ナチュラル思考が高まる今!メイクも「がっつり」よりも自然な感じが好まれています。ナチュラルよりもさらに自然な「すっぴんメイク」なら学校にしていってもバレません♪すっぴんみたいだけど、気になるところはちゃんとカバーできる「すっぴんメイク」のやり方をご紹介しましょう!

1.すっぴんメイクのポイントはベースメイク


 

出典:jp.pinterest.com

 

すっぴんメイクのポイントは「いかにすっぴんに見せられるか」というところ。

ちょっとでも厚化粧を感じさせてしまえば「すっぴんメイク」は失敗に終わってしまいます。

すっぴんに見せるための重要なメイクポイントは「ベース」。

ベースが成功すれば、すっぴんメイクはほぼ成功したと言っても過言ではありません。

 

気になるベースメイクのやり方ですが、顔全体に下地やファンデーションを塗りたくってしまうのはNGです。

素肌感を大切にしなければなりません。

肌全体に塗る場合は、化粧下地と乳液を混ぜて使ってみてください。

こうすることで肌に潤いを与えることができます。

 

また、よりすっぴん感をだすために「ベースはコンシーラーだけにする」というやり方もあり。

シミやそばかすだけを消し、素肌をそのまま活かしていきましょう!

そして、ファンデも使わず、パウダーだけでオフすればより高度なすっぴん肌を作り上げることができます。

どうしてもファンデを使いたい時は、パウダータイプをうすーく塗るのがポイントです。

 

2.眉は自然な太眉がベスト♪


 

出典:jp.pinterest.com

 

すっぴんメイクには眉も重要。

眉毛は自然な太眉を心がけてくださいね!

いかにも「描きました」という眉はNG。

パウダーを使ってふんわりのせていきましょう。

太眉はナチュラル感がアップします。ふんわり太眉をイメージして作り上げてみてください。

 

3.アイメイクでは黒を使ってはいけません


 

出典:jp.pinterest.com

 

黒はいかにも「メイクしました」感を出してしまいます。

すっぴんメイクをするなら、アイメイクにはブラウンを。

この時、ペンシルを使うのがおすすめです。

まつ毛の隙間を埋めるような感覚で引いてみてくださいね。

デカ目を意識した描き方でなく、あくまでもナチュラルにが基本です。

 

そして、マスカラはつけずビューラーだけ。

もしくは透明マスカラを使ってみてください。

こうすることで、とってもナチュラルな目元が出来上がります。

 

4.チークもリップも薄付きが基本


 

出典:jp.pinterest.com

 

最後にチークとリップで仕上げていきます。

もちろんここでもナチュラルが基本です。

チークは色がのったかな?という程度にのせればOKです。

リップもほんのり色が付く程度にのせてみましょう。

薬用リップなどの色つきタイプを使うと、ナチュラルに色をのせることができますよ♪

 

 

すっぴんメイクなら学校はもちろん、メイクへの規制が厳しい会社にもOKです。

一度試してみてくださいね♪



関連記事

・メガネだけじゃない!化粧品でブルーライトをカットしよう♡

・唇の乾燥する季節はささっとひと塗り♪色付きリップクリームおすすめ9選

・ほんのり可愛い♡色づきほっぺは、トレンドの水チークで作る♡