ファンデーションの使い分け方 「キレイな肌」に見えるファンデーションはどっち? リキッド? パウダー? あなたはどっち派

リキッドファンデーション


 

出典:jp.pinterest.com

 

伸びが良く、肌への密着感があるのがリキッドファンデーション。
カバー力 ◎ 透明感 ◎ ツヤ感 ◎ 保湿力 ◎
 
パウダーファンデーション


 

出典:weheartit.com

 

均一にムラなく仕上げやすいのがパウダーファンデーション。
カバー力 ○ 透明感 ○ ツヤ感 ○ 保湿力 △

 

 ・・で・・結局・・どっちがキレイに見えるの?


 

出典:jp.pinterest.com

 

ファンデーション選びで、一番大切なことは、「どのような肌の質感に仕上げたいか?」をはっきりと決める事です。

ひとくちに「キレイな肌」と言っても、「艶のある肌」「透明感のある肌」「マットな肌」「みずみずしい肌」「ノーメイクのように見えるけど実はしっかりメイクされている肌」などなど。

また、ライフスタイル(たとえば職業や環境)などによって、その日の肌を、どう仕上げたいのか?も変わってきますよね。


ナチュラル感が重要な場合はナチュラルに仕上がるファンデーション、しっかりとメイクアップをしたい場合はカバー力のあるファンデーション、乾燥が激しい場所で長時間過ごさなければならない時や、屋外で過ごす時間が長い日のメイクなど。
女性の肌は敏感です。

自分の肌のタイプと、なりたい・見せたい肌をしっかり整理して、「リキッド?」「パウダー?」をセレクトしましょう!

 

 

・「ツヤ肌」「透明感のある肌」が好きな方にはリキッドファンデーションがオススメ!

 

保湿力があり、みずみずしくて透明感のある仕上がりになるリキッドファンデーション。

色は、実際の自分の肌の色よりも一段階暗めのものを選ぶと、ナチュラルな小顔に見えます。

また、リキッドファンデーションの上にルーズパウダー(微粒子タイプ)を軽くのせることで、「マットな肌」を作ることができます。

アウトドアなど、肌をワントーン小麦色に見せたい時などは、パール入りのルーズパウダ―もオススメです。

キラキラと健康的な肌に見せることができます。

 

・メイク時間を短縮したい!薄づきメイクが好き!という方には、パウダーファンデーションがオススメ!

 

手軽に使えるので外出先でのお直しも簡単です。

ナチュラルメイクが好きな方にはオススメですが、ハイライトや、明るめのチークで立体感を出し、透明感を出すことで、単調なメイクではなく若々しさを強調することができます。

乾燥肌の方がパウダーファンデーションを使う場合は、保湿効果が高い下地をしっかりつけて、ファンデーションを密着させてください。

 

2016人気のファンデーション



・リキッドファンデーション
1 エスティ ローダー / ダブル ウェア ステイ イン プレイス メークアップ SPF10/PA++
 

出典:www.cosme.net

 

商品説明 SPF10・PA++ 全6色 肌をサラリと滑る感触でなめらかにのびて、つけたところにピタッとフィットします。

セミマットな美しい仕上がりが色移りせず、長時間きれいな肌を保つファンデーションです。

(SPF10・PA++) 追加説明 新2色 日本人の女性の肌をナチュラルに美しく際立たせる新色が登場。

82 ウォーム バニラ 85 クール クリーム

出典:www.cosme.net

 

2 ランコム > ブラン エクスペール クッションコンパクト 50
 

出典:www.cosme.net

 

商品説明 SPF50+・PA+++ 全5色 まるで肌そのものをつくりだすように、瞬時に極薄のテクスチャーがぴったり密着。

表情までも健康的に、イキイキと輝かせるクッションファンデーション。

ユニークな技術、ジェリキッド テクノロジーを搭載しました。コンパクトのファイバー内にジェリー状で存在するファンデーション成分は、コンディションによって形状が変化する揺変性をもったフォーミュラです。

 

使用時に専用パフでプッシュすることによりリキッド状に変化し、肌に密着すると再びジェリー状に戻って、疑似皮膚のように肌表面を薄く均一に包みます。

ジェリキッドで仕上げた肌は、ナチュラルなのに気になる部分は完璧にカバー。

生肌のような艶感をまとい、 その美しさと保湿感は一日中キープされます。

 

レフィル 5,200円/ケース 1,300円/替用スポンジ 500円

追加説明 限定発売 ピンクの花が咲き誇る、とびきりキュートな春の夢を楽しむミス ランコムと彼女の愛犬が描かれた限定クッションコンパクトケースが登場。1,300円

出典:www.cosme.net

 

3 NARS ベルベットマットスキンティント SPF30/PA+++
 

出典:www.cosme.net

 

商品説明 SPF30・PA+++ 全9色 ベルベットフィールを肌にもたらし、立体感のあるナチュラルな印象の肌に仕上げるティントタイプ・ファンデーション。

肌になじませやすいウルトラスムースなテクスチャーで、肌のトーンを均一に整え、毛穴やシワをカバーします。

オイルフリーかつオールインワンのトリートメントの働きもあわせ持ち、余分な皮脂を抑えテカリをコントロールし、一日中快適なつけ心地をキープ。

ソフトで重たさを感じさせないつけ心地と、自然な立体感を演出します。

出典:www.cosme.net


・パウダーファンデーション
1 マキアージュ ドラマティックパウダリー UV
 

出典:www.cosme.net

 

