いつの時代も女性の関心は【いかに可愛くなれるか】ですよね。でも、努力の方向が間違ったらどうしようもありません。好きな男性に可愛いと思われたい、モテモテ女になりたい、そう思うのであれば、男受けするメイクをしなければなりません。そう、メイクには女受けするメイクと男受けするメイクの2通りのメイク方があるのです。

 

友達がみんな可愛いって言ってくれるからきっと男の子もかわいいって言ってくれる。こんな勘違いをしないようにしましょう。遠くから見ている男の子たちは「何アレ・・・」とドン引きしている可能性だってありますよ!
基本、女受けするメイクは結構派手な場合が多いです!
例えばアイライナーをがっつりひいてつけまつげをバシバシ、カラコン入れてデカ目メイク!いわゆるギャルメイクですよね。でも、これって男性から見ると全然いけてないんですよね、実は。


じゃあ、グロスたっぷり、ぷるるんリップは!?ネイルも気合入れてモリモリ盛ったよ!
髪も気合入れてガッツリカールしたし、いい香りの香水だって使ったし!


ダメダメ全然ダメー!すべて男性的にはNGです。

 

男性は基本、ナチュラルメイクを好む傾向がありますので、メイクは控えめな方がいいんです。とにかくいかに自然に見せることができるかが勝負と言っていいでしょう!

 

アイメイクはブラウンを基調に自然な肌色を使って立体的にメイクアップしましょう。
一口にブラウンと言ってもライトブラウンからダークブラウンまで様々ありますので、自分の肌色と照らし合わせて自然になるようなカラーを選ぶといいですね。涙袋はあまり強調しすぎないように!すっと一塗りしたら指でぼかして立体感を演出するのがベストです。

アイライナーはポイント使い。
パンダのようにガッツリひくのではなく、一部にひくだけにとどめます。切れ長の目を演出したければ、目の上、中央部分からすうっと目じりにかけて流れるように引き込み、下のアイラインはひかないようにすると良いでしょう。デカ目メイクならやはり目の上中央から目じりにかけて引きます。この時、まつ毛の隙間にしっかりと書き込むようにし、すこし太めのラインにするのがコツです。下のラインも同様にまつ毛の間に書き込むのですが、その際、黒目のすぐ下にあたる部分を少し太めに引くと良いでしょう。仕上がりが自然になるように引いてください。

つけまつげはなるべく自然に仕上がるものを選び、目の周りが黒々しないように気をつけます。

グロスは塗りすぎててかてかしないよう、適度に塗るのがポイント。カラーは薄い桜色なんかが好感度が上がるでしょう。男性にとって唇はセクシーポイントの一つ。ついつい目が行ってしまうところだからこそ、さりげなさをアピールします。ごてごてしたグロスは「キスとかしたくないなあ」「なんか汚そうだなあ」という印象を与えてしまいがちなので、ちょっと潤いを与える程度に抑えるのがポイントなのです。

 


長すぎる爪は切って形を整え、薄いピンクのつややかな爪を演出すると良いでしょう。ネイルアートは派手になりすぎないよう、おとなしめのカラーを選び、デコもほどほどにしておきます。ネイルをガッチリ決めていればいるほど「普段家事なんかしてませんよ」と言う風に見られます。普段の生活に支障がないだろうな、と思われる程度にとどめておくようにするのが基本です。

 

 

男性受けが良いメイクの基本は、どのメイクも、派手にならない、自然に見える、濃くなり過ぎないの3原則を守るのがポイントになります。友人たちに可愛いと言われたい場合は別として、男性に好かれたいと思ってメイクをする場合は、男性が好むメイクの基本を守ることが重要でしょう。





PAK72_kawamurasalon15220239-thumb-815xauto-16092

 

 

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)