乾燥肌さんよりも化粧崩れしやすいのが、オイリー肌さんの悩みの種でもあります。日中に化粧直しの回数を減らすためにも、テカリ防止の化粧品が欠かせない方も多いのではないでしょうか。今回は、そんなオイリー肌さんにぜひ試してもらいたいテカリ防止のメイク方法と、よりテカりにくい化粧直しのコツをご紹介します。

1.メイク前のスキンケアを忘れずに


 

出典:matome.naver.jp

 

朝、メイク前に洗顔だけをして、すぐにベースメイクに取りかかる、なんてことはありませんか?

それではすぐに皮脂が浮いてきて、化粧が崩れてきてしまいます。

 

まず、メイクの前に洗顔をしたら、しっかりと化粧水で保湿すること。

化粧水はたっぷりと使ってあげましょう。

特に気温の高い夏は、シートマスクをしてお肌の温度を下げてあげると、テカリをより防ぐことが出来ます。

 

2.ベースメイクは少量でOK


 

出典:gathery.recruit-lifestyle.co.jp

 

化粧水で十分に水分を浸透させたら、ベースメイクです。

少量手に取ったら、肌に叩き込むようにして伸ばしていきましょう。

この際肌をこするように伸ばしては絶対にいけません。

 

また、ベースメイクはとにかく手早く行なうこと。

肌が冷えているうちにベースメイクまで仕上げると、よりメイクが長持ちするのです。

 

3.ファンデーションはパウダータイプで!


 

出典:mery.jp

 

オイリー肌さんにおすすめしたいファンデーションは、パウダータイプのもの。

こちら、付属のスポンジを毎日繰り返し使っていては、スポンジに付いた皮脂が肌に付いてしまう上、雑菌も繁殖する原因となるので注意が必要です。

清潔なスポンジでメイクをすることが、テカリ防止のポイントでもあります。

 

ファンデーションは、顔の中心部分から外側へ、力をいれずに伸ばしていくことで、ヨレ防止に。

油分を吸収するパウダーファンデーションですが、量を多く付けすぎると、メイクがよれてしまいますので注意を。

 

4.化粧直しをするときは?


 

出典:lily.today

 

テカリを感じてきたら、あぶらとり紙ではなくティッシュで皮脂をオフしましょう。

あぶらとり紙は水分まで吸収してしまうので、ティッシュを顔にあてて、軽く抑えるようにして皮脂のみをとるように。

あまりにもテカリが気になるようなら、ティッシュで皮脂をとったあとに化粧水を付けて水分を補給してあげましょう。

 

ファンデーションをもう一度つけるときは、スポンジではなくブラシでなでるようにつけることをお勧めします。

くるくると円を描くようにしてファンデーションを付けることで、筆の跡が付かず、まんべんなく付けられるのでヨレ防止にもつながります。

 

 

いかがでしたか?

テカリを防止するために必要なのは、お肌の水分補給と、多くの化粧品で厚塗りしないこと。

夏は特に皮脂が気になる季節ですので、十分に冷やして引き締めて、一日中テカリ知らずのお肌を手に入れましょう。



関連記事

・粉っぽくならない!パウダーファンデーションの使い方♡

・徹底解説☆「安全?長持ちするの?」今さら聞けないけど気になる・・・マツエクの仕組み

・必見!マツエクをしている人向けのアイメイク方法☆