メイクの仕上げに欠かせないフェイスパウダー♪ さっとひと塗りでお肌や顔全体の印象が変わるフェイスパウダーを上手に使いこなせば、もっともっとキレイな仕上がりをキープすることができます! フェイスパウダーには大きく分けて粉状のルースパウダーと固形の状態のプレスドパウダーの2種類があり、使用する目的や肌質によって使い方も変わってきますので、自分に合ったものや使い方を見つけて美肌に仕上げちゃいましょう!

リキッドファンデーションの仕上げに使う場合


 

出典:www.photo-ac.com

 

リキッドファンデーションやクリームファンデーション、BBクリームなどのファンデーションの仕上げにルースパウダーで押さえることでお肌とファンデーションの密着度を高めたり、テカりやメイク崩れを防いでくれる効果があります。


使い方のポイントとしては、パフの場合はパフにパウダーをつけたらしっかりと揉み込むこと。

ブラシの場合はブラシに乗せたら余計なお粉はトントンとお肌にのせること。

そして一度手の甲でなじませてからお顔に塗っていきましょう。

そうすることでムラがなくキレイにお肌にのせることができ、崩れにくい仕上がりになります。

 

メイク直しにパウダーで簡単に


 

出典:item.rakuten.co.jp

 

メイク直しには手軽に持ち歩きがしやすいプレスドパウダーがおすすめです。
全体をフェイスパウダーで軽く直したあとに、気になるポイント部分のみファンデーションでメイク直しすると、厚塗りにならずナチュラルな仕上がりになります。

 

・下地+パウダーでナチュラル肌を作ろう

 

出典:www.photo-ac.com

 

自宅で過ごす日や近くまでの外出などナチュラルメイクに仕上げたいときは化粧下地+パウダーがおすすめです。

ファンデーション機能を使わない分カバー力や紫外線カット力は落ちますので、顔色をキレイに見せてくれるピンクやオレンジ色の下地やUVカット効果の高い下地が高いものをチョイスしましょう。


下地をつけたあとに一度ティッシュで顔全体を押さえて、余計な油分を落として下地を肌に密着させることでヨレ防止になります。
パウダーはルースタイプのものをパフにたっぷりとって使用すると仕上がりがキレイです。


・目元にパウダーでパンダ目を回避する!

 

出典:item.rakuten.co.jp

 

アイメイクをする前に目の下にフェイスパウダーをのせておきます。

アイメイク中に目の下に落ちたアイシャドウなどブラシで払えばパウダーと一緒に簡単に落とすことができます。
また仕上げにも、涙袋のあたりにフェイスパウダーをのせておけば目の下をサラサラに保ちパンダ目を回避できます!


パウダーのカラーでお好みの仕上がりに♡


 

出典:www.cosme.net

 

・ルーセント(透明)

 

ファンデーションやBBクリームの色を活かすことができます。

パウダー自体は透明に近い色、お肌にのせると光に反射でくすみや毛穴などが目立たなくなり、ナチュラルに仕上がります。

 

・ピンク

 

自然な美白肌に仕上げたいならピンク系。

日本人の肌は黄味がかっているので、ピンクを使うことでくすみがちな黄味寄り肌を明るく血色いい色白肌に見せてくれます。

 

・ホワイト

 

色白な方はホワイトで雪のような美白肌に!

白浮きしないために、大きめのブラシでさっと薄くお粉をのせて。

上からピンク系のチークを丸く入れるとお人形のような仕上がりになります!

 

・パープル

 

ホワイトより白浮きせず、ピンクより透明感がある色白肌ができるのがパープル。

お肌をキレイに見せてくれる有能なカラーです!
大きめのブラシでお肌に薄く自然にのせて上品な色白肌に!

 

 

いかがでしたか?
いつものメイクにフェイスパウダーをプラスするだけで化粧くずれを防止できたり、肌をよりキレイに見せてくれる効果があります。

最近では美容成分の含まれたお肌に優しいタイプものもありますので、ぜひ自分のお肌に合ったフェイスパウダーを探してみてください♡



関連記事

・くるんと上向きに♡まつ毛をきれいにカールさせる方法

・芸能人に学ぶ!黒目がちアイを作るアイメイク方法

・あなたの顔の形は何型?顔タイプ診断&メイク方法