「朝キチンとメイクをしても、お昼頃には大変な事に…」「崩れてもキレイになおせないし、触ると余計に汚くなっちゃう…」「使ってる化粧品、合ってないのかなぁ…?」なんてお悩みの方、多いと思います。間違った化粧直しだと見た目が良くない上に、肌への負担も大きくなる事をご存じですか?せっかくのメイク直し、キチンとキレイに直したいですよね!コツさえ覚えればきっと上手くいきます。ポイントをしっかり押さえてキレイなメイクを保ちましょう♡

お化粧崩れが起きる原因は?大きく分けて3つあります。


 

 

 

1つ目は汗。

汗の主な成分は水分です。

その水分によってメイクが流れ落ちてしまうのです。

多くの人は顔にも汗をかくと思いますので、メイク直しは避けて通れませんよね…。

 

そして2つ目は皮脂。

皮脂がメイクと混ざると緩くなってしまい、ヨレてくるのです。

 

そして3つ目は乾燥!

乾燥は肌の水分を奪ってしまいます。

そのため水分不足と判断した肌が皮脂を分泌し、その皮脂が崩れやヨレに繋がるのです。

 

化粧直ししないとどうなるの?


 

出典:jp.pinterest.com

 

「化粧直ししても余計に汚くなるならしたくない…」と化粧崩れだけならともかく、化粧直しをしないと肌には負担がかかった状態が続いてしまいます。

実際化粧直しをしない時間が続くと共に肌の水分量が低下してしまいます。

 

そして皮脂(油分)はと言うと、乾燥に伴い余分な皮脂を分泌させ続けてしまうのです。

お肌の状態を普段のスキンケアで気を付けていても、化粧直しをしないだけで悪化するなんてもったいないですよね

 

メイク直しに必要なアイテムってあるの?


 

出典:jp.pinterest.com

 

 

先ずは何が必要かみてみましょう!

 

 

・コットン

 

出典:jp.pinterest.com

 

化粧水や乳液を使うときに必要です。

 

 

・乾燥を緩和させるための化粧水
 

出典:jp.pinterest.com

 

ボトルタイプでも、ミストタイプでも構いません。

 

 

・乳液

 

出典:jp.pinterest.com

 

浮いている化粧を拭き取ります。

 

 

・化粧下地

 

 

出典:jp.pinterest.com

 

ピンク系や透明感を与えてくれるパープル系を選ぶのがオススメです。

 

 

・パウダーファンデーション

 

出典:jp.pinterest.com

 

お化粧直しにはパウダーファンデーションが使い勝手が良いですよ。

「どうしてもパウダーファンデーションが苦手…」と言う方はベージュがかったフェイスパウダーでも構いません。

 

 

・スポンジ

 

出典:jp.pinterest.com

 

お化粧直しの時以外も、スポンジは常にキレイな物を使用しましょうね。

 

 

・綿棒

出典:jp.pinterest.com

 

目元のメイク直しに活躍してくれます!

今は種類も豊富で、リムーバーが染み込んでいるタイプや細身なタイプなど沢山あります。

使い勝手の良いモノを選んでみて下さい!

 

 

・リップ

 

出典:jp.pinterest.com

 

好みもありますが、やはりツヤ感があるものを選ぶとキレイに見えますよ。

グロスもオススメです。

 

 

・チーク

 

出典:jp.pinterest.com

 

オススメなのはブラシ付きのパウダーチークです。

色の調節がしやすく、持ち運びにも便利ですね。

 

 

・アイシャドウ

出典:jp.pinterest.com

 

色が混ざるとくすんで見えてしまいます。

朝使用したものか、同系色のアイシャドウを使うのがオススメです。

 

お化粧直しをしてみましょう!


 

出典:jp.pinterest.com

 

1.化粧水をコットンに染み込ませ、乾燥部分と皮脂が過剰分泌されているところに優しくおいていきます。

ミストタイプを使用する場合は、全体に振った後、ティッシュで軽くオフして下さいね。

振りっ放しは肌の余計な乾燥を招きます。


2.続いて乳液をコットンに馴染ませます。

化粧が浮いている部分を優しくふき取って下さいね。

目元をオフする時は、綿棒を使うと便利ですよ。


3.スポンジへ化粧下地を少な目に出し、馴染ませます。

乳液でオフした部分へ軽く重ねて下さいね。


4.目元のお化粧直し部分へアイシャドウをのせ、アイライナーなども引いて下さい。


5.チークをのせる。


6.リップを塗る。

 

出典:jp.pinterest.com

 


いかがでしたか?

慣れるまでは少し手間がかかるように思いますが、全てはお肌のため!

キチンとメイク直しをして、自分の肌を大切にしましょうね!



関連記事

・【春メイク】2017年はどんな形?トレンド眉毛で気分を先取り☆

・アリアナ・グランデみたいに小悪魔キュートになれるトータルメイク法♡

・「こんなに可愛かったっけ...!」と思わせる、ポイントグレードアップメイク術。【アイメイク編】