紫外線が一番の「シミ」の原因でした。しかし、ニキビやジンマシンなどが紫外線に晒されたりすることで「シミ」につながったり、肌のターンオーバーの乱れや睡眠不足、ストレスなどもシミの原因となります。

ところが、一度できてしまったシミを取り除くことはなかなか難しく、できても時間がかかります。シミを作らないためには予防することが大切です。そこで、シミの原因と予防法などについて紹介しましょう。


◆主なシミの原因とは?


◎シミの原因で一番多いのは紫外線!

シミの原因はいろいろありますが、なかでも一番のウェイトを占めるのは紫外線でしょう。紫外線が肌に照射されると、皮膚を守るためにメラニン色素が作られ、その結果、肌は黒くなります。いわゆる日焼けですね。本来ならば、時間の経過とともに黒くなったメラニン色素は、新しい皮膚細胞に替わっていくのですが、紫外線やその他の原因によって肌のターンオーバーのサイクルが乱れてしまうと、過剰にメラミンが作られすぎてしまい、皮膚の奥の方に沈殿してしまうのです。それがシミとなってしまいます。

◎肌のターンオーバーの乱れもシミをつくる!

シミの主要な原因は紫外線ですが、それ以外の原因で案外知られていないのが「ターンオーバー」の乱れです。何らかの原因で「ターンオーバー」が乱れると、角質の間にすき間ができて肌の水分が蒸発してしまいます。ここから肌内部の乾燥が進み、皮膚細胞を作る作業が停滞していきます。そうなるとメラニン色素が肌に残りそれがシミとなってしまうのです。このようにターンオーバーによる乱れから肌が
乾燥しても、シミの原因になります。また、肌をこすったりして角質層などが傷つけてしまうと、メラニン色素が沈着しやすくなってしまいます。

◎ニキビ跡をケアしないとシミになる!

また、ニキビやジンマシンなどが「シミ」として残ってしまうケースもあります。ニキビが跡になって残ってしまったものを放置しておくと、紫外線などの影響でニキビ跡が濃くなってシミとなってしまうケースもあります。最初赤みを持ったシミができ、その後そこに色素が沈着して黒ずんだ色になってきます。ニキビ跡を放置するとシミになるという意識を持って、ビタミンC配合の化粧水や「ビタミン誘導体」などのサプリなどを飲んだり、食生活でも積極的にビタミンCを摂りましょう。




 

◆日常生活が原因でできてしまうシミ!

普通の暮らしをしていて、その結果がシミの原因になっているということはちょっと想像がつかないでしょう。しかし、睡眠不足やストレス、またバランスが欠いた食生活などでもシミができやすいといわれます。特にファストフードばかり食べたりしてビタミン・ミネラルなどが不足していると栄養が行き届かず、皮膚の再生や修復を司るターンオーバーが遅れ始め、その結果メラニン色素が肌に残ったままはがれにくくなるため、色素沈着してシミができたりします。

◎睡眠不足もシミの原因!

就寝中も肌の修復は行われています。ホルモンの中でも細胞の生成を促す「成長ホルモン」は夜の10:00pm~2:00amにもっとも盛んに分泌されます。そのため、この時間に睡眠をとっていることが、肌細胞の生成にはとても大切です。ところが、睡眠不足が続くと就寝中の代謝がおろそかになってしまいます。こうしたことが頻繁に起こると、肌細胞の生成が停滞して「ターンオーバー」が遅くなっていきます。そうなると角質やメラニン色素が肌に残ったままはがれにくくなるため、色素が沈着してシミができやすくなります。たかが睡眠不足などと軽視せず、あなたの「シミ」のトラブルを避けるためにも質のいい睡眠を意識して取るようにしましょう。

◎ストレスもシミになる!

強いストレスを受けることでホルモンバランスが崩れ、結果、色素細胞の活動が活発になってしまうことがあります。ストレスがたまると活性酸素の量が増えてしまうため、肌の老化が促進されシミができやすくなってしまうのです。強いストレスはあなたの体調を狂わせ、肌の代謝も滞って「シミ」まで増やしてしまうことになります。

◎食生活でも「シミ」になる!

