就活中の女性たちに聞きます。
みなさん、メイクはどんなメイクをしていますか?就活は「見た目勝負」ですよ。
メイク一つで、面接官の印象を左右させると知ってください。

面接官ウケするメイクってどんなものがあるの?

面接官ウケするメイクは、なんといっても「ナチュラル」です。濃すぎてもダメ。スッピンでもダメなのです!
スッピンではないけれど、清潔な印象を与えるナチュラルメイクで勝負をするようにしましょう。

ホントは教えたくない就活メイクのマル秘テクニック

就活メイクのポイントは以下のようなものがあります。

・ベースメイクは基本を押さえる

規則正しい生活を送っていて、とても健康です!というアピールをすることが大切ですから、くすみや目の下のクマをカバーするようにしましょう。となると、やっぱりベースメイクは大切です。化粧下地はクリーム系かベージュ系の色にしてください。当たり前ですが、大きなラメいりのはダメですからね。両方の頬、おでこ、鼻、顎の順番に化粧下地を肌にのせ、塗り広げていき、鼻と顎に塗る量は少な目にしましょう。

・コンシーラーでクマ隠し

睡眠不足が続いてクマが出きてしまったのであれば、コンシーラーでクマを隠してください。擦ったりしますと隠したい部分のコンシーラーがとれてしまいます。

・ファンデーション

ファンデーションの色は首を基準に選びましょう。顎と首の境界線辺りにファンデーションを塗って確かめましょう。顔だけ白浮きしないように注意が必要です。清潔なスポンジを用意して、肌の内側から外側に丁寧に塗り広げるのがポイントです。頬、おでこ、鼻、顎の順番で塗り顔の輪郭から首へと馴染ませます。

・まゆげ

第一印象として清潔感をアピールすることは大切ですね。眉の眉頭は薄く眉全体にふんわりとぼかし眉尻へと流す感じにするようにしてください。眉毛のお手入れは細くカットし過ぎないようにすること。色はダークブラウンが無難です。

・目元のメイク

目元のメイクは、意思の強さを感じさせるような目力が大切になってきますから、引き算を心がけるようにしましょう。アイシャドウは、まぶたの色を明るく整え、軽く陰影をつけます。アイラインもごく細く、まつ毛の際に入れて目尻を伸ばさないようにします。

・つけまつげはNG

まつげはカーラーで起こすだけでいいです。起こし過ぎずに、あくまでも自然にがモットーです。つけまつげをする人がいますが、絶対にやってはいけません。

・口紅

口紅の色は、顔色が良く見える色にしてくださいね。おすすめは、コーラルピンクかピンクオレンジです。

・チーク

チークはにっこりと笑ってみて頬の一番高い位置に楕円形をイメージして、ブラシを左右に動かしましょう。色としては、口紅に近い色を選びます。健康的に見えるのは、オレンジベージュです。ですが、色が白い方はピンクベージュもいいですね。

就活中ということは、恐らくあまりメイクに慣れていない学生さんが多いと思います。メイク慣れしているという人であっても、恐らくナチュラルメイクではなく、その時に流行っているメイク法をしちゃうのではないでしょうか。今では、酔っ払いメーク(殴られメイク)と言って、目じりの下に赤のチークを入れて酔っぱらった感じのメイクが流行っているようですが、これを面接官の前で見せるのは賢い選択ではありませんからね。

学生ではなく、「企業へ面接に行く」ということを忘れないでいてください。



a312a3f8d766b10a87d5c5d9b5853380_s
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)