カラーメイクに注目が集まる昨今ですが、2016年春夏の本命メイクは「ハンサムメイク」なんです!2016年の春夏海外コレクションでは、目元に彩りを取り入れるボリュームのあるメイクや抜け感のあるモードなメイクが一際目立っていた様子。ハンサムメイクのやり方をマスターすれば、一気に旬顔間違いなしです!本命トレンド、ハンサムメイクをマスターしましょう!


1.2016年春夏メイクのキーワード「ハンサムなレディ」


 

出典:cuta.jp

 

2016年の春夏メイクには「ハンサムメイク」が欠かせません。

スタイリッシュでオシャレなメイクは大人の色気を漂わせます。

自然な陰影・寒色系のカラーライン・モードで大人な雰囲気を取り入れた「ハンサムメイク」にチャレンジしてみましょう!


2.ハンサムメイクのメイクポイント その①コントゥアリング


 

出典:mery.jp


「コントゥアリング」とは骨格を意識した立体感のあるメイクのこと。

目元や頬を中心に、自然な立体感を演出しましょう。
まずは肌から仕上げていきます。

肌は素肌感のあるナチュラルメイクが基本です。

コンシーラーで肌トラブルはしっかりカバーし、顔の中心を明るく仕上げていってください。


そして、目元の立体感を出すためにアイホールには輝きのあるベージュブラウンを乗せていきます。

アイホールと眉下に骨格をおこすような感覚で入れていきましょう。

 

頬にはヌーディーカラーまたはコーラル系のチークをのせます。

頬骨に沿って幅広く入れるのがポイントです。

こうすることで内側から発色しているような自然な血色感と頬の陰影をプラスすることができます。


3.ハンサムメイクのメイクポイント その②アイカラー


 

出典:trilltrill.jp

 

ハンサムメイクには「寒色系のアイカラー」も欠かせません。

鮮やかな色味を使ったアイメイクは今期のトレンドでもありますが、ハンサムメイクで使う色合いは、柔らかい色合いのスカイブルーやグリーンがおすすめ。

先ほど、アイホール全体にベージュブラウンを乗せているので、くすみのないキレイな目元を作り上げることができます。

 

またアイラインにもマリンブルーなどのカラーイナーを取り入れるのもおすすめですよ♪

上まぶたの目尻にのみさりげなく入れるのも、下まぶたのみに入れてみるのもGOOD♪

マリンブルーは色合いが落ち着いているので、大人女性でも手軽に挑戦することができます。
アイメイクでカラフルな目元を作り上げている分、リップメイクにはベージュピンク等のソフトなカラーを使い、自然に仕上げていきましょう。

ブルー系のアイメイクは大人女性にも取り入れやすいカラーです。

 

 

スタイリッシュで大人の色気たっぷりのハンサムメイクにぜひあなたもチャレンジしてみてくださいね♡

夏の旬顔を取り入れましょう!

 

関連記事

・梅田のおすすめマツエクサロンまとめ★上品で自然な仕上がりにしてくれるサロン♪

・夜遅くても安心!ファンデーションが崩れないメイク方法♡

・池袋おすすめマツエクサロン特集!!ネイル同時施術OK☆



NY.online