夏は、フェスやリゾートでいつもとは違うカラーメイクを楽しんでみませんか? アイラインやアイシャドーをいつもとは違うカラーにするだけで、ひとあじ違うメイクが楽しめますよ☆ ここでは、アイメイクとチーク、リップを中心に、夏色を使ったカラーメークの方法をご紹介します。

夏のカラーメイク☆アイメイク編


 

・アイシャドーの入れ方

 

出典:matome.naver.jp

 

アイシャドーは、ブルーやグリーンを使うとクールで夏らしいですね。

下まぶたにも同じ色を入れてもいいですが、夏の定番オレンジをぼかして入れると変化がつきます。

主役のミントグリーンは、“広く淡く”よりも、“ピンポイント”にライン風に効かせるのがポイント。

パレットの右下の色を細チップにとり、黒目の外側から目尻にかけてやや長めに、ライン風にオン。

さらに右上のオレンジを下まぶたの目尻1/3に入れて完成です。

出典:matome.naver.jp

 

・アイラインの引き方

 

出典:bijinbu.me

 

アイラインは、ブルーやネイビーカラーを使用し、目尻を少し跳ね上げるように引くと夏らしいですね。

青のアイラインはシンプルに引くだけで涼しげな目元を演出してくれます。

まさにクールビューティーなイメージです!

出典:bijinbu.me

 

・マスカラはカラフルに♪

 

出典:www.cosme.net

 

夏は黒や茶色以外の色を試してみたいですよね。

RMKの「 Wカラーマスカラ」は、ターコイズやグリーン、パーブルなど、夏らしい色が揃っています。

 

【製品情報】

RMK / Wカラーマスカラ

EX-02 グリーンマリン

4,000円(税抜)

 

夏のカラーメイク☆チーク編


 

出典:medical.yahoo.co.jp

 

夏のチークは、頬の一番高い部分、頬骨にそって横長の楕円形に入れるとクールな印象を与えます。

色もピンク系より、肌の色に近いオレンジ系や、アースカラーと呼ばれる色の方が違和感がないでしょう。

 

夏のカラーメイク☆リップ編


 

出典:www.instagram.com

 

夏のリップは、より肌色に近いオレンジ系の方が、夏の日差しのもとで浮くことがありません。

モデル佐藤優里亜さんが、夏らしい赤いお洋服に合わせているのはLANCOMEの”LIP LOVER”☆

アイメイクやチークを控えめにしているので、発色の良い明るめのリップでもとても涼しげに見えます。

ポイントメイクだけ考えるのではなく、このようにトータルコーディネートを考えてみるのも楽しいですね。

 

出典:www.lancome.jp

 

【製品情報】

ランコム/リップラバー

342(限定) オランジュ アッティテュード

3,700円(税抜)

 

M·A·Cカウンターで夏カラーを試そう♪


 

出典:mery.jp

 

人それぞれ肌色によって合う色は違いますので、プロの方からアドバイスをもらうと、より個性に合った色にめぐり合うことができます。

とくにアイメイクやチークは、付け方一つで印象がガラリと変わってしまいますので、自己流もよいですが、一度プロの方に教えていただくのもいいかもしれませんね。

すべてのM·A·Cカウンターで、製品をお試しになりながらプロのメイクアップテクニックを体験していただけます。

さまざまなシーンで活躍してきたM·A·Cアーティストが、お客様に合ったルックや個性を活かしたカラーを使用し、お一人おひとりに合ったメイクアップをカスタマイズいたします。

いつでもお気軽にご来店ください。

出典:www.maccosmetics.jp

 

 

フェスや夏のデートで、オフィスと同じメイクではつまらない!

アイメイクやチーク、リップを夏色にチェンジして、つけ方を工夫するだけで、ぐっと夏らしい雰囲気になるのがわかります。

こちらで紹介したものを参考に、自分の個性を活かしながら、夏のカラーメイクにチャレンジしてみてくださいね。



関連記事

・あなたのメイク間違ってない?下手な人と上手い人の特徴

・銀座のおすすめマツエクサロン☆上品で自然な仕上がりにしてくれるサロン♪

・キツそうなイメージとはおさらば!メイクで作る優しい印象♡