「アイメイクのグラデーション」と言えば、日本では横に作るのが一般的ですよね。しかし、海外では縦にグラデーションを作るのが主流なんです。縦グラデーションをキレイにつくるアイメイク方法をご紹介いたしましょう!

いつもと違ったアイメイクをしたいなら断然「縦グラデ」


 

出典:www.biranger.jp

 

日本では、アイホール全体にヌーディーカラーなどの淡いカラー。

まぶたの際にはブラウンやブラックなどの濃いカラーをのせる「横」のグラデーションアイメイクが主流になっています。

しかし、海外では縦にグラデーションを作る「縦割グラデ」が基本!

目尻に向かってだんだん濃い色をプラスしていくことで、目尻と目頭が強調され、立体的な大きな目を作り上げることができるんです!

 

縦割グラデーションのやり方は?


 

出典:matome.naver.jp

 

縦にアイシャドウを塗っていくのって、ちょっと難しそうなイメージがありますよね。

しかし、やり方をマスターすれば大丈夫♪

詳しいやり方をご紹介致しましょう。

 

まずはアイホール全体に薄いカラーをのせます。

ここは日本でのアイメイクと同じですよね♪

次に目尻にダークカラーをのせ、目の中央に薄いカラーとダークカラーの中間色を乗せればOKです。

 

「スコッチテープ」を使うとよりキレイなアイメイクができる!


 

出典:matome.naver.jp

 

縦割グラデーションの基本はおわかりいただけましたか?

次はのせ方のポイントです。

海外では縦割グラデと目尻のアイラインを跳ね上げた「跳ね上げメイク」を組み合わせるメイクが人気です。

しかし、目尻にダークカラーを乗せる時、どうしてもラインより外側にシャドウがはみ出してしまいます。

 

そんな時におすすめなのが「スコッチテープ」。

スコッチテープをしたまつ毛からこめかみのラインまで貼りつけ、先ほど紹介した縦割グラデメイクをしていきます。目尻のダークカラーも大胆にのせてOKです。

テープがしてあるのではみ出しても、肌にアイシャドウがつくことはありません。

 

また、このテープに沿って、アイラインを引く方法もおすすめです。

海外で主流の大胆な跳ね上げメイクも、テープがあれば簡単に描くことができます。

 

今年はカラーメイクがトレンド!いろんなカラーで縦グラデアイメイクにチャレンジ


 

出典:www.scienceanddiscoverycenter.org

 

海外ではいろんなアイシャドウで、様々な縦グラデアイメイクを楽しんでいます。

2016年は日本でもカラーメイクがトレンドです。夏にぴったりの涼やかなブルーやグリーン。

ビタミンカラーのオレンジやイエローカラー海外セレブのような縦グラデアイメイクを楽しんでみてくださいね♪

 

 

スコッチテープを使えば、誰でも海外セレブメイクに挑戦できます。

普段メイクにはもちろん、パーティー用のメイクとしてマスターしておくのもおすすめですよ♡



関連記事

・肌にやさしく、肌への負担が少ない「メイク落とし」おすすめ4選

・小さな目だってaiko風の大きなタレ目にしちゃう!凄技メイク術☆

・シンガポールのジャマルカズラが新業態! 常識を覆す“パフュームオイル”で、香り美人に!