女性なら一生に一度の大事な日に気に入ったヘアメイクをしてもらいたいって思いはありますよね。結婚式って花嫁さんが主役で1日中お姫様気分を味わえる貴重な日なのです。そんな大事な日のために!結婚式場でブライダルのヘアメイク担当を経験していたことがある、現役美容師の筆者が簡単にメイクについてのポイントを少しだけお教えします♡

1.ブライダルメイクの基本


 

出典:weheartit.com


 結婚式は色々な方をご招待します。

親戚や双方のお仕事関係など初対面の方も多くいる場合がありますよね。

普段通りのメイクや流行りのメイクだと同年代やお友達には違和感がないと思いますが、目上の方や年配の方には理解しがたい場合もあるようです。

まず、ブライダルメイクの基礎として覚えておいていただきたいのが、

・普段のお洋服でのナチュラルメイクとブライダルのナチュラルメイクは全く違う。
・誰が見ても好感が持てる上品なメイクが◎
・盛りすぎのゴテゴテメイクはNG!
・薄すぎる眉毛はNG!(写真で色飛びして眉なしに見えてしまいます!)


ということ。

*ナチュラルできれいに見せるポイントは

・肌をきれいに見せるベース。
・アイメイクは派手な色は使わず肌馴染のいい色で立体感を出す。(少しパールが入ったものがおすすめです)

 

出典:www.the-wedding.jp


・横顔や伏し目がちの写真を割とカメラマンさんが狙って撮るので、まつ毛はつけまつげかエクステで下品にならない程度に長さを出す。
・ふんわりと血色がよく見えるチーク。
・薄すぎない色の顔色がよく見える色のリップ。(ピンクや明るいベージュなど)

 

出典:www.the-wedding.jp


簡単に上げるとこんな感じですが、これからが重要です。
自分の中でイメージは固まったところで次は担当のヘアメイクさんとの打合せです。
ヘアメイクさんにうまく伝えられるか?が最重要ポイントです!

2.へアメイクさんとの打合せで特に気を付けた方がいいこと


 

出典:weheartit.com


美容院でもそうですが自分の意思をしっかり伝えることが重要です。
特に嫌なことは絶対に!伝えてください。


決して初対面の人相手に「わからないのでお任せで・・・」なんて言ってはダメです!
どうしてもこうしたいっ!というイメージがあれば写真を持っていくのがおすすめですが、やりたいことを伝える以上にやりたくないことをしっかり伝えることが大事です。

 

出典:weheartit.com


・目がはれぼったく見えるのでピンク系のシャドウは使いたくない。
・きつく見えるのでアイラインは黒で引かず茶色にしてほしい。
・チークが濃いと似合わないので薄くしてほしい。
・肌が弱いので基礎化粧品とファンデーションは自分のものを使用したい。

 

出典:www.pinterest.com


やりたい事より嫌な事の方が明確な人が多いのではないですか?
それがわかればヘアメイクさんは要望をかなえるような良い提案をしてくれるので、リハーサルもスムーズに進むと思います。

眉毛やアイラインなど自分の書き方にこだわりがあり、リハーサルでやってもらって好みが合わない場合はそこだけを自分でやるということもできます。
自分でやりたい時は聞いてみた方がいいですよ。
 
3.ドレスやヘアとの相性は?お色直しのメイク


 

出典:jp.pinterest.com


お色直しのカラードレスの時のメイクは少しイメージを変えるのが一般的です。
クール系・かわいい系、和装などに合わせたイメージに合わせるといいでしょう。
ドレスが寒色系やクール系でヘアとメイクがかわいい系では合いませんよね?
 

出典:www.the-wedding.jp


また、和装の場合はアイラインを少ししっかりと切れ長に入れて、口紅の色をはっきりした赤みのある色にするといいですよ。

目元も赤やボルドーをポイントで目尻のみに入れても可愛いですね。
和装ドレスの時も同様です。
 

出典:jp.pinterest.com


クラシカルな外国の女優さん風メイクはマーメイドラインのドレスなどにもよく合います。
はっきりした色のシンプルなドレスにもクール系のメイクがよく合います。
 

出典:www.pinterest.com


ヘアメイクさんも花嫁さんの希望通りにしたいと思っています。
せっかく大事なハレの日のお手伝いをできるのですから♪
ですので、気になるところはしっかりと伝えるようにしましょう。

それでも、どうしても相性が悪いこともあります。

そんな時はプランナーさんに相談して、申し訳ないのですがヘアメイクさんを変えてもらった方がいいと思います。
 
自分の好みや主張を押し付けすぎる人に当たってしまって、自分の意思を伝えられずに浮かない気分のまま当日を迎えるのでは困りますからね。
 

 

出典:jp.pinterest.com


そして、リハーサルでヘアメイクをしてもらったら必ず写真を撮りましょう。
その場ではいい気がしても、改めて見直すとやっぱり濃すぎる・薄すぎると思ったり
することがあります。

誰かに相談するにも写真があれば安心です。

 

 

女性なら誰もが憧れる特別な日、なりたい自分を叶えるためにあなただけの素敵なメイクを見つけてくださいね♪
特別な日を笑顔で迎えられますように♡



関連記事

・うるうるリップを手に入れよう♡リップメイクを長持ちさせるコツ

・使うたびキュン♡可愛いディズニーコラボコスメまとめ

・メガネだけじゃない!化粧品でブルーライトをカットしよう♡