汗や皮脂でべとつきが気になる季節。スキンケアはサラッとした感触のものに手が伸びますよね。「べとつくのはイヤ!」と油分を避けてケアする人も多いのではないでしょうか。しかし、油分を避けたケアを続けていると、夏の終わりにダメージが一気にやってきて後悔することになりかねません。季節を問わず、スキンケアでは油分と水分のバランスを取ることが大切です。そこで、今回は夏・秋のはじめにおすすめのオイルをご紹介します。

【夏・秋のはじめにおすすめのオイル5選】

夏はもちろん、秋のはじめもまだ暑く、汗や皮脂の影響で肌が潤っていると錯覚してしまいがち。しかし、暑い季節は冷房の関係で室内は乾燥する傾向にあります。また、強い日差しを受けた影響でうっかり日焼けしてしまい、知らぬ間に肌が脱水状態に陥っていることも。暑い季節もしっかりと水分と油分の両方を補い、保湿しましょう。

◆ソンバーユ(薬師堂)

微量ながら日焼け止め防止効果がある馬油は、オイルの中でも珍しく朝の使用もOK。このほか、馬油は乾燥やニキビ、シミにも効果があるといわれ、日焼け後のアフターケアにも最適の万能アイテム。
日焼け後に使用する場合は熱を発散させるのを防がないよう少量を薄くなじませるのがポイント。
また、シミには指の腹を使ってマッサージするようにすり込むのが効果的なようです。
ニキビには洗顔やクレンジングの度に塗るのが効果的なのだそうです。

馬油は市場に多く出回っていますが、筆者のおすすめはソンバーユ(無香料)。ソンバーユは日本でも世界でもはじめて化粧品として認定を受けた馬油なのだそう。そして、馬油100%で無添加・無香料ということで、肌が敏感な人でも安心して使用することができるクオリティの高さが魅力です。

◆AR(アルガン)オイル(ジョンマスターオーガニック)

アルガンオイルには若返りのビタミンといわれるビタミンEが豊富に含まれています。ビタミンEには高い抗酸化作用があり、肌の酸化を抑制し老化を防止する効果があるといわれています。
また、アルガンオイルにはオレイン酸が豊富に含まれており、シミやそばかす、しわ、たるみなどのエイジングサインの大きな要因の1つともいわれる紫外線を防止する働きもあるといわれています。
そのため、エイジングサインの気になる肌には紫外線の気になる季節こそアルガンオイルを使用することが効果的だといえます。
アルガンオイルも様々なものが販売されていますが、アルガン100%のオーガニックオイルであるジョンマスターオーガニックのものがおすすめ。スポイト式になっているので衛生的で出し過ぎてしまう点がないのも魅力です。

◆エキストラヴバージンココナッツオイル

世界的モデルであるミランダ・カーなどが愛用しているとして話題になったココナッツオイル。口にすることもでき、顔やボディ、髪などにも塗ることができるということで一躍話題になりましたね。
このココナッツオイルも微量ながら紫外線を防止する効果があるといわれています。そのため朝の使用もOKな点が嬉しいですね。
肌に広げるとココナッツの甘い香りを楽しむことができるのもまた魅力。ココナッツオイルにもビタミンEが豊富に含まれているため、アンチエイジング効果抜群のオイルといえます。
ココナッツオイルはイチオシのメーカーは特にありませんが、選ぶ上で注意点があります。まず、エキストラバージンココナッツオイルを選ぶこと。理由は、エキストラバージンココナッツオイルは、化学処理されていない天然の無添加ココナッツオイルだから。さらにオーガニック認証の商品を選べばより◎です。

◆コンディショニングSQオイル(THREE)

夜のスキンケアで化粧水の後に使用。複数のエッセンシャルオイルの心地よい香りに包まれながら、睡眠中の肌を乾燥から守ってくれる効果があります。蒸し暑く寝苦しい夜は睡眠時間が短くなったり、睡眠の質が下がりがち。そんな時にこのオイルを使用すると、スムーズに入眠でき、睡眠の質を高めてくれる効果が期待できるでしょう。

ぜひ夏・秋のはじめこそオイル美容で潤いをチャージし、美肌をキープされてはいかがでしょうか。





4169aae2d63070078f6f180b4e49bf62_s



(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)