化粧崩れは暑い夏だけのものと思っていませんか?実は秋も化粧崩れが起こりやすい季節なんです。どうして秋にも化粧崩れが起きるのかその原因と対策を知ることで、化粧崩れ知らずな秋を迎えましょう♡

夏とは違う秋の化粧崩れ


 

出典:www.vajinismustedavi.gen.tr

 

化粧崩れの原因

 

1.ターンオーバーの乱れ

人間の肌は一ヶ月のサイクルで、皮膚が生まれてはがれるを繰り返す「ターンオーバー」によって肌の新陳代謝が促され、美肌を保つことができます。

しかし、強い紫外線や高い気温や湿度など、夏のダメージを受けた秋の肌は、このターンオーバーが乱れてしまい、その結果古い角質が溜まることでゴワゴワに。

化粧水や美容液を塗ったとしても肌の奥まで届かず、肌が乾燥して皮脂が浮いてきてしまうため化粧が崩れてしまいます。

 

2.乾燥によるもの

化粧崩れと聞くと、皮脂や汗によるものと思いがちですがそれだけではありません。

実は、肌が乾燥することで化粧崩れが起こります。

空気が乾燥して、湿度が低い状態にあると皮膚は乾燥から肌を守ろうとして余分な皮脂を分泌してしまいます。

それにより、皮脂が浮き化粧が崩れる原因になります。

また、肌の表面が乾燥しているといくらメイクをしても、肌に上手く密着せずに崩れやすくなります。

 

3.皮脂量の不足によるもの

皮脂は多すぎると化粧崩れの原因になりますが、ある程度肌にないと肌は乾燥してしまいます。

秋は気温が低下することで、皮脂の分泌量が少なくなり、その結果肌が乾燥し化粧崩れが起こってしまいます。

 

メイク前に行いたい秋の化粧崩れ対策


 

出典:trendsandstrides.com

 

1.朝は水だけで洗顔をする

過度な洗顔、もしくは洗顔料を使った洗顔は肌に必要な皮脂まで洗い流してしまいます。

肌の乾燥を避け、潤いをキープするためにも、朝は水もしくはぬるま湯でやさしく洗うようにしましょう♡

 

2.夜は角質ケアの石鹸で洗顔をする

古い角質を肌に残さないためにも、夜は角質ケア効果がある石鹸で洗顔しましょう。

きちんと泡立ててから、やさしく肌を包み込むように洗うようにしましょう!

 

3.しっかり保湿をする

洗顔後に化粧水で肌を整えた後は、乳液や美容液を使ってしっかり保湿。

その時、肌をギュッと押さえてハンドプレスすることで、肌の奥まで浸透し潤いを与えてくれます。

また、お部屋の乾燥が気になる時は加湿器を使うのもオススメです☆

 

化粧崩れ知らずな秋のメイク法


 

出典:www.naturalhoney.co.id

 

1.保湿力の高い下地をたっぷり塗る

化粧水、乳液、美容液などで肌を保湿した後、すぐに化粧下地を塗りましょう。

潤いをキープするためにも保湿効果の高い下地を塗ればさらに安心です!

 

2.時間をおいてからメイクをする

化粧下地を塗った後、ファンデーションをすぐに塗るとよれてしまいます。

特にパウダリーファンデーションは粉なので、肌に水分が多いとよれやすいもの。

下地を塗ったら5分程度時間をおいてからファンデーションを塗るようにしましょう。

 

3.最後にティッシュで押さえる

メイク後、化粧を崩れにくくするためにティッシュでやさしく肌を押さえましょう。

こうすることで、化粧を崩れ防ぐだけではなく、ファンデーションのつけすぎも防ぐこともできます♪

 

しっかり対策をしてメイクをキープ!


 

出典:startupfashion.com

 

せっかく時間をかけてメイクしても、夕方になったら崩れてしまったという経験のある方も多いはず。

きちんと保湿をし、しっかり化粧下地を塗るなどしてちょっとした手間を加えることで、化粧崩れせずメイクも1日キープできますよ♪

是非、試してみてくださいね♡



関連記事

・深田恭子風メイクで透明感のある愛され女優顔を目指して♡

・プチプラコスメがデパコスに変身⁉ 誰にも教えたくない裏技♡

・プチプラでかわいいは作れる♡ポッと蒸気した頰になる、愛されチーク術♡