近年メイクの主流は「ナチュラルメイク」。ブラウンやベージュ等の肌に近いカラーを重ねる事で、より自然なメイクを目指す手法で、その波はチークにも来ているようです。 それが「カラーレス」と呼ばれるベージュやブラウン系のチーク。 え、チークで色を出さないの!?と驚いてしまいますが、このカラーレスチーク、使い方によっては素晴らしい力を発揮するんです! そこで、今回はカラーレスチークの傾向や使い方、アイテムを簡単にご紹介いたします。 ちょっとした知識とテクニックで流行メイクをゲットできますよ☆是非ご一読下さい。

赤チークからカラーレスへ☆大人メイクが流行中


 

出典:i-voce.jp

 

ここ数年、チークというとピンク系のカラーを頬骨の辺りに乗せるメイク方法が主流でしたが、最近の傾向は「カラーレスチーク」。

血色を良く見せるのではなく、ツヤ感のあるベージュチークで顔の骨格を強調し、よりナチュラルメイクに近づける手法が流行しています。

ナチュナルな大人っぽさを演出することができますよ♪

 

出典:i-voce.jp

 

色を感じさせる事の無い、オレンジベージュや大人メイクの代表格であるブラウンチーク。

チークメイクが苦手な女子でもチャレンジしやすいカラーラインナップが続々出ていますよ☆

チークをすると子供っぽくなってしまうという方にもおすすめです。

 

一歩間違うと「地味顔」に。カラーレスの注意点


 

出典:www.biranger.jp

 

簡単そうで難しいのがカラーレスチーク。

使う際に注意するポイントをしっかりチェックしておきましょう。

今までのチークと同じ感覚で使うと「あれ!?」という結果になってしまうかもしれません…。

 

 

1.チーク以外のメイクにしっかり手をかける

 

出典:josei-bigaku.jp

 

カラーレスチークは立体的メイク・ナチュラルメイクに大きな力を発揮します。

頬の部分はメイクでも大きな面積ですので、この部分をカラーレスにするとどうしてアイメイクやリップ等他のパーツが目立ってきてしまうんですね。

 

「色を使わない」という事は「誤魔化しがきかない」という裏返しでもあります。

アイブロウやアイメイク、リップにはいつも以上に丹念に行う事が大切です。

アイブロウとリップは形をしっかり整え、質感を出すのがナチュラルメイクの秘訣。

色を使わない分、立体感を出すように心がけて下さい。

 

 

2.面倒でもハイライトを使う

 

出典:www.fracora.com

 

1でも述べましたが、カラーレスチークは立体感を出す事に長けています。

立体感といえばハイライトの出番ですが、面倒で使わない方も多いのではないでしょうか。

 

ハイライトのパウダーをTゾーンや目頭に入れるとより立体的で美肌・ツヤ感もグッと増します。

色を使わない=肌の質感が強調される、という事ですので、できるだけ自分の肌を美肌に見せる手間を惜しまないようにしましょう。

 

すっぴんに近い単なる「地味顔」なのか、肌の質感を最大限に引き出した「ナチュラルメイク」なのかを左右する大切な部分となってきます。

カラーレスチークを使うなら是非ハイライトもセットにして下さいね。

 

カラーレスチークはこうして使おう!基本的使用法


 

出典:i-voce.jp

 

上記の注意点を踏まえながら、カラーレスチークの基本的な使い方をご紹介いたします。

 

出典:tokila.jp

 

1)黒目の位置からまっすぐ下ろしたラインより外側
2)小鼻と耳たぶの下をつなぐラインより上側
が、チークを入れる範囲の基本です。

ブラシは骨格に沿って内側→外側に動かします。ブラシを2~3度すべらせれば完成です。

初めてベージュチークを使う場合は、少しパールの入ったチークを使うのがオススメ。

華やかさを失う事なく、シャープな印象に見せる事ができます。

肌浮きもしないので、骨格補正の効果も出て小顔効果も抜群。

 

出典:www.biteki.com

 

ほんの少しだけ血色が欲しい!という時にはチークを2種類使ってみましょう。

Aの部分にベージュチークをつけたら、Bの部分にオレンジ系のチークを軽く重ねます。

色の濃淡がつきますので、自然かつナチュラルな血色チークが完成!

 

調整をする場合は、Bのオレンジ部分で濃さを微調整していくと、理想のメイクに近づきますよ。

 

オススメカラーレスチークはこれ!


 

【シャネル】ジュ コントゥラストルミエール

 

出典:i-voce.jp

 

上品な色味と使いやすさに定評のあるシャネルのカラーレスチーク。

 

ほんのりと色づくピーチベージュはチークとしてはもちろん、デコルテに使っても美しいツヤが出る、まさに万能カラーレスパウダー。

 

 

【エレガンス】ブリス オーラ

 

出典:www.cosme.net

 

エレガンスのチークは発売する度に完売してしまう程の人気。

こちらのRD301は、見た目は赤に近いカラーですが、実際に使ってみるとコッパー(銅)に近く、柔らかいブラウンチークになります。

 

細かい粒子と綺麗なパールが肌を美しい光沢に見せ、美肌効果◎。

キラキラしたパッケージでテンションも急上昇。

ポーチのお供にどうぞ♪

 

 

いかがでしたでしょうか?

ヘルシー&ナチュラルメイクはまさにカラーレスチークがカギ。

是非参考にしていただき、透明感溢れるメイクを楽しんで下さいね。

 

関連記事

・UVカットできるBB・CCクリーム おすすめ4選

・あなたの顔の形は何型?顔タイプ診断&メイク方法

・メイクで簡単GET♡小顔メイクの方法♪