2016年の秋からはヴィンテージの時代へ突入! これまでにも何度か流行ったことがあるこのトレンドですが、流行りは忘れたころにもう一度やってくるようですね。 そこで今回は、そんなヴィンテージをテーマに、メイクからより最適なヴィンテージファッションにいたるまで、たっぷりとご紹介していきたいと思います。 気になる方はぜひ最後までお読みになってくださいね。

トレンドメイクの舞台は1970年代


 

出典:weheartit.com

 

皆さんは、ヴィンテージと聞いて何をイメージしますか?

きっとダークでセクシーでディープな世界だと想像するのではないでしょうか。

実際に洋服やメイクの世界では、ほぼそのイメージ通りの雰囲気を醸し出しています。

 

そしてもう一つ、ここでのヴィンテージは古着のヴィンテージとは少しだけ違うということを覚えておいてください。レトロとも少し違います。

 

1970年代と言えば、今よりもはるかに人々が元気でアグレッシブ、前に前にと挑戦的な性格の人達で溢れ返っていました。

女性だってそう!

そんな時代から生まれたファッションやメイクだからこそ、私たちにとってはとても刺激的で大人っぽく見えるのではないでしょうか。

それでは、そんな今トレンドのヴィンテージメイクについてご紹介していきたいと思います。

 

よりセクシーな目元に♡


 

出典:weheartit.com

 

ヴィンテージメイクの大きなポイントは「目」にあります。

日本人というよりは海外の女優を意識すると、一段とセクシーで色気のある目元を作り出すことが出来るのではないでしょうか。

 

その際に役立つメイクアイテムがこちら!

それはレンガ色のアイシャドウです。

レンガ色は2016年秋からのトレンド色で目を強調したメイクにはもってこいの色味です。

レンガ色のアイシャドウがより深みと気品を出してくれるため、まだ若い方のヴィンテージメイクの際にも多いに役立つことでしょう。

 

使用するアイシャドウはリンメルの「ロイヤルヴィンテージアイズ」1,500円(税抜)がおすすめです。

そして目と言えばやっぱり忘れてはならない「アイライン」です。

ヴィンテージメイクではアイラインを深くいれること、目尻をはねあげることがとても大切になってきます。

薄いメイクとは真逆の、はっきりした濃いメイクを心がけましょう。

おすすめのアイライナーは、イヴ・サンローラン・ボーテの「クチュールアイマーカー(ノワールスキャンダル)」4,200円(税抜)です。

 

魅惑の官能リップ


 

出典:weheartit.com

 

ヴィンテージメイクでは、目と同様に唇の見せ方もとても重要なポイントです。

決して控えめな色ではなく、赤やピンクといった派手でゴージャスな色を選んでください。

ワインレッドなどもおすすめですよ。

あなたの肌質に合った色味を、官能的でセクシーな雰囲気が少しでも再現できるものにしてください。

 

しかしここで大切なのは、決して下品に見えてはいけないということ!

ヴィンテージメイクが主流だった1970年代の女性たちはメイクは華やかでしたが、とにかく上品。

上品に見えるか見えないかによって、このメイクの方向性は大きく変わってくるのですから、とても大事にしていただきたいポイントの一つと言えるでしょう。

さて、ばっちりメイクをしたらあとはファッションにも気を使いたい所。

1970年代風のファッションを再現するとしたらドレスですよね。

シンプルに黒や赤、白で決めても良いですし、ドレスもヴィンテージ風にチェック柄などであの頃を表現してみても可愛いのではないでしょうか。

 

 

いかがでしたか?

トレンドのヴィンテージメイクを紹介しました。

海外セレブや女優に憧れている方には特におすすめしたいメイク法です。

大胆にかつ上品にというとても難しいラインのお洒落ではありますが、若者だけでなく幅広い世代の人たちに楽しんでいただける、そんなトレンドなのではないでしょうか。



関連記事

・今年のトレンドは細くバサバサなまつげ♡つけまで作る魅力的な目元

・目の形ごとに解説!アイメイクの引き締め方♪

・あなたの顔の形は何型?顔タイプ診断&メイク方法