多いかもしれませんが、念の為に。
まずはマフラー・ストールどちらを使用する時にも
まずは横幅が狭くなるように折りたたんでおきましょう。
では、最初に左右どちらかが短くなるように後ろから
首に掛けてください。
長い方が短い方の上にくるように交差させ、
長い方はそのまま短い方に1周回したら、
そのまま元の向きと反対になるまで引っかけます。
最後に長い方を首元の下から入れ、上に出す。
上から出た長い方は結び目に下に向けて通して完成です。
ジャケットやコートにはきっちり締めた方が
かっこいいですが、通したそのままの状態であえて
ルーズにすればラフカジュアルにもなります。
 


【キュート系】


06★片リボン巻き
こちらはシンプルノットを少しアレンジしたバージョンです。
シンプルノットと同じ要領で長い方にお団子を作ったら
短い方を二つ折りにしてお団子の結び目の下から折り目を
10センチほど通してほどけないようにキュッと締めます。
 







【フォーマル系】


07★写真はストールを使用していますが光沢のあるショールなどを
使うと華やかでエレガントな印象になります。
肩に掛けて中央で結ぶだけですが、側面を5センチほど外側に
折っておくと首もとに角が立たなくてきれいです。
また、結びめにブローチやコサージュをつけてもいいですね。
 





【エスニック・カジュアル系】




09★アフガン巻き
アフガン巻きは普段使いしやすいアレンジだと思います。
まず面が正方形になるように整えたら、
三角形を作り前から掛けるだけ。
個人的には通常首に巻くだけだと
三角形の両端が垂れ下がっている状態になってしまうのですが、
その両端を結んでしまうのです。
そうすることで少し小綺麗な感じになるのです。
スカーフなどでするとスーツやブラウスにも合いますよ。
 
 





08他にもジレ巻きという巻き方もあるので
自分のまき方を挑戦するのもおすすめです。
 











結び方は同じでも生地や色を変えるだけでオールシーズンコーディネートに
使うことができますのでお試しください。
それではコーディネート別に、どんなマフラー・ストールが相性が良いのか?
みなさんにポイントアドバイスです。

【シンプル・ナチュラルコーデ】
白シャツやアースカラーのシンプルなトップスにはシャーベットカラーのストールを使って
差し色に持ってくると爽やかな印象になります。
 
【エレガントコーデ】
柄なしのワンピースやオールインワンには、首元が寂しくなるので花柄を合わせると
フェミニンな印象になり、一気に女性らしさも出すことができます。
 
【スタイリッシュコーデ】
黒やグレーのミニマルシックな服装にはド派手な柄ストールで
パンチをつけるとメリハリがつくのでオススメです。
 
【クールコーデ】
カラーパンツに合わせるときは、同色が入っている柄物なら何でもOKです。
全体のバランスがよくなる上にオシャレにまとまるのでGOOD。
 
【カジュアルコーデ】
どんなカジュアルコーデとも相性が良いのは何と言ってもチェック柄です。
長めにかけることで視線を下半身へそらす効果があるので、
キレイめカジュアルにしたいときなどにはスッキリとした印象になります。
ソフトカラーのチェック柄であれば、トレンチコートとの相性が良いので、
柔らかく落ち着いた大人の女性の印象になります。
 
ちなみに、大判柄は服とのバランスが取りやすく、
実は比較的使いやすいので首元が寂しい時に使うと顔の印象が明るくなりますし、
小顔効果もあるので一押しアイテムです。

 最後に体型や身長によって似合う種類は異なるのでお買い求めになる前の参考にしてみてください。
小柄な人は・・・
1.服装と同色系を使う
2.長く垂らさずに襟元で結ぶなどコンパクトにまとめる
3.水玉や小花柄などの小さい柄を選ぶ
4.淡いソフトカラーを使う
 
大柄な人は・・・
1.服装とのコントラストをはっきりつける
2.ざっくり羽織るなど大胆に使う
3.柄は比較的大きいものを選ぶ
4.色味のはっきりしたカラーを使う
 
4つのポイントをご紹介しましたが、個人的にはやはりデザインだけでお買い求めになる前に
一度手にとって合わせてみることをオススメします。
ストールならプレゼントで贈っても喜ばれるのではないでしょうか。

≪たんぽぽモール≫公式HP
www.tanpopomall.com
オリジナルコスメやダイエットグッズなどの女子力UPアイテムが大特価!

UVカット ストール
www.tanpopomall.com
オシャレをしながら紫外線を防ぐ!

小花柄 オシャレストール
www.tanpopomall.com
フチと裾にレースが使われていてガーリーでナチュラルな仕上がり!

≪モノラボ≫公式HP
www.mono-labo.jp
専属バイヤーが厳選したアイテムだけをご紹介!

img02.1