自分の「濃い顔立ち」がコンプレックス・・・そんな女子は口には出さないものの、かなりの数いらっしゃるようですね。 元々の顔が濃いと、普通のメイクでは「派手過ぎる」顔になってしまうし、かといってまるっきりすっぴんでいるのもやっぱり気が引ける。そんな風に悩んでいる女子も多いのではないでしょうか? そこで、今回は「濃い顔」さん限定!メイクのちょっとしたテクニックを、濃い顔さんならではの注意点と共にご紹介していきます。是非ご覧下さい。

 

なんで「濃い顔」?普通のメイクで「派手顔」になる理由


 

出典:jp.pinterest.com

 

自分で鏡を見てももちろんですが、他人を見ても「あの人濃い顔だよな・・・」と反射的に感じてしまいますよね。

では、どの辺が「濃い顔に見える」ポイントなのでしょうか?

 

 

1.目が大きく、まつげが濃い

 

出典:jp.pinterest.com

 

アイメイクやマスカラで無理矢理目を大きくしている女子が多い中、うらやましいポイントだ・・・と思う方も多いと思いますが、「すっぴん」でこの状態ですと、あまりメイクをする必要もないまま「濃い顔立ち」と思われてしまいます。

鼻や唇がどれだけはっきりした造りであっても、この「目力」にだけは勝つことができません。

それほど、目が人に与える印象というのはとても大きいとも言えます。

 

 

2.眉がくっきりとしている

 

出典:weheartit.com

 

こちらも「濃い顔」さんの大きな特徴です。

眉がくっきりはっきりしていると、全体にシャープな印象を与えてしまい、柔らかい印象や女性らしさはあまり表現する事ができません。

さらに、眉が太かったりすると、その印象は強調されてしまいます。

適度なお手入れとケアで、かなり第一印象のインパクトが変わりますので、気をつけてみて下さい。

 

「濃い顔」を上手く生かそう♡ワンランク上のメイクテク


 

メイクポイント1:ファンデはワントーン上の明るい色を

 

出典:jp.pinterest.com

 

濃い顔さんが自分と同じ色の肌色、またはそれよりも暗い色のファンデを選んでしまうと、メイクが余計に濃く見えてしまいます。

 

美容部員さんが選ぶファンデーションの色はあくまでも「肌浮きしない」色ですので、ほぼ同じ色か、若干暗めのトーンを選んでしまうかもしれません。

そこをあえてトーンを1つ上げた色を選ぶだけでも、メイクの色味が変わり、顔の「濃さ」が強調されなくなります。

 

ただ、トーンを上げた場合には、できるだけフェイスラインと首の境目を「ぼかす」手間が必要になります。

「濃さ」を気にするあまり顔だけのカラートーンを上げると今度は「顔浮き」する事に。

フェイスパウダー等を上手く使って自然なフェイスカラーを目指してみましょう。

 

 

メイクポイント2:リップはカラーよりも「質感」重視

 

出典:www.cosme.net

 

濃い顔でも「派手顔」にはなりたくない、といった場合に、ファンデの次に気にするポイントはリップ。

もちろん、自分に似合う色やお気に入りの色を使うのは大前提ですが、その他にも塗った時の「質感」を重視してみましょう。

 

マット感の強いリップは色味がハッキリと出てしまうので、顔全体が濃い印象に。

逆に、透明感やツヤ感を重視したリップだとナチュラルな雰囲気になり、柔らかさも強調できます。

カラーもはっきりしたものより、唇の地色が透けて見える程度でOK。

 

もう一手間かける場合は、リップの直塗りやブラシを使うのではなく、指でぽんぽんと軽く乗せていくと、カラーの調整と「ぼかし」が両立できて、ナチュラル+色気のある唇になれますよ。

 

「濃い顔」だからこそ「抜け感」を意識しよう!


 

出典:jp.pinterest.com

 

自分の顔が「濃い」から・・・とさらにカラーで誤魔化そうとしても、濃さが強調されるだけです。

必要なのは「柔らかさ」。薄い色を丁寧に重ねていく事で「抜け感」が出て、表情の印象自体が柔らかく変化していきます。

ヘルシー感も出るので、健康的な女性にも見えて一石二鳥。

全てのパーツにガッツリカラーを使ってメイクするのではなく、多少「手を抜く」イメージの方が品の良い仕上がりになりますよ。

 

 

いかがでしたでしょうか?

濃い顔だからと言って、全くメイクをしない、または意識してメイクをし過ぎる・・・これはどちらもNG。

これはどんな顔立ちの女子にも言える事です。

妥協せず、自分に「似合うメイク」を探し続けていくのが女子の永遠の目標。

是非探してみて下さいね♡



関連記事

・多部未華子さん、吉高由里子さんなどなど♡一重奥二重が可愛い!芸能人のメイク法

・メイク一つで好印象!新人OLメイク術

・一度使うと手放せない♡フェイスパウダーの効果的な使い方