目元のメイクに欠かせないアイライン。雑誌の通りに引いてみたけど、なんだか自分には似合わない。こんな経験がある人も多いはずです。目には一重・奥二重・二重などそれぞれタイプがあります。タイプに合わせたやり方をマスターすれば、目元のメイクも必ずキレイに仕上がるはず!タイプ別のアイラインの引き方を徹底解説していきます!

1.普通に引いたらアイラインが見えない!一重さんのアイライン


 

出典:www.cosme.net

 

アイラインを引いても、目を開けたらラインが見えない!そんな経験がある人も多いはず。

一重さんは一重を活かすメイクをするか、二重のようなメイクをするかによってラインの引き方が異なります。

 

二重のようなメイクをする場合。

アイラインは極太になりますので、あまり普段使いには向きません。

今回は一重を活かすアイラインの引き方をご紹介します。

 

色→一重さんは目尻と目頭がメインになります。

ナチュラルに仕上げるならブラウンがおすすめ。

カラーライナーを使って個性派一重メイクをしてみるのも素敵です。

 

幅→目をあいた時に少しラインが見える太さにしてください。

 

長さ→目頭・目尻ともに3mm~5mmほど長くすると、目を大きく見せることができます。

一重さんははねあげラインにすると、キツイ印象になりますので注意してください。

 

2.なんだかいつもより目が小さく見えちゃった…奥二重さんのアイライン


 

出典:www.cosme.net

 

 

二重幅を埋めると目を小さく見せてしまいます。

奥二重さんのアイラインのポイントをご紹介しましょう。

 

色→なりたいメイクによって色を変えてOKです。

はっきりさせたいなら黒。

ナチュラルメイクを目指すならブラウン系を選びましょう。

 

幅→太すぎる幅は二重幅を埋めてしまう、目を小さく見せてしまいます。

最初は細いライン。

目尻に向かってやや太めに描いていきましょう。

 

長さ→目尻の延長に長めにラインを入れて、タレ目を作ると可愛らしい印象になります。

 

3.しっかり引いたら恐い印象…二重さんのアイライン


 

出典:www.cosme.net

 

二重さんはアイラインの印象がそのまま目元に現れます。

目力を強めるようなインパクトのある目元にする時は黒のラインで濃く太く描くのも良いですが、普段の生活にはナチュラルなメイクが好印象です。

 

色→もともと目元の印象が強い二重さんですので、ナチュラルに仕上げたいならダークブラウンがおすすめ。

くっきりはっきりさせたいなら黒を選んでください。

 

幅→太い幅は目力をより強めてしまいます。

ナチュラルメイクを目指すなら太さは出さずまつ毛とまつ毛の間を埋めるだけ、または目尻だけでもOKです。

少し華やかにしたい時はまつ毛とまつ毛の間を埋めたラインの上にもう1本ラインを書き足してみてください。

 

長さ→はねあげラインやタレ目ラインを目尻にちょっとプラスするぐらいがおすすめです。

 

 

目のタイプに合わせたアイラインの引き方をぜひマスターし、ナチュラルで可愛い目元を作り上げてみてくださいね♪



関連記事

・今日から真似できる!新垣結衣・ガッキーになれるメイク術♪

・チップで、ブラシで、指で!いつものリップも塗り方次第で今どきリップにchange

・ほんのり可愛い♡色づきほっぺは、トレンドの水チークで作る♡