5分をフル活用!時短メイクは実はほどよい引き算がなされた、おしゃれナチュラルメイクの基本です。寝坊してしまっても焦らなくて大丈夫。絶対メイクすべき場所をしっかり化粧すれば、少ない工程で「きちんと女子メイク」行うことができます。忙しいワーキングママやキャリアウーマンに必見の情報です。

大変あと5分しかない!そんな時は焦らず引き算メイクを♡


 

出典:jp.pinterest.com

 

起きたらあと10分で出勤時間だという時、一瞬思考が停止し、青ざめてしまいます。

そんな時冷静にあと10分でなにができるかを考えましょう。

 

着替えて髪をとかして、メイクの時間はたったの5分しか残らないかもしれません。

そんな際日ごろから時短メイクを心がけていれば、忙しい朝でも焦ることなく落ち着いて化粧ができます。

 

フルメイクに45分かけている方と同じメイクを5分でするのはもちろん無理です。

しかし出会う人に「化粧しているな」と認識されるポイントさえ押さえていれば、たった5分のメイクでも十分やり過ごすことができます。

 

今回は手抜きとは思われない、時短メイク法をご紹介します。

 

時短メイクの押さえておきたいポイント


 

出典:jp.pinterest.com

 

いつも通りのフルメイクを少しずつ手抜きして5分におさえると、どこも中途半端になり手抜き感がバレバレに。

それよりもいっそのことメイクしない部分としっかりメイクする部分を分けてしまった方がメリハリがあるしっかり顔になります。

 

出会った人がメイクしているかどうか判断する基準は、肌と唇、頬とまゆにしっかり色がついているかどうかです。

つまり人は、「肌はしっかりシミやしわがカバーされるファンデーションが施されているか」「リップに色がついているか」「眉毛があるかないか」「顔全体に血色があるかどうか」をみて、メイクをしているかすっぴんかを判断するとのこと。

 

ここのポイントさえ押さえてしまえばたったの5分でもきっちりメイクを行うことができます。

 

オールインワンクリームかBBクリームで時短


 

出典:jp.pinterest.com

 

洗顔からファンデーションまでの時間を短縮したいなら、オールインワンクリームかBBクリームが断然オススメ。

化粧水、乳液から下地までを一役でこなしてくれます。

もし日焼け止めが含まれていない場合は、ここは手抜きせずにしっかり日焼け止めもプラスしましょう。

 

続いてファンデーションはパウダー型がおすすめ。

リキッドタイプは忙しい朝に焦って塗るとよれやムラが出やすくなります。

その点パウダー型のファンデーションならサッと全体をキレイにカバーしてくれます。

もっと時短したい場合は大き目のブラシでファンデーションを顔全体にオンします。

 

時間にして1分30秒ほど。

 

眉は絶対!目元はどれか一つに絞って時短


 

出典:jp.pinterest.com

 

眉毛がないと全体的にのっぺりとした印象の薄い顔に。

なにより不自然なのでどんなに急いでいても眉毛はしっかり描きましょう。

アイメイクに一番時間を使うという方も多いと思いますが、忙しい朝はアイライン、アイシャドー、マスカラはどれか一つに絞って!

アイシャドーを単色で入れるだけでも目に精気がやどり、顔がきりっとします。

 

指の腹でアイシャドーをとり、アイホールにサッと伸ばし、再度目じりにポンポンと重ねるだけで自然なグラデーションに。

もしマスカラをしたいなら、まつげの真ん中だけを塗るだけでもOK。

手抜きしているのに逆にナチュラルな雰囲気にみせてくれる時短テクです。

 

ここまでで2分30秒。

 

チークはマスト!元気顔にしてくれる魔法のアイテム


 

出典:jp.pinterest.com

 

意外にも一番重要なのがチーク。

 

朝起きてバタバタしている時は、血糖値が下がり気味で青ざめた顔つきに。

このまま会社にいけば「具合悪いの?」と心配されてしまうかも。

 

チークを大き目のブラシにとり、頬に濃いめに、顔全体に薄めになぞれば血色のいい健康的な肌になります。

ブラシでサササっとなぞるだけで、ぐんと元気な雰囲気に♡

 

ここまでで3分30秒。


リップを塗ればスピーディメイクの完成


 

出典:jp.pinterest.com

 

唇に色がついていないと、お疲れ顔な印象に。

いつでも快活で準備万端な雰囲気をみせるためにはリップに色を付けるのは必須です。

 

口紅をつけてさらにグロスをつけて…。

そんなことをする時間がないなら色のついたリップクリームでも十分代用が可能です。

 

これで4分ちょっと。

ぎりぎり会社には間に合いそうですね!

 

 

時短メイクと手抜きメイクは違います。

時短メイクはしめる所はしめて、引き算する所は引き算する、綿密な計算メイクのこと。

メリハリをつけることで、誰にもばれずにキチンとした雰囲気を出すことができます。

日ごとからどのように時短できるかを研究しておくなら、いざという時に慌てずに身支度を整えることができるでしょう。



関連記事

・眉毛の位置が違うだけでこんなに顔が変わる!眉毛のお手入れのやり方

・100均コスメを使いこなそう♪100円でも「高性能」で「人気」の秘密とは?

・【動画】今マスターしたいメイクNO.1♡可愛いまなざしを作る猫目メイク法