食生活の乱れは血行不良をまねき、それは新陳代謝を悪くします。こうしたことが「シミ」の原因となります。また、栄養バランスに偏りがあると、「シミ」対策に必要な栄養素が不足してしまいます。皮膚に必要な栄養素はビタミン類です。ビタミA、C、EそしてビタミンB2は皮膚細胞をつくるために必要なビタミンです。


◆具体的なシミ対策と予防方法はどうする?

一度できてしまったシミを取るのは、そう容易なことではありません。一番の賢い対策は、原因となる紫外線を浴びないことです。

◎UVクリームで防衛!

対策としては紫外線の日焼け止めクリームを常時つけるということが、予防であり対策となります。紫外線から肌をガードしてくれる成分が含まれていますから、日焼け止めを塗ることを習慣にしていきましょう。日焼け止め剤はたくさんの種類が販売されていますので、あなたの肌質と相談して商品の選択をしましょう。

◎シミを薄くするには「ビタミンC誘導体」が有効!

シミを薄くする対処法としてはビタミンCが有効なのですが、ビタミンCよりも肌への浸透率が高いと言われる「ビタミンC誘導体」は、メラニンの生成を抑えて紫外線のダメージを軽減してくれます。ビタミン剤としては、LーシステインやビタミンC、ビタミンB5などが入ったビタミン剤も市販されています。すぐに効果はありませんが、体の内側から少しづつシミを薄くしてくれるでしょう。

◎乾燥肌を治す!

肌のターンオーバーの乱れも、シミをつくります。乱れは肌の乾燥につながり、それはシミの原因を作りますから、乾燥肌を治すことが対策となります。シミ対策は適切な洗顔、適切な保湿に気をつけましょう。洗顔石鹸はよく泡立てて、泡で汚れを取りぬるま湯で洗い流します。あとは化粧水と乳液で保湿。このように乾燥肌を治すことが「ターンオーバー」を正常化するためには大切です。

◎質のいい睡眠による肌修復効果!

質のいい睡眠は、肌のためにはとても大切です。ホルモンの中でも細胞の活性化を促す「成長ホルモン」は夜の10:00pm~2:00amに一番豊富に分泌されます。そのためこの時間帯は、肌のためのゴールデンタイムと言われています。「シミ」だけでなく「ターンオーバー」も正常化してくれますから、他の肌トラブルも未然に防いでくれます。質のいい睡眠を取ることは、シミ予防のためにも大切です。

◎食生活でも「シミ」を軽減する!

皮膚に必要な栄養素は、ビタミン類です。ビタミA、C、E。そしてビタミンB2は皮膚細胞をつくるために必要なビタミンです。メラミンを防ぐビタミンCは、細胞の活性化に大いに役立ちます。レモン、いちご、キュウイ等の果物に含まれています。ちなみに、トマトのリコピンのビタミンCは、熱をかけても壊れない便利な野菜ですから、大いに活用したいものです。

トマト、カボチャ、モロヘイヤ、オクラなどは、ビタミンCも豊富ですがβ-カロテンも豊富に含まれています。β-カロチンは体内で、ビタミンAにかえられ細胞の酸化を防いでくれます。ビタミンEも活性酸素を除去する強い抗酸化力があり、体内の酸化を防ぐ働きがあるといわれます。あんこうの肝、アーモンド、すじこ、抹茶、小麦胚芽などに多く含まれています。こうした食べ物を摂ることで、シミを薄くしていくことができるでしょう。

◎クリニック処方の外用剤を使う!

クリニック処方の外用剤は一般的に「ハイドロキノン」と「レチノイン酸」を処方するでしょう。「ハイドロキノン」の方はメラニンが形成されないようにしますし「レチノイン酸」はターンオーバーを早めます。この両方を併用することで、シミがかなり薄くなると言われています。 

 

【関連記事】
・メイクツールのお手入れで肌も守る!化粧品のお手入れ方法まとめ
・ニキビ肌じゃモテない!ニキビを作らないためのポイント3つ
・美魔女に聞きたい!〜いつまでも美しくいるには〜
・2018年春夏は”紫”がトレンド!ファッション先取り情報



(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)