色気を醸し出すチークは、つやっぽさを与えて色気顔を作ります。
つやっぽさを与えることで、男性へ与える印象もより変えることができることでしょう。
今日は、そんな色気を醸し出すチークについてのご紹介です。

●色気を醸し出せるチークのコツとは?

濡れチークにはいいところがたくさんあります。
どういったことかを具体的に挙げるとすると、以下のようなものです。

・旬のツヤ肌になる
・ほてったような顔で魅力アップ
・大人なお色気顔になれる
・クマやくすみがカバーできる

では実際にやっていきましょう。

①チークの位置をいつもより高めに入れること

チークを入れるときは、いつもより高めの位置に入れましょう。
濡れチークは内側からの自然な血色感がポイントになります。
高い位置に入れることで、目元がほてったような印象になりますからね。

また、目の下1cmぐらいの空間をあけた部分、日焼けした時に赤くなる頬の高い部分にクリームチークをボカしを入れていきます。
これで目の下のくまもカバーできますからね。

②パウダーチークにクリームチークをON 

高めの位置にパウダーチークを入れたあと、中央にだけ、クリームチークをポンポンと重ねづけします。
これでみずみずしいツヤと自然なグラデが生まれます。
チークは入れるときのポイントは、伸ばすというよりも、トントンとたたくように乗せていく感じです。

③カラーはコーラルオレンジ

カラーはコーラルオレンジがオススメです。
日本人の肌になじんで、自然な血色風に見せてくれます。


●肌の色別に相性抜群のチークの色は?

・失敗しないチークの選び方

自分に似合うチークを選ぶ際、ポイントになるのが肌色になるでしょう。
重要なのは、自分の肌色のベース色を確認することではないでしょうか。
アナタの肌は何色ですか?
白い、日焼けしている、青白い・・・とまあいろいろあるとは思いますが、基本は、「イエローベース」と「ブルーベース」となります。

・「イエローベース」と「ブルーベース」の見分け方

肌色には大きく分けて2つの種類があり、より当てはまる方があなたのベースカラーとなります。

■イエローベースの特徴■

イエローベースは、黄色みを帯びた温かみのある色です。

・どちらかというと色黒で肌が黄み寄り
・唇の色がサーモンやピーチ色寄り
・手の色は黄色~オレンジのような色味
・日焼けをすると小麦色になりやすい
・真っ白な色よりもクリーム色の方が似合う
・シルバーよりゴールドの方が肌のなじみが良い

■ブルーベースの特徴■

ブルーベースは、青色みを帯びた涼しげで爽やかな色です。

・どちらかというと色白で肌が青み寄り
・唇の色が桜色やローズ色寄り
・手の色は青色~赤紫のような色味
・日焼けをすると肌が赤くなりやすい
・クリーム色よりも真っ白な色の方が似合う
・ゴールドよりシルバーの方が肌のなじみが良い

上記のような特徴がありますので、自分の特徴に当てはまっているのはどちらが多いのかを考えて、チークを選んでいくといいですね。


そのチークが似合うか似合わないのかは、以下のように判断するといいでしょう。

【似合う場合の見え方】

肌に溶け込むように馴染み、血色の様に見える。

【似合わない場合の見え方】

肌色がくすんで見えるなど、色が浮いて派手な印象になる。

上記のように考えると、チークを入れた時に「この色は自分に合わない」というのがわかるようになるかと思います。



PAK85_lalaokesyounaoshiOL20140321-thumb-1000xauto-17058

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)