今年注目を集めているのが、「寒色系」のシャドウ。寒色系といってもさまざまな色がありますが、その代表でもある「ブルー」のシャドウってなんだかキツく見えてしまう…と困ったことはありませんか? 今回は、ブルー、グリーン、パープル3つの寒色系シャドウを使ったメイク方法をご紹介。あなたに似合うとっておきのメイクをマスターしちゃいましょう!

1.王道!ブルーシャドウは薄く全体に


 

出典:godmake.me

 

寒色系シャドウの定番でもあるブルーシャドウ。色味が強いと目元がきりっとしてしまい、大人っぽいを超えてなんだかキツい印象に…。

そんな時はアイホール全体にマットな薄いブルーを乗せてあげましょう。そうすることで目元の印象が柔らかくなり、一重さんのまぶたがすっきりとしたイメージになります。

 

また、ブルーシャドウを使用するときは、アイラインは最小限に。

シャドウのブルーとアイラインのブラックが合わさり、よりキツく見えてしまいます。

 

2.今年色のグリーンシャドウはアイラインとして


 

出典:weheartit.com

 

今年の流行色でもあるグリーンのアイシャドウ。

日本人の肌になじみやすく、取り入れやすとされていますが、がっつり緑をシャドウに使うと、奇抜な印象を与えてしまいがち。

 

そんな時はアイラインをグリーンシャドウで代用してみましょう。

チップを横向きにし、いつものアイライナーの前にグリーンシャドウでラインを引いてあげて。

上からいつもよりも少し細めにブラックやブラウンのアイラインを引いてあげれば、さりげない目元を演出することができますよ。

 

3.上品で大人っぽい!パープルシャドウはアンダーにも


 

出典:jp.pinterest.com

 

大人の女性らしさを見せてくれるパープル。

とってもセクシーでカワイイ女性色ですが、ちょっと強気な印象にもなってしまう色。

 

そんなパープルシャドウは、目尻と目の下にほんのり乗せるのがオススメ。

まぶたにがっつりと色を入れてしまうと普段使いが難しいですし、目の下にがっつり入れてしまうのもクマのように見えてしまうので、顔全体の印象が悪くなってしまいます。

 

また、まぶただけにシャドウを付けてしまうと、目が他の顔のパーツよりも浮いてしまいます。

目の下にも付けてあげることで、肌馴染みが良くなり、顔全体のバランスが整うのです。

 

大切なのはどちらもほんのりと色を入れてあげること。

そうすることによってさりげなく大人の女性らしさを演出することができますよ。

 

 

いかがでしたか?

寒色系シャドウは暖色系と違って、肌に馴染んでいないと浮いてしまいがち。

今回は日常遣いが出来るようなシンプルでナチュラルなメイク法をご紹介しましたが、それぞれの色とシーンによってそのメイク法はさまざま。

寒色系シャドウのメイクもモノにして、もっとおしゃれの幅を広げちゃいましょう!



関連記事

・くりくり可愛いぱっちりeyeに!簡単にできちゃう目を大きくみせるテク3選

・顔のお悩みがプチプラコスメで解決♪整形級メイクの方法教えます♡

・2016年秋冬の旬メイクはセミマット肌♡パパッとおさらい!セミマット肌の作り方♪