チークやリップを購入しようと思った時、何を基準に選んでいますか? 今流行のメイクに合わせたチークやリップを選んでいる人もいれば、憧れの芸能人と同じものを選ぶ人もいると思います。しかし、チークやリップを選ぶのに一番大切なことは自分の肌の色に合ったリップやチークを選ぶことです。自分の肌の色に合わせて選ぶと顔の印象が明るくなりメイク上手でオシャレな人という印象を与えることもできちゃいます。そこで、自分のお肌に合うカラーの見つけ方や日本人に合うチークやリップのカラーをご紹介していきます。

 自分のお肌の色に合うリップ&チークとは


 

出典:jp.pinterest.com

 

パーソナルカラーと呼ばれている自分に似合う色は、自分自身が生まれつき持っている肌の色や髪の毛の色、目の色の3つの色合いによって判断されていきます。

 

それぞれが持つ色素によってベースとなるものをブルーとイエローの2種類に分類し、更に、春と秋をイエローベース、夏と冬をブルーベースとした春・夏・秋・冬の4種類に分類してパーソナルカラーは決められていくのです。

 

ブルーベースと言われるタイプの人は、色々なカラーの奥に青みが隠れているものが似合う人のことをいい、イエローベースと言われるタイプの人は、黄色が隠れている色合いのものが似合うと言われています。

 

ブルーベースの色が似合うタイプだから寒色系のものしか似合わないのだろうと思う人もいるかもしれませんが、それはちょっと違います。

ブルーベースの色が似合う人だから寒色系、イエローベースの色が似合う人だから暖色系という似合う色の分け方を行うのではありません。

ブルーベースの人もイエローベースの人も自分の好きな色をパーソナルカラーに合わせて青みが入っている色、黄色が入っている色に分けることで似合う色を身につけることができるのです。

 

色黒の人に合うリップ&チーク


 

出典:jp.pinterest.com

 

色黒の人に似合うリップとチークは、オレンジやイエロー系の色です。

そしてオレンジやイエロー系の色でも明るいトーンの色を選ぶようにすると明るくて素肌をキレイに見せることができます。

白に近い明るいトーンのオレンジやイエロー系の色を選んでみてください。

 

この他にもピンク系の色も似合います!!

ピンク系の中でも明るめのピーチピンクやコーラルピンク、サーモンピンクといった色を選ぶと明るい印象を与えることができるのでお肌が映えて見えます。

そして色黒の人がチークを選ぶ時には、パウダータイプのチークではなくクリームタイプのチークを選びましょう。

お肌に馴染まず浮いた感じに見えてしまうパウダータイプとは違い、お肌に馴染みやすいのでツヤツヤのお肌を演出することができます。

 

黄み肌の人に似合うリップ&チーク


 

出典:jp.pinterest.com

 

黄み肌の人に似合うリップとチークは、オレンジ系やベージュ系、ピンク系の中でも黄みがかった色合いがおすすめです。

例えば、ピンク系ならシェルピンクやコーラルピンク、アプリコットなどのピンクをチークにすると自然な血色となり健康的で明るい雰囲気に仕上がります。

リップもチークと同様の色を使用するとナチュラルな雰囲気がオシャレで素敵に見えます。

 

ちょっとオシャレをして唇にポイントをおきたいという場合には、朱色系の赤いリップを使ってみるとグッと雰囲気も変わって個性を発揮させることができます。

黄み肌の人に似合うリップやチークは、暖色系やアースカラー系と覚えておくと間違いありません。

 

ローズ系の色をリップやチークに使用するとお肌の色が暗い感じに見えてしまうこともあるので、できればローズ系の色のリップやチークは避けるようにした方がいいと思います。

 

色白の人に似合うリップ&チーク


 

出典:jp.pinterest.com

 

色白のお肌は、色黒の人や黄み肌の人にとって憧れのお肌でもありますが、逆にお肌が色白の人は自分の肌が白いことに対して良かったと思っていることはあまりないようです。

 

お肌の色が白いとどうしても体調が悪いと思われがちなので、ある程度の色のリップを塗っていないと不健康に見られることが多いです。

また、肌の色が白いためにちょっとしたことで目の下にクマができてしまい、それが目立ってしまうという苦労もあるようです。

 

色白の人こそチークやリップの色合いは、色白をカバーするようなものを選ぶことが大切です。

しかし、明るい色を使えば良いというものでもなく、お肌に馴染む明るい色を選ばなくてはいけません。

 

色白のお肌の人にオススメなのは、アプリコットです。

アプリコットのオレンジ系の色合いが色白の肌を自然に明るく見せてくれます。

 

この他にも、パールやラメ入りのものを使用すると、色白のお肌の良さを最大限に引き出すことができると言われています。

 

まとめ


 

出典:www.cosme.net

 

肌の色に合わせたリップとチークの選び方を紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

 

色にはどんな色味が入っているのかによって印象がかなり違うことがわかりました。

また、その色味によって同じ色を選んだとしてもお肌の色に合わせた色味の色を使用することが、お肌に合わせるという上ではとても大切です。

 

まずは、自分のパーソナルカラーを知ることが自分をキレイに見せるためには必要不可欠なことですね。



関連記事

・忘年会・クリスマス・パーティーシーンに♡ちょっとゴージャスな特別メイク

・シーン別に輝いて魅せたい!クリスマスメイク☆

・腫れぼったいまぶたへの悩みもこれで解決!おすすめアイメイク☆