まだまだ寒い日が続いていますが、メイク業界では既に2017年春夏へ向けたアイテムが続々と発表になっています。 今年のキーワードは「ペールトーンメイク」。ふんわりとした柔らかさとナチュラルさがありながら、しっかり可愛さも主張できる、素敵なカラーメイクなんです☆ 今回は「ペールトーンメイク」について、メイクポイントやオススメアイテムも合わせてご紹介していきます。 是非ご一読いただき、これからの季節へ向けての準備に活用して下さいね!

ふんわり&透明感抜群♡「ペールトーン」ってどんな色?


 

出典:jp.pinterest.com

 

「ペールトーン」と言われるとピンと来ない部分があるかもしれませんが、「パステルカラー」と言われるとすぐに思いつく方も多いのではないでしょうか。

正確には「明度が明るく、彩度(色味)が薄い」色。

柔らかく女性的で、透明感の高いカラーリングが揃っています。

 

2017年春は、このペールトーンをベースにしたメイクが主流となるようです。

ほんのりとした色は肌馴染みも良く、ちょっと使いづらそうなブルーやグリーンもキレイに見せる事ができる万能カラーバリエーション。

ベージュやブラウンとは違う色調の「ナチュラルメイク」も楽しめる、これからの季節にうってつけのメイクカラーと言えるでしょう。

 

少し早めな今の季節から、しっかりテクニックやアイテムをチェックしておきたいですね☆

 

パーツ別に解説!「ペールトーンメイク」を素敵に使いこなそう!


 

アイメイク:全体的に華やかさを♡メリハリも心がけよう

 

出典:jp.pinterest.com

 

元々ペールトーン自体が薄づきのカラーリングですので、アイホール全体に乗せて華やかさをプラス。

ラメやパール感があっても素敵ですね。

薄い色だからこそ、いつもより気持ち多めに乗せておくと、柔らかい色がしっかりとまぶたに映えます♪

 

薄い色の分、目のキワやアイラインはこっくりとした濃い色を使っておくとアクセントになってgood。

瞳の大きさも強調され、ちょっと抜け感のあるナチュラルアイメイクになりますよ。

 

 

チーク:ほんのりピンクで「上気フェイス」がナチュ可愛い!

 

出典:jp.pinterest.com

 

チークは「肌馴染みの良さ」を重視。

コーラルピンクのような、青みがかったピンク系のチークを、パウダーならブラシ、クリームならスポンジで軽く乗せていきましょう。

濃すぎると「メイクしている」印象になってしまいますし、薄すぎるとチークの意味がありません。

自分の肌に合ったちょうどいい濃さを探し出してみるといいですね。

 

一度、自分の肌に合った濃度が見つかれば、チークカラーを変えても応用がききます。

特にペールトーンメイクの場合はチークがよく目立ちますので、この機会に覚えておくのがオススメです。

 

 

リップ:アイメイクを際立たせる!濃い目なピンクレッドで印象的に

 

出典:jp.pinterest.com

 

アイメイク・チークが少し控えめな色ですので、リップも・・・と全てをペールトーンで統一してしまうと「ふんわり」が「ぼんやり」になってしまいます。

顔のパーツ全てを柔らかい色にしてしまうと、メイクも何となく違和感のある感じに。

そこで、リップのみちょっと強めのカラーを意識しましょう。

レッドよりのピンクや、ピンクよりも濃いローズ系のリップで強調。

 

唇の色と合わないと感じたら、一度ファンデーションやコンシーラーで唇の色を消してから改めて乗せていくとリップそのままの色が反映されます。

ハッキリした色で顔全体を引き締めていくと、ペールトーンも一層柔らかく見えます。

 

ペールトーンメイクにはコレ!オススメのメイクアイテム☆


 

アイメイク:【ルナソル】カラフルスカイアイズ

 

出典:www.cosme.net

 

毎回、「浄化」をテーマに新作を出し続け、その発色と持ちの良さ、上品な組み合わせが好評なルナソル。

もちろん、2017年春のブームもしっかりキャッチしています。

 

コンセプトは「陽空浄化(ようくうじょうか)」。

澄んだ青空に浮かぶ二重の虹をイメージしたペールトーンのアイシャドウパレットです。

濃度の調節もルナソルならでは。

ビビットカラーにも、ペールトーンカラーにも変化させられる発色は多くのオトナ女子を虜にし続けています。

 

柔らかく、スッキリとした眼差しになる事ができそうですね。

 

 

チーク:【ジルスチュアート】ブラッシュブロッサム

 

出典:jp.pinterest.com

 

日本で「ブロッサム」と聞くと、真っ先に浮かぶのは「桜」。

春の象徴とも言える桜のような色のチークです。

 

濃度の違う左右のカラーをお好みで混ぜ合わせると、自分好みの色や肌に合ったカラーリングを探し出せる秀逸なアイテム。

色はもちろん、ツヤやパール感も調節できるのも嬉しいポイント。

伸びも良く、肌にフィットして透明感のあるフェイスへのサポートをしてくれますよ。

 

 

リップ:【ディオール】アディクトリップスティック

 

出典:www.cosme.net

 

コーラルピンク(青みのあるピンク系)は一塗りでその存在感が一気に主張される程の強い色味。

他のポイントメイクが強いと、「やり過ぎ」な印象になってしまっても、ペールトーンメイクなら一気に引き立て役へと躍り出てくれます。

 

メイクカラーの中では一番色味が強いため、リップがとても目立ちます。

カサつきは御法度!

普段からリップケアや保湿は抜かりなく。

できればディオールのリップのように潤い効果があったり、保湿効果の高いリップ下地を使っておきましょう。

もう少しボリュームやツヤ感が欲しい時はグロスを軽く重ねるとまた違う雰囲気を楽しめ、長く愛用する事ができます。

 

これからの季節、是非1本は持っておきたいリップカラーです。

 

 

いかがでしたでしょうか?

まだ寒さは続いていますが、メイクやファッションの世界では既に春満開です!

是非参考にしていただき、今年の春メイクチェックに役立ててみて下さいね。



関連記事

・愛されメイクの定番♡色っぽく可愛いうさぎ目メイク♡

・女子友のバースデイプレゼント、迷ったらイヴ・サンローランの名前入りリップで決まり♡

・これであなたも旬顔になれちゃう♡ストレートアーチ眉毛の描き方