海やプールなどでのレジャーが楽しい季節になりましたね♪しかし、せっかく楽しい水辺でのレジャーなのに「水に濡れてメイクが落ちてしまった!」なんてことが起きてしまったら大変です!汗や水に負けないメイクを動画でチェックし、メイク崩れを事前に防いでいきましょう!

1.「NO MORE インスタ萎え #夏は気が抜けない」公開スタート!

 

 

資生堂の総合美容サイト「ワタシプラス」から「気を付けていても、いつの間にかメイクが崩れてしまう」といった夏のメイク悩みを解決するWEB ムービー「NO MORE インスタ萎え #夏は気が抜けない」が、公開されています。

 

パンダ目・マロ眉など、メイクが崩れないためのポイントを動画でチェックしていきましょう!

 

2.パンダEYEとおさらば!パンダ目にならないためのポイント

 



パンダ目は夏の残念メイクの定番です。

ポイントを抑えて、夏のパンダ目を防いでいきましょう!


【パンダ目にならないためのポイント】


①アイシャドウを塗る前にアイラインを引く。


②マスカラは上まつげからではなく、下まつげから塗る。


アイラインを引いてからアイシャドウを重ねることで、アイラインの油分を抑えることができるため、にじみにくくすることができます。


また、マスカラは下まつげからつければ、上まつげのマスカラが目の下に付くことを防ぐことができるため、パンダ目にもなりません!

 

3.気付いた時には眉なしでした…マロ眉を防ぐポイント

 


海・プールから出たら眉がなかった!そんな事態を防ぐためにもマロ眉にならないためのポイントをしっかり抑えておきましょう!


【マロ眉にならないためのポイント】


描いた眉をパウダー(フェイスパウダーとアイブローパウダー)で挟み、油分をシャットアウトする。

 

眉メイクは、顔の皮脂や油分により落ちやすくなります。

そのため、油分をあらかじめ抑えて、マロ眉になるのを防いでいきましょう。

 

4.つけまが落ちてつけまヒゲ!つけまが落ちないようにするためのポイント

 

 

つけまつげが落ちるのは、あなたの目の形に合っていないからです。

目の形に合わせてつけま落ちを防いでいきましょう。


【つけまヒゲにならないためのポイント】

 

つけまつげを3つにカットし短くして、目のカーブに合わせます。
つけまつげは、まぶたのカーブや接着剤の量により、端から剥がれやすくなってきます。

3つにカットして、目の形に合わせることで、つけまヒゲを防ぐことが可能です。

 

2018年夏は、フォトジェニックなスポットとして人気の高い「ナイトプール」や、アジア最大級の“水×音楽のフェス”「S2O JAPAN SONGKRAN MUSIC FESTIVAL」が8月に開催されるなど、水にまつわるイベント盛りだくさん!

 

インスタやSNSで写真投稿する機会も多くなる季節ですので、メイク崩れにも十分きをつけていきましょうね!

 

関連記事

・洋服ごとにメイクもチェンジ♪服の色とテイストに合わせたメイク方法を伝授!

・汗もプールも怖くない!ウォータープルーフコスメCheck it out!~アイメイク編~

・コンプレックスを解消!面長さんが顔を一回り小さく見せるための小顔テク