アメリカのNYでは日々進化した話題が発信されています。

そんな中、今話題を呼んでいるのが『骨ブロス』です。骨ブロスって知っていますか?ニューヨークでは、骨ブロスの専門店が出来るぐらい好評なのです。その後、人気はロンドンにまで伝わり欧米のセレブやファッショニスタたちが愛飲しているようです。では、話題の『骨ブロス』とは何なのでしょう。

骨ブロスとは!?
牛・鳥・豚などの骨を煮込んで取っただし(ブロス)を言います。これまでは、料理の下味として使われていた骨ブロスを、スープやドリンクとしてそのまま飲むのがブームなのです。ですが、なぜここまで爆発的な人気に火が付いたのでしょうか。そこには、隠された効果が感じられると美容オタクの某女優がネット紹介した事から話題に更に火が付いたのです。では、どのような効果が話題となったか紹介しましょう。


♦腸がきれいに若返り
アメリカの多くの医師が骨ブロスの持つ腸を強化するパワーを絶賛しています。腸の環境を良くするため、慢性的な便秘や下痢まで多くの症状に聞くと言われている。

♦免疫力のアップ
ミネラルやタンパク質、良質な脂肪酸が豊富に含まれた骨ブロスは未知なるフードと言われることも。骨の栄養分がしっかり染み出しているので免疫力を上げる効果もあり。

♦若返り効果
骨ブロス愛飲家の間でよく聞く、目元のシワが薄くなったという声が多く上がります。その理由は、骨ブロスはコラーゲンの宝庫だからです。手羽先などの肉類には、肌、髪、爪をキレイにするコラーゲンがたっぷり含まれていて、煮込むとスープに溶け出す性質があるのです。骨を煮込んだスープを飲むという事は、食材からコラーゲンを摂取する最も効果的な方法と言えるのです。

♦快眠を助ける
骨ブロスに含まれるグリシンには、睡眠の質を高めて記憶力をアップさせるとも言われているのです。

♦関節の強化
関節痛の特効薬とも言われているグルコサミンも豊富です。しかも市販のサプリとは違い関節痛炎に効く天然コンドロイチン硫酸も含まれているのです。


以上の効果から、欧米の美容・健康・グルメ各界で2015年のトレンドとして注目をされているのが骨から作る『骨ブロス』なのです。美肌から腸強化まで、様々な美容・健康効果があるとして注目をされ、欧米で2015年大流行として騒がれているのです。しかし、わたし達日本人には、骨ブロスに似たものは、昔よりなじみ深い事なのです。味噌汁や豚骨スープを利用する豚骨ラーメンはまさにそのものではないでしょうか。

実は、日本でも密かにモデルや芸能人たちの間で広がっている飲み物が存在するのです。ジャパンブロスとも言える飲み物が日本山人参(イヌトウキ)です。芸能人やモデルの間ではもはや定番の日本山人参になっているのですが、その効果は驚くべきパワーを秘めているのです。はじめは、苦めなので他のお茶と混ぜて飲むと良いでしょう。健康を考え密かに愛飲しているモデルや芸能人が急増しているのです。では、その恐るべき効能をご紹介しましょう。

高血圧防止・糖尿病回復・動脈硬化予防・肝臓病改善・抗アレルギー、抗炎症効果・肩こり、頭痛、冷え性、肌荒緩和など、他にも抗酸化作用が高く細胞の老化防止の効能が期待できるのです。その為、日本山人参は別名不老フードと言われています。

日本には『骨ブロスの先駆け』や『日本山人参』が存在しています。日本人は、古来より健康ごく自然に取り入れて来た民族なのです。では、日本山人参を簡単にお茶として手軽に味わえる【日本山人参(イヌトウキ) ティーパック】があります。多くのモデルの中で密かに愛飲されているお茶ですがもちろん健康に良いというのは最もですがそれ以外にも美肌、ダイエット効果が注目されているのです。その他にも、実は含有成分中にアンチエイジングで今話題の【コエンザイムQ10】が含まれている事が判明した事も密かに広まった大きな要因かもしれません。

更に、上記でも説明しましたが、血液循環の改善などにより血流が良くなり新陳代謝も改善されます。血流とは、血管内における血液の流れのことで、その原動力は心臓の心拍によって生じる圧力です。血流がスムーズに行われると、血液が酸素や栄養を身体の隅々までまんべんなく運搬し、また老廃物は身体の外へ排出するので、体は健康的に機能していられます。しかし血流が滞ってしまうと様々なトラブルが発生します。ここが、最大の女性が愛飲するポイントではないでしょうか。

女性の大敵である冷え性や、慢性便秘、慢性肥満、肌の乾燥やくすみ、頭痛、肩こり、目の下のクマも血流の循環不足が大きく関係しているのです。その改善が見込めて、更に、健康に良いという事から、密かなブームになりつつあるのです。近い将来、ニューヨークの街を日本のお茶を片手に歩くニューヨーカーの姿を目にするのもそう遅くはないのかもしれません。
【日本山人参(イヌトウキ) ティーパック】http://goo.gl/KlWEaf

resize[1]

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)