いつも「なんだかキツそう…」というイメージを持たれてしまう方。せっかくのおしゃれも、メイクも、そんなイメージを持たれてしまえば台無しになってしまいますよね。その原因は、実はメイクの仕方によって変えることができるのです。今回は、ふんわりと柔らかい、優しい印象を与えるメイクのコツをお教えしていきます!

1.眉毛は顔の印象を作る最大ポイント


 

出典:jp.pinterest.com

 

かわいい子はみんなやっている、「困り眉」。

垂れ下がった眉が切ない表情を作り出して、男子の心をわしづかみにしてしまうこの眉スタイルですが、その特徴は眉の角度だけでなく、強い印象を与えない眉の描き方にポイントが。

困り眉ほど眉尻を下げる必要はありませんが、その描き方一つで、顔の印象は大きく変わってきてしまいます。

 

ふんわり眉のポイントは以下の2つ。

 

①程よい長さで眉毛をキープ

極端に短く切った眉や、手入れのしすぎでえぐれたような眉はアウト。

しっかりと眉毛を伸ばして(もちろんボーボーはNGですが)、自然なふんわり感をだしましょう。

 

②髪の毛よりもワントーン明るい色で眉を描いて

アイブロウをするなら、髪の毛よりもほんの少し明るめの色を選びましょう。

髪と同じ、あるいは髪よりも暗い色で眉を描いてしまうと、顔の印象が強くなってしまい、キツそうなイメージを持たれてしまう原因に。

 

2.アイラインはブラックよりブラウン


 

出典:www.happy-club.tv

 

キツい印象を与える原因は、目力の強さにもあります。

アイライナーで目尻を上げたスタイリッシュなメイク、もちろんとってもかっこいいですが、ふんわりとした優しい印象を与えることはできません。

 

色はブラックよりもブラウンがオススメ。

柔らかい印象を与えるお手伝いをしてくれます。

また、全体的にアイラインは細く引くように心がけましょう。

 

3.チークは頬のトップに!


 

出典:jp.pinterest.com

 

チークを入れてあげることで、血色の良い顔になるので、より優しい印象に。

チークを塗る箇所は、笑ったときに一番出っ張る頬骨の部分。

色はピンク系統のものがオススメです。

ふんわりと色を入れてあげることで、女の子らしい柔らかいイメージを与えることができるのです♡

 

 

いかがでしたか?

今回ご紹介した3つのポイントのように、メイク方法をちょっと意識して変えてあげるだけで、相手に与える印象は大きく変わるのです。

もう「キツそう」なんて言わせないためにも、ぜひとも実践してみてくださいね!



関連記事

・韓国発のプチプラ優秀ブランド♡エチュードハウスのおすすめコスメ♡

・塗り直し不要♡リップラッカー おすすめ5選♡

・多部未華子さん、吉高由里子さんなどなど♡一重奥二重が可愛い!芸能人のメイク法