すらっと通った鼻筋が魅力的なハーフ顔は、いつでも女の子たちの憧れの的。そんな美しい鼻筋を手に入れられるノーズシャドウの入れ方、あなたはご存知ですか?今回は、誰でも簡単にできるノーズシャドウの入れ方と、そのポイント・注意点をお教えしちゃいます。毎日のメイクに取り入れて、さりげなくキレイな鼻筋を手に入れちゃいましょう!

1.ノーズシャドウの入れ方


 

出典:up.myreco.me

あじこいめ @ri_ta84

 

アジア人の鼻は、低くて丸みを帯びている場合が多いですよね。

もちろん日本人も例外ではありません。

 

その鼻は日本人のあどけなさが残る可愛らしい顔のポイントにもなっているものの、やはり憧れは外国人やハーフのようなすらっとした鼻筋。

まずはその鼻筋を手に入れられるノーズシャドウの入れ方をご紹介します。

 

用意するものはローライトとハイライトの2カラー。

ローライトは暗すぎず、肌カラーよりもワントーン程度低いものを選びましょう。

ハイライトは逆に自分の肌よりもワントーン明るいものや、白を選択するのがおすすめです。

 

行程は以下の通り。

 

①ローライトを鼻筋と眉頭のつながり部分から鼻筋サイドに向かって薄く伸ばしていく。

この時鼻の頭付近までローライトを伸ばさず、あくまで一番暗い部分に影を付ける程度に留めておく

②おでこと鼻筋中央のTゾーンにハイライトを入れていく

③ハイライトとローライトの境界を馴染ませていく

 

このたった3行程ですっきりすらりと通った鼻筋が手に入れられるのです。

 

詳しいノーズシャドウの入れ方はこちらの動画を参照にしてくださいね♪

 

 

2.ノーズシャドウのポイント


 

出典:up.myreco.me

rnmms2 @rnmms2

 

キレイな鼻筋を手に入れるためには、ローライトとハイライトの幅が大切。

ローライトの色の濃い影の部分とハイライトの明るい部分、どちらも幅広だったり狭かったりすると、顔全体のバランスが崩れてしまいます。

光のしっかり当たるところで鏡をみながら、自分のベストのラインを引いていくのがおすすめ。

 

また、ハイライトとローライトをきれいに馴染ませるのも、より自然ですらっとした鼻筋を手に入れるためには重要なポイントになります。

 

ハイライトを入れると、午後の化粧崩れが気になると言う方。

メイクの最後に薄くベビーパウダーで肌をカバーすると良いかもしれません。

肌馴染みがよくさらりと仕上がるベビーパウダーをメイクの仕上げに使うことで、夜までテカリ知らずのお肌が手に入っちゃうかも。

 

3.ノーズシャドウってどんなメリットが?


 

出典:up.myreco.me

nakagawa77 @nakagawa77

 

ノーズシャドウを入れることで、鼻筋を高く見せるだけでなく、顔全体がきゅっと引き締まって見える効果があります。

顔にメリハリが付くことで、野暮ったい印象を払拭することにつながるのです。

 

もちろん鼻が高く見えますので、ハーフ顔のようなモデルフェイスを手に入れられるという嬉しいポイントも。

 

 

いかがでしたか?

ノーズシャドウはいつものメイクの中で取り入れられるくらいに簡単なモノ。

自分にあったローライトとハイライトのカラーをしっかりとゲットし、自然に鼻筋に馴染ませることができれば、すらっとしたキレイな鼻筋のハーフ顔が手に入りますよ。

自分の鼻に自信がない…という方、ぜひ試してみてくださいね!



関連記事

・深田恭子風メイクで透明感のある愛され女優顔を目指して♡

・嬉しいプチプラ♡「EXCEL シャイニーシャドウ」なら単色でツヤめくまぶたに♪

・眉毛の位置が違うだけでこんなに顔が変わる!眉毛のお手入れのやり方