20代や30代の頃に比べ、なんだかたるんできた気がする目元…。その悩みをメイクで解消しようと、アイメイクを頑張りすぎていませんか? 頑張り過ぎた若づくりメイクや、昔と変わらないままのメイクでは、余計に老け見えしてしまう恐れがあります! じゃあアイラインは引かなければいいの?と思うかもしれませんが、それもNG。 アイラインをまったく引かないと、40代は顔の印象が薄く見え、疲れた表情に見えてしまいます。 今回は、40代の目元の印象を左右する、「アイライン」にスポットを当ててご紹介します!

40代からのアイメイクについて

 

 

40代からのメイク。

全体的に頑張り過ぎてしまうとイタい印象になってしまいます。

とは言っても、バレバレの手抜きメイクはおばさん見えに繋がってしまいます。

 

コツは、しっかりメイクしながらもメイク感を見せないことです。

40代以降の女性が、アイメイクに求めるものは、小さい目元を大きく見せること、下がった目じりを上げて見せること、ぼんやり見える顔を引き締めて見せること、この3点が主です。

 

この3点を叶えながら、ナチュラルに見えるアイメイク方法をご紹介していきます♪

 

40代のアイラインの引き方

 

 

ベースメイクを仕上げアイメイクに入る前に、やっておくと良いことがあります。

 

①ティッシュや綿棒などで、まぶた周りの油分を取っておくこと

②フェイスパウダーで軽く、目の周りをおさえておくこと

③アイシャドウベースを塗ること

 

面倒ではありますが、ほんの数分の目元の下地作りをしておくと、アイメイクがキレイに仕上がり、また長持ちします!

 

・カラーはブラウンを使用

 

ファッションでも同じですが、黒は収縮して見える色、なので目を小ささを際立たせてしまいます。

またアイラインだけが悪目立ちすることも。

 

逆に膨張色であるブラウンを使用すれば、ナチュラルに目元を大きく見せることができます。

ブラウンは優しい印象に見えるので40代メイクにもぴったりですよ。

 

・目じりを自然に上げる

 

 

目じりはあまり長く描きすぎず、目の長さより2ミリほどの長さで描きましょう。

そして、自然に跳ね上げると、下がった目じりをキュッと引き上げてくれます。

 

また、下ラインは、全部描いてしまわず、目じり側2/3まで。

下ラインと上ラインを目じりで繋げてしまうのは、目元を小さく見せる原因なので避けましょう。

 

・アイシャドウを使って目を大きく見せる

 

 

ラインを描いた後は、アイシャドウでラインをぼかし自然なグラデーションを作っていきます。

ラインと同じブラウン系のシャドウを使い、自然に目を大きく見せることができます。

 

アイラインのNG!

 

 

まず一番のNGは太すぎるアイラインです。

目元ばかり強調され、ケバいイメージになってしまいます。

逆に細すぎるアイラインも、インパクトに欠けるのでバランスが重要です。

薄めのカラーを使用する際は、やや太目に描いてもOKです。

 

次に避けたいNGはタレ目メイク。

つり目を気にしている人が、タレ目に見せるためにアイラインの目じりを下げて描くのは有りですが、全体的にたるみなどの悩みが出てくる40代以降のタレ目メイクは老けて見える原因になるので注意が必要です。

 

最後に、NGなのが下ラインを全部描いた囲みラインです。

目が小さく見えるだけでなく、加齢による目のくぼみやたるみを際立たせる原因にもなるのでNGです。

 

いかがでしたか?

40代アイラインメイクのコツや、ついついやってしまっていたNGメイクもあるのではないでしょうか?

頑張り過ぎアイライナーや、自然が一番とついつい手抜きメイクをしてしまっている方は、今回のコツを参考にアイラインメイクを変えてみてくださいね!

 

関連記事

・ネイビーアイライナー+相性抜群カラーで一気にトレンドアイへ♡

・2018年は韓国コスメがアツい!エチュードハウスのおすすめコスメ♡

・汗もプールも怖くない!ウォータープルーフコスメCheck it out!~アイメイク編~