清楚なイメージにも、クールで可憐なアジアンビューティーにも「黒髪」がぴったり♡せっかく黒髪にするなら、黒髪に似合うメイクもマスターしなければなりません!黒髪に似合うメイクの条件をご紹介しましょう!

1.艶やかな潤い肌が黒髪に合うんです♪


坂本光史 @s.koushi

今トレンドとなっているのは、内側から光り輝くようなツヤ肌です♪

そんなツヤ肌は、黒髪の美しさをより一層際立たせます。

 

<ツヤ肌の作り方>

ツヤ肌を作るには、まず事前準備として化粧水をたっぷりお肌になじませてあげましょう!

お肌が化粧水を弾くくらいでOKです。

 

①化粧下地をつける

化粧下地をつけるのと、つけないとではかなり差が出ます。きちんとつけましょう!

 

②リキッドファンデーション+美容液を2対1で混ぜ、肌に均等につける

美容液を少し加えてあげるのがポイントです♪

 

③ルースパウダーを軽くのせる

マット肌にならないように、かなり薄めにのせましょう。

 

④ハイライトを頬骨より上・鼻根・目頭・アゴのくぼみにのせる

今は、高いところよりも、低いところにハイライトをつけるビーミングがトレンドです♪

 

 

 

若干違いはありますが、動画でもツヤ肌の作り方をチェックしてみてくださいね!

 

 

2.肌馴染みのいいグレーかこげ茶のアイブロウを選ぼう!


濱田あおい @aoihamada

黒髪に合うアイブロウカラーは、グレーかこげ茶です。

肌馴染みもいい色なので悪目立ちしません。

 

<ナチュラルな眉の作るポイント>

①眉頭は鼻筋の線の真上である。

 

②眉山がなだらかなアーチを描いている。

 

③横から見たときに眉尻が下がっている。

 

また、眉毛はペンシルで形を薄く縁取ってから、パウダーで埋めると綺麗に仕上がりますよ♪

 

3.アイメイクはあえて薄くし「抜け感」を出す


山村実和子 @miwako.yamamura

<アイシャドウは1〜2色>

気になるアイメイクですが、まずはアイシャドウは1~2色ほどで抑えてください。

ブラウン系の肌なじみの良いもの、パールやラメが入ったものを選ぶと大人っぽさを表現することができます。

 

<アイラインは、黒とブラウンの2個使い>

アイラインは、黒のライナーでまつげの間を埋めます。

そして、ブラウンまたは赤茶のライナーで通常通りラインを引くとぱっちりな目元なのにナチュラルに見えますよ♪

 

<マスカラは毛先よりも根元>

毛先よりも、根元を重点的に塗り重ねるとぱっちりした目元になります♪

 

4.チークは血色がよく見える程度にほんのり入れる


みき♡ @mi_yan0101

チークの入れ過ぎは厳禁です。

ほんのり色づく程度に使っていきましょう。

 

<血色感を出すチークの入れ方>

ほお骨に沿って、やや内側から外側にかけて広く入れる。

 

おすすめカラーは「ピンク」!

ピンクもいろいろな種類がありますが、肌色に合わせて選んでみてください。

 

また、クリームチークだとよりぼかしやすいのでおすすめです♪

 

5.リップはシーン合わせて選ぼう♪


 

シーンに合わせて、なりたい雰囲気を演出できるリップを選びましょう♪

黒髪はどんなカラーでも似合いますよ♪

HikaruHara @guenco_hikaru

可愛らしく仕上げたいなら、コーラルやピンクベージュが断然おすすめです♪

KanamiMiyoshi @kanami_miyoshi

モードでカッコいいイメージにしたいなら赤をチョイス!

赤をキレイに見せてくれるのも黒髪の特権です♡

遠藤優也 @endo_cashee

小麦肌さんなら、オレンジよりピンクやヌード系のリップをチョイスしてみてください♪

Taku Nakauchi @taku_nakauchi

質感を変えるのも楽しいですよ♪

マットだとこっくりした感じに仕上がりますね。

 

 

黒髪ブームがここ数年続いています。

黒髪をキレイに見せるために黒髪に合ったメイクもマスターしていきましょうね!



関連記事

・たっぷりの美容成分で1日お肌しっとり♡美容液ファンデーションってどんなもの?

・粉っぽくならない!パウダーファンデーションの使い方♡

・グロスをベタベタさせない方法!これで髪の毛もくっつかない♡