Lesson1では人相学的にも人気な「リス顔」をご紹介しました。Lesson2となる今回はちょっと敷居が高いと思われがちな「赤」を多用した「うさぎ顔」メイクに焦点を当てていきます。 リップならともかく、アイシャドウやチークまでは・・・となかなか手を出しづらく思われがちですが、コツさえわかってしまえばとっても簡単♪可愛らしい理想の愛されフェイスになれちゃうんです! リス顔メイクと共に、こちらも是非ご一読下さいね☆

男心を鷲掴み♡「うさぎ顔」メイクの特徴は?


 

1.泣きはらした後のような赤い目元

 

出典:jp.pinterest.com

 

「泣き顔を人工的に作り上げる」のがうさぎ顔の特徴。一瞬見ただけでも「何かあったのかな」「守ってあげたいな」と思わせる程の臨場感がキモです。

さらに、赤系のアイシャドウは一見キツいイメージを持ちますが、実際使ってみると、つり目がちな目元も優しい印象に仕上げる事ができるんですね。

ふんわりとした柔らかいガーリー女子へと簡単に変身できちゃうのもウサギ顔メイクの特徴です。

 

 

2.ほんのり赤みが差したほっぺ

 

出典:jp.pinterest.com

 

Lesson1の「リス顔」メイクとは対照的な特徴ですね。リス顔ではオレンジやブラウン等のカラーレスチークが大活躍しましたが、こちらは少し蒸気したような、赤みがかった頬が特徴的。

 

ピンクやレッド系のチークでしっかりとカラーを出していき、可愛らしさを強調していきましょう。

普段はシャープな雰囲気でチークを使っている女子にはちょっと勇気がいりますが、うさぎ顔メイクには必須。しっかりマスターして一気に「守ってあげたい女の子」へジャンプ♡

 

 

3.思わずキスしたくなる!ツヤのある小さな唇

 

出典:jp.pinterest.com

 

ここ数年、ふっくら、ボリュームのある唇を演出するリップがブームとなり続けていました。

うさぎ顔メイクの場合は全く逆。小さくて可愛らしい唇がポイントとなります。

実はボリュームのある大きな唇より、小さいながらも潤いのある、ツヤツヤの唇の方が男性には人気。

透明感のある、小さいながらもぷっくりとした唇を目指してみましょう。

 

早速実践!「うさぎ顔」メイクにチャレンジ☆


 

【アイシャドウ】レッド系のアイシャドウを下まぶた中心に乗せていく

 

出典:jp.pinterest.com

 

うさぎならではの「赤い瞳」をアイシャドウで表現していきます。

レッド系のアイシャドウを使っていきますが、ここでの注意点はできるだけパール感やラメの入ったアイシャドウは使わない事。

 

光沢感がある色味はナチュラルさに欠け、さらには発色もあまりよくありません。

混じりっ気の無い、透明感のあるレッド系アイシャドウをチョイスしましょう。

秋に差し掛かってやっとレッドやボルドー等のアイシャドウが販売されてきていますが、手持ちに無い場合はカラーチークでも代用できます。

主にAの部分となる下まぶたや涙袋の部分にふんわりと乗せていくと素敵ですよ♡

 

 

【チーク】思い切って赤orピンクをチョイス!可愛らしさ抜群に

 

出典:jp.pinterest.com

 

メイクというとどうしてもアイシャドウやリップに目が行きがちですが、うさぎ顔メイクの場合はチークも重要ポイント。

ここのカラーチョイスを間違えてしまうと、単なる「浮き顔」になってしまうので要注意。

 

ファンデーションでベージュ系を使っている場合はピーチのような薄めのピンクを、オークル系を使っている場合はサーモンピンクやアプリコットのようなカラーを選ぶと無難です。

 

もう一声!という時はラメの全く入っていないレッドチークを薄く伸ばしていくと健康的でほんのり赤みが差した可愛らしい頬になる事ができます。

黒目の下を中心に丸く、薄く乗せていくとあどけなさも出てgood。

 

 

【リップ】唇を小さく見せてから赤リップ+白グロスで♡

 

出典:jp.pinterest.com

 

まずは唇を小さく見せるところからスタート。ファンデーションの後、唇にコンシーラーを塗ります。これはプロのメイクアップアーティストさんなら常識のテクニック。唇の形を自在に変えられるのはもちろん、リップの発色も見た目通りの色を出せるからです。

 

一旦コンシーラーで唇の色を消してから、赤リップを唇の中心部分に乗せ、口角に向けてポンポンと伸ばしていきます。その後、白(透明)グロスでツヤを出せば小さくてうるうる、ぷっくり唇の完成です!

「ぷっくり」には立体感が欠かせません。この「中心から色をぼかしていく」テクニックは赤リップならではの血色感や色気を出す時にも使えます。覚えておいて損の無いテクニックですよ。

 

 

いかがでしたでしょうか?

男心を掴んで離さない、ガーリーで可愛らしい「うさぎ顔」メイクはモテフェイスにもバッチリ。

是非チャレンジしていただき、これから迎える季節も楽しくお過ごし下さいね☆

 



関連記事

・お部屋にぬくもりを♡ナチュラル派さん必見!100均アイテムでつくる、ほっこりクリスマスDIYアイディア集♡

・私が求めてるのはこれだ!タイプ別優秀マスカラ9選♪

・ほんのり色気を感じる♡赤眉メイク法