凹凸の少ない平坦な顔立ちが多い日本人の憧れは、やっぱりくっきりフェイスの外国人顔やハーフ顔ですよね。でも、どうせ元の造りが違うから!なんて諦めていませんか? 持って生まれたキレイさを活かすことも大切ですが、憧れだけで終わらせないためにもメイク技術を駆使して、理想のはっきりフェイスを手にいれちゃいましょう♪

くっきり眉毛でキリッと外国人風



出典:jp.pinterest.com

 

日本人顔の特徴のひとつに、眉毛と目の間隔が広いというのがあります。

眉毛と目の間隔を狭めに描くことで、くっきりフェイスに近づけることができます。

 

〈外国人風くっきり眉の描き方〉

 

 

1.まず眉毛の毛流れを整えます。

毛の流れを統一にしていくのがポイントです。

 

2.アイブロウペンシルで眉毛を描いていきます。

眉尻は濃く、眉頭は薄くなるようにグラデーションしていきます。

眉頭が濃くならないようにするのがポイントです。

 

3.眉毛が長い人はブラシで毛を動かして、隙間がある場合はそこを描き足していきます。

 

4.濃くなったらスクリューブラシで馴染ませます。

 

5.自分の肌よりワントーン明るいコンシーラーを眉の下に塗っていきます。

そうすることで、眉の形がきれいに見えます。

 

深みのあるカラーを目元にのせて


 

出典:jp.pinterest.com

 

外国人風メイクでは、目元を大きくみせるメイクをするのも大事ですが、アイシャドウ使いで目元のホリを深く、くっきりとクールな目元を作るのがポイントです。

 

出典:jp.pinterest.com

 

アイホールにしっかり陰影を入れることでくっきりホリ深な目元が叶います。

 

出典:jp.pinterest.com

 

おすすめカラーはブラウン系です。

アイホール全体にブラウンをのせてキレイなグラデーションを作っていきましょう。

 

出典:jp.pinterest.com

 

目のまわりをダークカラーのアイシャドウで囲んだスモーキーメイク。

実は印象の薄い顔立ちの日本人にこそ似合うメイクなのです。

 

ノーズシャドウで顔の中心に立体感


 

出典:jp.pinterest.com

 

眉毛と鼻筋をつなげるようにノーズシャドウを入れて、鼻筋がすっと通った立体感を出しましょう。

ノーズシャドウは眉毛の色に近いカラーで、いったん手の甲で色味を整えて、眉頭から鼻筋までスーッとひきます。

濃くなりすぎないように注意!

 

あまりノーズシャドウを入れたくないという方は、鼻筋ではなく眉間のくぼみのところの少し色をのせるだけでも顔立ちがかわってきますよ!

 

出典:jp.pinterest.com

 

シェーディングとハイライト使いでホリ深フェイスに近づこう


 

出典:jp.pinterest.com

 

ハイライトとシェーディングで顔全体の凹凸を出して、ホリ深フェイスを作り上げましょう!

 

出典:jp.pinterest.com

 

まずはピンクで囲った部分にはハイライトをのせます。

鼻筋は眉間からサッと下に向かって、ひと刷けでのせます。

頬の位置は目の下からこめかみにかけて。

丸くならないよう、逆三角を描くようにのせましょう。

 

先にハイライトを入れることで、顔に光を与えて明るくなりきれいな立体感が生まれます。

その後、足りない立体感をシェーディングで補います。

ブルーの部分に、シェーディングカラーを入れます。

 

 

憧れのくっきり外国人に、近づくメイク技をご紹介しましたが、いかがでしたか?

オフィスではちょっと・・という場合は、眉毛やハイライトだけ等、部分的にも試してみてくださいね!



関連記事

・整形級!?コントロールカラーを使って肌悩みにさようなら♡

・種類別!みんなが使ってる人気マスカラランキング!

・基本から見直してみない?目をぱっちりに見せるアイラインの引き方