素肌メイクやナチュラルメイクといった、やりすぎNGのメイクがトレンドな今年。そうはいっても、今のメイクをどうしたら素肌感がでるのか、ナチュラルになるのか分からない、といった声も多く見られます。 そこで注目したいのが話題の「引き算メイク」。いつものメイクからほんのちょっと部分ごとに引き算をするだけで、旬の素肌メイクが出来上がるって知っていましたか? 今回は、そんな引き算メイクのポイントをベースメイク、アイメイク、チーク・リップメイクと部分ごとにご紹介。自分のメイクの何を引けばトレンド顔が手に入るのか、ぜひチェックしてみてくださいね♪

1.ベースメイク


 

出典:jp.pinterest.com

 

ベースメイクの最大のポイントとなるのが「厚塗り感」。

化粧下地を付けて、CCクリームを付けて、ファンデーションを付けて、気になるところはコンシーラーで隠して、最後にフェイスパウダーを乗せて…と重ね付けを繰り返してはいませんか?

 

ベースメイクに必要なのは、化粧下地とうす付けのファンデーションのみ。

ファンデーションもツヤ感のあるリキッドタイプやクッションタイプがおすすめです。

マットな肌に仕上げようとすればするほど、どんどん厚塗りになってしまいますので、ナチュラルなツヤ感と透明感のあるベースメイクを心がけましょう。

 

必ず付けたいのが化粧下地。

ファンデーションのノリや持ちが良くなりますので、薄く顔全体に付けてあげてくださいね。

 

2.アイメイク


 

出典:jp.pinterest.com

 

メイクの仕上がりを印象づけるアイメイクは、引き算できるポイント満載。

アイメイクによって素肌メイクの仕上がりが左右されるといっても過言ではないでしょう。

 

まずはマスカラとアイライナー。

この2つは、引き算メイクをするならどちらかで充分です。

きりっとしたアイライナーと、上下のまつげに何度も重ね付けしたマスカラは、目の印象を強くすることはできますが、やりすぎると厚化粧の原因に。

マスカラは薄くつけ、下まつげにも付ける場合は下まつげにはビューラーをかけないこと。

 

また、どうしてもアイライナーを引きたいという人は、目のふちぎりぎりに軽く引くようにしましょう。

目を一回りも二回りも大きく見せようとしてはいけませんよ!

 

3.チーク・リップ


 

出典:jp.pinterest.com

 

チークをしっかりめにつけたらリップはうす付きに、リップをがっつり乗せるならチークは乗せない、またはふんわりと。

この2つはピンクやレッドといった色合が強いカラーを使う部分なので、互いの色のバランスを見ながらメイクアップするようにしましょう。

まだまだトレンドな赤のマットリップを乗せるなら、チークは乗せなくてもOKです。

逆に、チークを可愛らしいピンクで整えるなら、リップはうす付きのティントタイプがおすすめですよ。

 

 

いかがでしたか?

引き算メイクは、いつものメイクの部分ごとのバランスを考えるだけで、簡単にできるもの。

手抜きメイクに見えないよう、チークまたはリップといったカラーモノは必ず使用するのも素肌メイクのポイントです。

あなたのメイク、引き算できるところはないかどうか、今一度チェックしてみてはいかがでしょうか?



関連記事

・デパコスとプチプラコスメを賢く組み合わせて、華やか顔に♡

・振り返るほどの透明感!透き通るような肌を叶える徹底ベースメイク法

・恋コスメといえばこれ♡ジンクスを味方に大人モテを始めよう♪