ねじねじヘアが大流行中のノットヘアー。
海外セレブたちがやっているのをきっかけに、日本人女性の間にも人気が広まっています。
さて、ノットヘアーとはいったいなんでしょうか?

◆簡単にできちゃうノットヘアーのやり方とは?

「ノットヘアー」は、ヘアアクセサリーを使わずに自分の髪の毛を結ぶヘアアレンジのことです。
パリス・ヒルトンが髪の毛をりぼんのようにしていたのをご存知ないでしょうか?
まさに、あの髪型もノットヘアーです。

◆もはや芸術的と言われてしまうノットヘアーのアレンジ例

【定番のノットヘアーのやり方】

1.トップの髪をサイドよりで少しとります。
2.輪っかを作りピンで留めます。
3.反対側のサイドの髪を輪っかの下になるように反対側へ持っていきます。
4.
その髪を、緑の点線のように毛束の下から上に引き出します。
5.さらに、点線のように輪っかの下に出るように通します。
6.
矢印の方向に毛束を通します。
7.
2つの毛束が下に出る状態になります。
8.
2つの毛束を左右にキュッと引っぱって完成。

【まとめ髪ヘアアレンジ 】

1.髪を2つに分けます。
2.分けた髪をクロスさせます。
3.髪を片結びします。
4.もう一度片結びをします。
5.ほどけないようにゴムで結んでおきます。
6.毛先を結び目の中に入れて完成です。

ヘアアクセいらずのカチューシャ風ノットヘアー】

1.耳下の内側の髪を少しとります。
2.
三つ編みにします。
3.
その後ろの髪も少量とります。
4.
細い三つ編みにします。
5.
毛先まで三つ編みにしたらゴムで結びます。
6.
反対側の髪も内側の髪を少量とります。
7.
細い三つ編みを作ります。
8.
このように2本ずつ内側に作ります。
9.
頭をぐるんと囲ってピンで留めます。
10.
反対側の三つ編みも頭を囲みます。
11.
ぐるぐると毛束がなくなるまで囲みます。
12.
最後にピンで留めれば完成です。

髪の毛で三つ編みを作りぐるぐると頭に囲うだけで出来ちゃうヘアアレンジです。
ぜひ挑戦してみてくださいね。

◆ノットヘアーはやっぱりロングがいい

ノットヘアーはミディアムの人もできます。
ですが、ねじねじしますので、やっぱりきれいにやりたいのであればロングヘアーの方がオススメです。
今は短いけれど、いつかはやってみたいという夢を持っているのであれば、その髪を早く伸ばす努力をしてみましょう。

◆髪を伸ばすために必要なこと

・毎日シャンプーをしない

毎日シャンプーをすると、頭皮を必要以上に乾燥させてしまう可能性があります。
頭皮が乾燥するということは、髪が抜けやすくなったり、髪の根元に影響が出てしまいますので、2日に1回くらいでいいですよ。
体は洗うけど、シャンプーをしなければいいのです。

・髪の毛を切らない

1ヶ月に伸びる髪の毛は約1.5cmです。
ですから、可能な限り切らないようにしてくださいね。
切ってしまったら、その分また短くなってしまいます。

・枝毛は切る

髪の毛全体は切らなくても、枝毛は見つけたら切りましょう。
枝毛を放置していると、その枝毛がさらに増えるだけになりますから、きれいに髪を伸ばすことができません。

さいごに

ノットヘア―は難しそうに見えて実はとっても簡単です。
何度も練習することによってできるようになります。
もし女の子のお子さんがいるのであれば、お子さんにもやってあげてみてください。
間違いなく喜ばれますよ。


CRI_IMG_6106-thumb-1000xauto-18013

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)