もっとキレイになりたい、キレイに見せたい… 女性にとって、『美』は人生の最大のテーマとも言えますよね。 美人か、美人ではないのか。 女性をこの2つに分ける要素は様々ですが、その中で最も重要なのが『肌』です。 肌がキレイだと、それだけでその人は羨ましい存在に。 逆にどんなに素敵な洋服をまとっても、どんなに上手なメイクを施しても、肌が残念だとその人の印象も残念なものになってしまいます。 さて、さっそくですが皆さんに肌悩みはありますか? 今回は、様々な肌悩みを簡単に解決してくれるコントロールカラーの選び方について書きたいと思います!!

そもそも、コントロールカラーって何?

 

 



肌悩みの中で、常に上位に入っているもの…

シミ、そばかす、くすみなど。
長年、悩んで来られた方も多いのではないでしょうか?

例えば、くすみ。
少しでも、肌色を明るく見せたいですよね?
でも、明るめのファンデーションを重ねると厚塗りになったり首との色が違いすぎて浮いて見えたり…
そんなときこそ、コントロールカラーの出番です!!
肌を明るく見せたり、色ムラを整えてくれるのがコントロールカラーなんです!!

コントロールカラーとは、簡単に言うと色のついた化粧下地のこと。
いつもの下地をコントロールカラーに変えたり、色が入っているものを使うだけで肌悩みをカバーできるなんて、使わない手はないですよね。

私に合ったコントロールカラーは何?


 

出典:ameblo.jp


そんな優秀なコントロールカラーも、むやみやたらに使えば良いわけではありません。
ちゃんと、色別にカバーできる効果が異なります。
今から、そこを紹介していきますね。

・ピンク・・・・・血色の良い肌色へ。やわらかな肌感触を思わせます。

・イエロー・・・・肌色のにごり・色沈み・くすみを明るくカバー。迷ったらこれ。万能色です。

・グリーン・・・・赤ら顔・ニキビ跡などの赤みを相殺。気になる場所にポイント利用するのもOK。

・オレンジ・・・・強いくすみに。クマ・たるみなどの「影色消し」にも効果あり。

・パープル・・・・透明感が欲しい時に。黄ぐすみを押さえ、エレガントに見せます。
 
実際に使ってみましょう


出典:josei-bigaku.jp


先ほどの内容で、どんな悩みを解決してくれるかはおわかりいただけましたか?
コントロールカラーにも、メーカーによって色味が若干変わったり、ファンデーションとの相性によっても見え方が変わったりするもの。
実際に使われる場合は一度お店で試してみたり、また悩みが複数ある場合は複数使いにもチャレンジしてみてください。

例えば、全体をパープルでエレガントに見せた後ニキビ跡にはグリーンを部分的にのせるなど。
全体に塗る時は、普段の下地同様顔の中心から外側に、また顔の下部分はギリギリのラインまで塗るのではなく外側を若干塗り残した状態にすると影がついて小顔効果も期待できますよ。
 

 
これから、イベントの季節ですね♪
いつも以上に素敵なお肌で、テンション上げていきましょう!!



関連記事

・プチプラでかわいいは作れる♡魅惑的な目元で彼の視線をゲットするアイメイク術♡

・instagramでも話題♡恋が叶う?恋コスメでモテメイクしてみましょう♡

・愛されメイクの定番♡色っぽく可愛いうさぎ目メイク♡