みなさんは、普段使うリップやチークの色はどのように選んでいますか?なんとなくいつも同じような色にしたり、自分にはこれしか似合わないなんて決めつけていませんか?リップやチークのカラーでメイクの印象は大きく変わります!今回はマンネリメイクをしがちな方へ、パリコレのメイクも担当された資生堂のトップメーキャップアーティスト、大久保紀子さんが教える色選び法をご紹介します♪

どのようにリップやチークの色を選んでいますか?


 

 

メイクのカラー、その日の気分で選ぶ、アイメイクに合わせて選ぶ、自分に似合う色を選ぶ...様々な選び方をしているかと思います。

でも、ついつい同じ色を選びがちだったりして、マンネリしてきていませんか?

 

今回ご紹介するのは、パーソナルカラーと逆の"ずらし色"を選ぶ方法!

このカラー選びを提唱し、お教え下さったのは資生堂のトップメーキャップアーティスト、大久保紀子さんです!

 

今すぐこの記事を読みながら実践してみませんか?

 

あなたのパーソナルカラーは?♡


 

パーソナルカラーを既に知っているという人もいるかもしれませんね!

知らなかったという人も、まずは下の質問でチェックしてみてください!

 

 

Aが多く当てはまったという方はイエローベース、Bが多く当てはまったという方はピンクベースになります。

イエローベースの方には暖色系のメイク、ピンクベースの方には寒色系のメイクが似合うとされています。

 

あえて"ずらし色"を選ぶ!


 

・イエローベースさんの場合

 

 

 

イエローベースさんのスタンダードメイクは暖色系。

リップはコーラルやオレンジ系を使用しています。

 

中央の写真では、リップをピンクベースさんに合うとされる赤み系のものにチェンジしています。

リップとチークを両方チェンジさせた右の写真は、顔全体がぱっとした印象になっており、モデルさんの新しい魅力を引き出しています!

 

 

・ピンクベースさんの場合

 

 

 

 

左はピンクベースさんのパーソナルカラー、ローズや青みピンクを使ったメイク。

中央のようにリップをずらすと口元に目がいきますね!

暖色系で優しい印象になります。

 

チークもオレンジ系を使えば、血色がよく見えますね!

こちらもより明るくぱっとした印象になりました♪

 

メイクのカラーを変えるだけで大きく印象が変わることが分かりましたね!

 

実践!いろいろ試してみよう♡


 

 

 

ワークショップでは資生堂アーティストが生んだ一押しブランド「PLAYLIST」のコスメがずらり♡

たくさんのカラーが揃えられ、自由に試させていただきました。

手前に並んでいるのがイエローベースさん向けのカラー。

 

・オレンジ

・アプリコット

・ベージュ

・赤みオレンジ

・コーラルピンク

・サーモンピンク

・ピーチピンク 等

 

奥に並んでいるのが、ピンクベースさん向けのカラー。

 

・ローズ

・ボルドー

・マゼンタ

・ベビーピンク

・チェリー

・パープル 等

 

普段のメイクならこれに従って色を選びますが、今回は逆。

下の画像ではオススメのカラーと商品を紹介しています。

イエローベースの方はあえて青みのある赤みベースのカラーを、ピンクベースの方は黄み系のカラーを使いましょう!

 

 

 

 

イエローベースだった筆者は、普段は挑戦しない赤やマゼンタ等の濃いピンクリップをお試ししてみました!

暖色系のリップを使っていると馴染んで落ち着いて見えますが、”ずらしメイク”によって華やかさがでました♪

チークもピンクベースさん用のカラーを使うと、若い印象に見えました!

 

 

 

気になったアイテム!


 

体験中気になったのが「イエローリップ」と「黒リップ」。

興味があっても使ったことがないという方が多いかもしれません。

 

両方お試ししてみました!

 

・イエローリップ

 

 

イエローリップは別のリップの上から重ねて使います。

お手持ちのリップに合わせれば、そのリップが一段階明るくぱっとした色に変化しますよ!

 

ピンク系のリップにイエローを重ねたら、じゅわっとしたオレンジになりました♪

塗り方次第でグラデーションリップも作れちゃいます!

 

もともとイエローベースの筆者にはよく馴染んだ色でした。

ピンクベースさんが使ってみることで、あたたかみのあるメイクができるかもしれませんね!

 

 

・黒リップ

 

 

こちらの黒リップも、イエローリップと同じように別のリップカラーに重ねて使います。

もともとのリップのカラーを一段階暗くし、色に深みを持たせてくれます。

 

筆者はベリー系のリップカラーの上から重ねてみました。

リップカラーが少し浮いてしまったかな?と心配なときは、黒を重ねれば落ち着いた印象にしてくれます。

大人っぽいメイクをしたい時におすすめです♪

 

 

 

いかがでしたか?

使うコスメの色を変えるだけ!

美を引き出す新しいカラー選びのポイントをご紹介しました。

 

もし避けていたり、今まで使ったことのない系統の色があるなら、ぜひこの機会にお試ししてみてくださいね♪

あなたの新しい魅力が発見できるはず♡

 

 

講師プロフィール:

___________________________________

資生堂 トップヘア&メーキャップアーティスト
大久保 紀子(おおくぼ のりこ)
1988年㈱資生堂入社。1993年から1999年までパリ駐在。
現在、資生堂ビューティークリエーション研究センター(以下BC研)所属。
ヘア&メーキャップアーティストとして資生堂の宣伝広告や、
パリや東京コレクションのヘア&メーキャップを担当するなど多岐にわたり活動。
また、色彩コーディネーター1級の資格をもち、メーキャップカラーのスペシャリストとして
資生堂のメーキャップスクールSABFAサブファや各種美容セミナーにて講師を務める。
著書『美メイクマジック』を2010年世界文化社より出版。
2014年より資生堂トップヘア&メーキャップアーティストとして活動を開始。
___________________________________



関連記事

・まるで魔法?チークの使い方で一気に印象様変わり!

・即、大人メイク。アーモンドEyeの作り方♡

・あなたはいくつ知ってる?今SNSで話題のコスメ10選