今流行のメイクの基本と言えばデカ目!
クリクリっとした目はかわいさアピールの基本となり、男女ともに人気があるためみんな必死にデカ目メイクを頑張っています。

でも、やりすぎてしまったらパンダのように目の周りが真っ黒、不自然すぎて逆にブサイクになってしまいますよね。

アイメイクの基本は「さりげなく」でも「ばっちりと!」です。
ポイントを押さえてパッチリお目目をゲットしましょう。

まず、準備として、一重の人はアイメイク前にアイプチやメザイクなどを使って二重にしましょう。
最近では、アイペンシルを使って視覚的に二重に見せかける人もいますね。

デカ目メイクをしようと思ったら、アイライナーを使いこなせないと話になりません。
まつ毛の生え際に沿って、目じりまでシューっと引くのがポイント。
その際、目の中央、つまり黒目がとどまる部分あたりをふと目にしておくとよりGOODです。
なので、一回で引けないと言う人は、目の中央部分まで一度書いて、中央部分からまたスタートすると良いでしょう。
もともと目が大きくて、自然に見せたい場合は、目頭付近のアイラインは必要ないかもしれません。
中央から目じりまで引くだけでもOKですよ。

目の下は特に重要で、失敗するとパンダメイクになってしまいます。
目頭の方は細く、目じりに行くにしたがって太く引いていくのがポイントですね。
特に、たれ目メイクをする場合は、上下のアイラインとも目じりを太く下に下げるようにすると良いでしょう。
まつ毛の生え際ラインに沿って流れるように下向きにするのがポイントです。

逆に跳ね上げるようにすると猫目メイクの完成。
目じりのラインをどうするかで印象が変わってくるので不思議ですね!

注意したいのが目の粘膜には塗らないこと。
生え際ぎりぎりまで塗るので、目の粘膜までラインが行くことがあります。
けれど、目の粘膜にアイライナーが付着すると目が炎症を起こしたり、ドライアイになったりすることもあります。
目は結構デリケートですので、メイクが入らないように気を付けましょう。

つけまつげ選びも重要です。
最近ではつけまつげの二重使いが主流になってきていますが、選び方を間違えると、目の周りが黒々してしまい、結果不自然となってしまうため、とりあえず最初は一つ購入すると良いでしょう。

慣れてきたら部分タイプのつけまつげも購入します。
部分つけまは目の中央につけると可愛らしく、ぱっちりした目を印象付けることができますよ。
目じりにつけた場合、セクシーな印象を与えますので、デカ目メイクをしたいのであれば中央につける方がお勧めです。

注意点は、つけまつげをつける前に自まつ毛をセットしておくことです。
ビューラーでしっかりと跳ね上げ、マスカラを入れておきましょう。
マスカラは2重か3重に塗り重ね濃く、長くしておくことが大切です。
最初に濃いマスカラを塗り、その後伸びるタイプ(長まつ毛用)のマスカラを塗るのがポイントです。
人によっては、それだけでつけまつげがいらなくなるほどはっきりした目になれますよ。

涙袋もデカ目メイクには重要な役割を果たします。
白の涙袋ライナーやアイシャドウを使って、目の下に厚みを演出します。
この際、笑ったときに膨らむ部分を強調するのがポイント。
鏡の前でニコッとしてみて膨らんだところに白色をいれるようにしましょう。
そして、ただ白を入れるだけでなく、白を入れたその下に肌色より少しだけ濃いブラウンを引くのです。
そうすることで、より涙袋を立体的に演出することができます。
もちろん、シャドウを入れた後は指でぼかし、自然な形にすることが大切ですね。

デカ目メイクはちょっとの失敗で不自然になりがちです。
いかに自然に見せられるかがポイントになってきます。
上手にコスメを使って、くりくりお目目をゲットしちゃいましょう。


S__8765453

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)