妖艶な口元をつくる赤リップ。 しかし、あなたはメイクバランスを考えて赤リップを使うことができていますか? トレンドだからとどんなメイクにも赤リップを合わせるのはNG。バランスを考えたメイクが大切です。 魅力ある赤リップメイクをすればおフェロ感ももっとアップさせることができるかも♡ 今回は赤リップを使ったバランスメイクをご紹介していきます!

 

 

1.赤リップを使いこなすにはバランスが大切!


 

出典:jp.pinterest.com

 

トレンドだからと赤リップをベタッと塗りたくっている人はいませんか?

そのメイク、顔のバランスやファッションにちゃんと合っているのでしょうか?

赤リップといっても色合いや使い方もいろいろ。

あなたに合う使い方をしていきましょうね!

 

2.赤リップには色がたくさん


 

出典:jp.pinterest.com

 

赤リップと一口に言っても、ボルドーやローズ系などの青みがかった色やピンク・オレンジと混ざった明るい色合いのものなど、様々なカラーがありますよね。

まずはたくさんある赤リップの中から自分に似合う色を探す必要があります。

 

唇が桜色のような人や手のひらが白っぽい人。

このようなタイプの人にはボルドー・ローズ系の色合いが似合います。

中でも唇が厚い人はローズ、薄めの人はボルドーを選んでみてください。

 

唇が黄みのあるピンク、手のひらが黄みがかっているという人はピンクやオレンジが混ざったような朱色系の赤リップがGOOD。

中でも唇が厚い人はオレンジが強め、薄い人はピンクが強めの物を選んでみましょう。

 

3.赤リップの上手な使い方


 

出典:jp.pinterest.com

 

赤リップを使うタイミングって、メイクの手順の何番目ですか?

目元もチークも全部終わらせて、最後に赤リップを塗るという人も多いのでは?

 

これが赤リップメイクをする時のNG法。

赤リップはベースメイクの次に行うのが正解です。

メイクの最後に赤リップを使うと、全体が濃すぎるメイクになりがち。

最初の方に使えば、バランスを考えながら赤リップをナチュラルに魅せることができるのです。

 

さらにファッションに合わせて使い方も変えていきましょう。

今日はカジュアルに決めたい!という時は赤リップを指にとり、ポンポンと唇に馴染ませていきます。

血色メイクはカジュアルテイストにぴったりです。

 

しっかり赤リップを塗ったメイクをしたい時は、赤リップを直塗りします。

このとき、真ん中から広げていくのがGOOD♪最後にリップブラシで整え、クールな女子を作り上げていきましょう。

 

発色の良い赤リップをいきなり使うのに抵抗がある人は、赤グロスがおすすめ♪

赤リップほど強い発色がないので、初心者にもおすすめです。

 

 

自分に似合う色や、ファッションに合わせて赤リップの使い方を変えれば、赤リップを使いこなすオシャレ上級者に早変わり♪

ファッションにも差し色で赤を取り入れればこなれ感も抜群です♪

赤リップであなたもオシャレ女子に大変身してくださいね!



関連記事

・2016秋の目元は引き続きツヤメイクがトレンド♪リキッドアイシャドウを使いこなしてうるツヤな目元へ♡

・一気に大人っぽくなれる!色っぽメイク法で憧れの彼をドキッとさせる♡

・唇に夏色♪誰からも愛される元気いっぱいガールになれる、注目のイエローリップグロスで夏の主役♡