SPF25・PA++ 全7色 ムース生まれのパウダリーだから、つけた瞬間ふんわり軽く広がり、とけこむようにフィット。

毛穴も色ムラも乾燥さえも軽々とカバーします。

肌ざわりまで心地よく、素肌から美しい仕上がりが持続します。

 

やわらかフィットスポンジ付き。

9.2g レフィル 3,000円/コンパクトケース DM 1,000円/スポンジパフ (SF) 500

出典:www.cosme.net

 

2 ゲラン ペルル ブラン ライトブースター コンパクト
 

 

商品説明 SPF20・PA++ 全3種 どんな天候でも美しさを長時間キープするブライトニングファンデーション。

ウェザーフィット テクノロジーを搭載しグレードアップ。どんな気温や湿度の中でも、パールのような柔らかく美しい輝きを放つ肌が長時間続きます。

ファンデーションの下にはスポンジが内蔵され、持ち運びに便利なコンパクトタイプ。ベース&ハイライトの2色構造になっているのでどんな肌色にもマッチ。

パーリーなハイライターは光を操り、気になる影やくすみを払い、なめらかで輝く肌に仕上げます。

リフィル 2種(01・02) 6,500円

出典:www.cosme.net

 

3 ディオール ディオールスキン フォーエヴァー エクストレム コンパクト
 

出典:www.cosme.net

 

商品説明 SPF20・PA++ 全6色 肌に光が溶け込んだような、毛穴の目立たないマット肌を叶えるロングラスティング コンパクト ファンデーション。

肌に自然な明るさをもたらし、毛穴、テカリ、色ムラなど気になる部分を消し去るマット パール配合。

コントロール ウェア コンプレックスが、ぴったりと肌に寄り添い、皮脂、毛穴を一日中コントロールして、つけたての美しさを持続させます。

さらに、うるおいと皮脂のバランスを調整する独自のスキンケア成分が、理想の肌状態を実現します。

レフィル 6,000円 (SPF20・PA++)

出典:www.cosme.net


ファンデーションの塗り方


 

出典:jp.pinterest.com

 

リキッド?パウダー?決まりましたか?
ファンデーションのタイプを決めたら、いちばんキレイに見える塗り方を、もう一度おさらいしてみましょう!

ここでは、セレブメイクの基本と言われている「リキッド+パウダー」の塗り方をお伝えします。


1 ファンデーションの色選び
 

出典:jp.pinterest.com

 

お店でファンデーションを選ぶときは、頬と首にちょっぴりだけつけてみて、そのまま、外に出てみましょう。

自然の光の下で、ファンデーションの色が自分の肌にマッチしているかどうか確かめてから、購入する色を決めることをオススメします。

小顔効果が欲しい時は、ワントーン暗めの色選びをオススメします。

自分の部屋では、なるべく、自然の光が入る窓際へ行ってお化粧すると、ナチュラルな仕上がりになります。


 2 ファンデーションに合ったツールをそろえましょう!
 

出典:www.cosme.net

 

出典:jp.pinterest.com

 

リキッドファンデーションはブラシ(できれば人工毛のブラシ)を使ってみて下さい。

慣れるまでは、少し難しいかもしれませんが、ブラシで伸ばすように塗ると、毛穴やキメの粗い部分がしっかりとカバーできます。

ブラシで付けた後に、湿ったスポンジでファンデーションをていねいに伸ばしてみて下さい。

透明感のあるつややかな肌を作ることができます。

仕上げに、ルーズパウダ―(できれば天然の毛のブラシで)を、顔の上に自然にふわっとのせてあげれば、陶器のようなキメが整った肌が完成します。


小鼻の周りやデリケートな目の周りなどは、やさしくスポンジで抑えるように付けたり、指先を使ってやさしく叩き込むようにすることもテクニックですね。

自分の肌質も考えながら、自分に合ったツールをそろえてみてください。


3 ファンデーションを付ける前にコンシーラーを使いましょう!
 

出典:www.cosme.net

 

ファンデーションの厚塗りは厳禁です。

にきび跡やそばかす・しみは無理してファンデーションでカバーしようとすると、厚塗りになってしまいます。

どうしても気になるニキビ跡などがある場合は、コンシーラーを使ってみて下さい。

コンシーラーには偏光パールが配合されているので、光の反射で、にきび跡などを目立たなくしてくれます。

また、ファンデーションよりコンシーラーのほうが顔料を多く含んでいるのでカバー力も高いのです。


4 最後はミスト化粧水がマスト!

 

出典:room.rakuten.co.jp

 

パウダーをはたいたらベースメイクの完成、ではありません。
最後にパウダーファンデやルースパウダーで肌を作った後には、仕上げにミスト化粧水で顔をスプレーするのを忘れないで下さい。

乾燥を防ぐために、最後にミストでしっかり保湿することを忘れないで下さい。

♪「持ち」が違います♪

 

 

メイクの基本のファンデーション選び!
いっぱいチャレンジしてみて下さい!



関連記事

・綺麗な女性は何を持ち歩いているの?教えて!ポーチの中身♡

・ふさふさまつ毛でスッピン美人♡自宅で簡単まつ毛育成法♡

・一気に大人っぽくなれる!色っぽメイク法で憧れの彼をドキッとさせる♡