今年の冬最旬カラーは、ボルドーなどの深い赤や、レンガ色などのオレンジと赤が混ざったようなカラーが多くあげられています。シックなモノクロカラーやベージュなど、無難な色合いの服が多くなってくるこれからの季節、最旬カラーを取り入れたメイクで、流行を逃さずチェックしましょう。 今回は、そんなトレンドカラーの1つである、レンガ色のアイテムを用いたメイク方法をご紹介していきます。

1.チークに取り入れて色っぽ顔に


 

出典:jp.pinterest.com

 

レンガ色を一番取り入れやすいのは、チーク。

普段はどんなチークカラーを付けていますか?ピンクで可愛らしく、オレンジで元気に、ももちろん女性らしさ溢れる可愛い顔になりますが、レンガ色なら一気にセクシーな色っぽ顔に。

 

普段チークをしないという方でも、派手すぎず渋すぎず、自然な発色で内側からにじみ出るような血色を表現することができますよ。

チークは、入れ方一つで雰囲気ががらっと変わります。

 

以下、3種類のチークの入れ方を紹介しますので、その日の服装や気分に合わせて自分を作りかえてみてはいかがでしょうか?

 

①頬全体に入れると、かわいいベビーフェイスに

口角を上げたときに、丁度頬が持ち上がる部分がありますよね。

その膨らみ部分を中心に、頬全体にまあるくチークを入れてあげてみましょう。

そうすると、女の子らしさ溢れるベビーフェイスのようなメイクが完成しますよ。

 

②頬骨に沿って、クールな印象に

「デキる女」を印象づけたいなら、頬骨に沿って目尻まで斜めにチークを入れてみましょう。

そうすることで、かわいらしさよりもクールなイメージの強い表情に仕上がりますよ。

 

③おフェロ顔チークは、目の下に

今年流行した「おフェロ顔」を作りたいなら、チークは頬全体ではなく、目のすぐ下に均一に入れてあげましょう。

その時、しっかりとチークを肌に馴染ませるようにするのがコツです。

 

2.おすすめレンガ色チーク


 

出典:jp.pinterest.com

 

色っぽ顔を作り出してくれるレンガ色チークは、色々なブランドから販売されています。

今回は、その中でも1000円以下のプチプラで手に入るチークのみを2つご紹介します。

 

 

①リップ&チークジェル(キャンメイク)

 

出典:www.cosme.net

 

 

こちらはチークとしてはもちろん、リップとしても使用できるジェルタイプのアイテム。

チークとして使用するなら、指でポンポンと肌に馴染ませるようにしていきましょう。

重ねていくことで自分好みの濃さに仕上がるのもうれしいですし、マットタイプな仕上がりになります。

これで600円はコスパ高めですね。

 

 

②クリーム デ チーク(マジョリカ マジョルカ)

 

出典:www.cosme.net

 

リキッドタイプのチークながら、肌馴染みがよく、さらりとした肌触りがうれしいこちら。

色は4色展開で、もちろん最旬のレンガ色もありますよ。

発色がとてもいい分、慣れないうちは付けすぎてケバくなってしまう…という声もありますので、自分のベストの量が付けられるように練習してみてくださいね。

 

3.レンガ色はアイメイクに取り入れても◎


 

出典:jp.pinterest.com

 

レンガ色を一番取り入れやすいのはチークですが、アイメイクに取り入れるのもおすすめ。

今年の冬は赤色アイメイクも流行っていますので、ぜひチェックしておきたいですね。

 

アイメイクにレンガ色を使う際は、なるべく自然に、腫れぼったい印象にならないように注意しましょう。

上まぶた全体に乗せるよりも、下まぶたや目尻にポイントカラーとして使うと、一気におしゃれな色っぽ顔が完成します。

 

 

いかがでしたか?

秋冬に欠かせないカラー、レンガ色。

服や小物などのアイテムとして取り入れるのも可愛いですが、メイクに使って、いつもとは違う自分を印象づけてみるのもいいかもしれませんね。

ぜひ挑戦してみてくださいね!



関連記事

・目で魅せる♡セクシーな目元をつくるアイメイク配色

・芸能人にみる!誰からも好かれる♡可愛いタヌキ顔メイク法

・お部屋にぬくもりを♡ナチュラル派さん必見!100均アイテムでつくる、ほっこりクリスマスDIYアイディア集♡