メイクに欠かせないのがメイクブラシですよね。部分的に使っているという方もいれば全てメイクブラシで仕上げているという方もいらっしゃいます。大きさや毛質、形状などが様々なメイクブラシにこだわることでワンランク上の仕上がりを実現してくれますよ。そこで今回はオススメのメイクブラシと使い方をご紹介していきたいと思います。

フェイスブラシ


 

出典:jp.pinterest.com

 

ファンデーションやパウダー、ハイライトなどのベースメイクに使うフェイスブラシ。

厚塗りになってしまいがちなパウダーファンデやムラが出やすいリキッドファンデも、ブラシを使う事でムラなく均一に塗ることができます。

 

薄付きでもしっかりとカバーされた、ナチュラルで透明感のある仕上がりになるのが嬉しいポイントですね♡

 

◎資生堂 / ファンデーションブラシ 131

 

出典:www.cosme.net

 

◎エスプリーク / ファンデーションブラシ

   

出典:www.cosme.net

 

◎M・A・C / #187 スティプリング ブラシ

   

出典:www.cosme.net

 

 

◎パウダーファンデを塗るときのポイント

 

1.余分な粉は落として使う

ブラシに粉を余計に含ませてしまっては結局厚塗りになってしまいます。

顔に乗せる前に手の甲などで余分な粉を落としてからつかうようにすると◎

 

2.顔の内側から塗っていく

顔の内側から外側に向かってクルクルと円を描くように動かして、優しくなでるように塗っていきます。

鼻は最後に、ブラシに余ったファンデをササっと乗せます。

 

3.途中で粉を足さない

何度もブラシにパウダーをとっていると肌に馴染まず厚ぼったくなってしまうので注意!

軽く伸ばしていくようにしましょう。

 

 

◎リキッドファンデを塗るときのポイント

 

1.いつもより多めに取る

 

2.広い面積から塗っていく

頬やおでこなどの広い面積から大まかに塗っていきます。

内側から外側にかけてブラシでたたきこみながら少しずつ伸ばしていきましょう。

 

チークブラシ


   

出典:jp.pinterest.com

 

血色感をアップさせてくれるチークはメイクの大事なポイントになりますね。

 

チークブラシは様々な毛質やサイズ、形状のものがありますが、ふんわりと柔らかな大きめのものを選ぶようにしていきましょう。

 

◎マリークヮント タイニー チークブラシ

   

出典:www.cosme.net

 

 

◎チークブラシを使うときのポイント

 

1.側面を顔に付けるようにする

ムラなくキレイに発色してくれるコツです。

 

2.顔の外側からスタートさせる

初心者の方や控えめにつけたい場合などは顔の外側から内側に向かって付けていくと◎

付けすぎの防止になりますよ。

 

シャドウブラシ


   

出典:jp.pinterest.com

 

アイシャドウパレットについているチップやブラシをそのまま使っているという方も少なくないのではないでしょうか?

 

目元は顔の印象を左右する大事なポイント。

シャドウブラシをしっかりと使い分けていくことで仕上がりに差が出てきますよ。

 

◎ロージーローザ / アイシャドウブラシセット

 

出典:www.amazon.co.jp

 

 

◎ルナソル / アイシャドウブラシ(M)N

   

出典:www.cosme.net

 

リップブラシ


   

出典:jp.pinterest.com

 

唇の形や厚みをうまく調整できたり、唇のラインをはっきりとさせることでキチンと感を演出することができるリップブラシは一本あると便利ですね。

 

◎資生堂 / リップブラシ(ブラック) 403

   

出典:www.cosme.net

 

 

◎リップブラシの使い方

 

1.上唇の山を描く。

 

2.下唇のふっくらしたところのラインを引く。

 

3.左右の口角から上唇の山にかけてラインを引く。

 

4.左右の口角から下唇のふっくらしたところにかけてラインを引く。

 

5.ラインの内側を塗っていく。

 

縦じわが気になる場合はブラシを縦に動かすことでカバーすることができますよ。

 

 

いかがでしたでしょうか?

メイクブラシ一つで仕上がりが違ってくるからメイクって楽しいですよね。

ぜひ参考にしてみてください。



関連記事

・あの人を虜にしちゃう?キスしたくなる「ぷるぷるリップ」の作り方

・眉ティントをするとメイクが楽に♡やっぱり定番はエチュードハウス?

・うるうるリップを手に入れよう♡リップメイクを長持ちさせるコツ