目の下にぷっくりと出来る可愛らしい涙袋。目を大きくし、守ってあげたくなるような可愛らしい女の子の印象を作り出してくれます。ですが、涙袋を持っていない人にとっては、朝のメイクってとっても大変。女性らしい印象をより与えてくれる涙袋を作るために、色々と手間ひまかけていませんか? 今回は、そんな女性なら誰でも憧れる涙袋を簡単に作れるメイク方法をご紹介しちゃいます!

1.陽×陰。涙袋は陰影を付ければ出来る!


 

出典:weheartit.com

 

かわいい女の子には欠かせない涙袋。

本来涙とは一切関係のないものなんですが、目の下にあり涙が溜まっているように見えることから「涙袋」という名前がついているようです。

 

さて、涙袋がほしい!という方、「陽」と「陰」をうまく使えば簡単に涙袋は出来ちゃいます。

つまり、ハイライトとローライトをうまく使い分けることが大切なんです。

ぷっくらとふくらんでいる部分は明るく、ふくらみを持たせるためにその下に薄く影を付けてあげれば、簡単に涙袋ができちゃいます!

 

2.使う道具はパール系シャドウと眉用ペンのみ!


 

出典:jp.pinterest.com

 

作っていると分からないナチュラルな涙袋を完成させるためには、自分の肌に合った系統の色を選ぶことが大切。

 

お肌がピンク系の色白さんなら、ピンクパール系シャドウを、オレンジ系の肌色さんなら、オレンジパール系シャドウを使用しましょう。

肌馴染みがよく、自然な涙袋に仕上がります。

 

そして、ローライトも濃すぎるものを使用してはいけません。

真っ黒の眉用ペンを使用してしまうと、目の下の印象が暗くなり、重たいクマが出来ているような印象を与えてしまいます。

 

目の下2〜3ミリほどの膨らましたい部分にパール系シャドウを指で薄く伸ばし、形を整えたら、その下に出来るだけ自然に影を付けていきます。

初めは加減がわからず、陰影を濃く付けてしまいがち。

ですので、薄く薄く影を付けていって自分で一番ナチュラルに涙袋が見えるところを見つけるのが良いでしょう。

 

とっても簡単な涙袋の作り方は下記のリンク先をぜひ参照してみてくださいね♪

 

3.涙袋があるとないとじゃどれほど違う?


 

出典:weheartit.com

 

目を大きく見せる涙袋ですが、女性同士に「かわいい」という印象を与えるだけではなく、やっぱり男性からの人気も絶大♡

涙袋があることで目元が大きくまるくなるので、子どものような幼い印象を与えたり、かと思えば女性らしい目元としてセクシーな印象を与えたりと、とにかくいいことだらけ。

男女ともに好感度の高い涙袋は、やはりあった方がよいのかもしれませんね!

 

ですが、涙袋は筋肉や脂肪と言われ、将来はその筋力が衰え垂れてしまう部分でもあります。

涙袋がない方の方が、おばあちゃんになったときにいつまでも若々しく見えるかもしれませんね。

 

 

いかがでしたか?

涙袋が欲しい!と思っている方、ほんの30秒ほどで簡単に涙袋は作ることができます。

自分の肌色にぴったりのシャドウを見つけて、可愛らしい目元を作っていってください♡



関連記事

・小顔を叶える!骨格チークのやり方

・メガネだけじゃない!化粧品でブルーライトをカットしよう♡

・一度使うと手放せない♡フェイスパウダーの効果的な使い方