夏と言えば海!BBQ!夏祭り!…などなどイベントがたくさんの季節♪特別な日にはちょっと気合を入れて特別なメイクをしたいですよね♡今回は、夏のイベントシーン別のメイクのポイントを紹介していきます♪

夏のイベントメイクの鉄則!


 

出典:pixabay.com

 

海水浴にBBQ、夏祭りなど、夏はイベントがたくさんの季節!

特別な日にはメイクも特別にして、ちょっと気分を変えて楽しみたいですよね!

今回は夏のイベント別のメイクのポイントを紹介していきたいと思います♪

 

まず、夏のメイクで忘れてはいけないこと。

それは崩れにくいメイクを心がけないといけないという事です。

折角気合を入れても、汗や水で落ちてしまったり、浮いてきてしまったりしてはもったいないです。

イベント別のメイクを見ていく前に、夏に共通のくずれにくいメイクの方法をチェックしましょう!

 

 

・夏のベースメイク♡

 

出典:jp.pinterest.com

 

夏こそ保湿をしっかり行うことが、テカり防止につながります。

暑くて汗が噴き出る夏には、首回りなどを冷やしながらメイクをすることで汗が出るのを押さえましょう。

夏は冷房などで乾燥しやすい時期でもあるので、化粧水と乳液を丁寧になじませて、肌を整えます。

 

下地を薄く均一に塗ったら、ファンデーションの前にフェイスパウダーをのせます!

こうすることでファンデーションがムラになりにくくなります♪

ファンデーションを薄く塗ったら、最後にもう一度フェイスパウダーをのせましょう。

 

リキッドファンデーションの場合は、下地の後にファンデーションをしますが、この時にブラシを使って塗るのがオススメ!

薄くムラなくつけることができますよ♪

ファンデーションを塗ったら、フェイスパウダーで仕上げてください。

 

それでは、ベースがしっかり整ったところで、イベント別のメイクを見ていきましょう☆

 

海・プール♡


 

出典:pixabay.com

 

海では水と太陽のダブル刺激から肌を守るメイクをしましょう!

ウォータープルーフのメイクアイテムを選び、日焼け止めで紫外線から肌を守ります。

水着の時は肌の露出が多いので、ベースメイクが濃いと浮いて目立ちます。

薄付きを心がけましょう。

 

特にアイメイクが水で落ちやすいので、マスカラ、アイライン、アイブロウが落ちないように注意!

アイブロウの後に眉マスカラを使うのもいいかも♪

 

水着に合わせて、カラーをワンポイントに使いましょう♪

カラフルな水着だったら、模様に含まれる色をひとつ使います。

単色の場合は、相性のいい反対の色を選んで目立たせるのもいいですね!

ほんのりアイシャドウでもいいですが、カラーライナーやカラーマスカラをほんの部分的に使ってみるのも良いかもしれません!

 

実は、水着の時にはバッチリメイクを求めていない人も多いようです。

ただ、眉が落ちてしまうのだけはマズいので、やはりアイメイクは必要ですね!

 

BBQ・キャンプ♡


 

出典:pixabay.com

 

BBQやキャンプの時も、水濡れ(川が近くにあったりするので)、紫外線の対策は必須!

さらに、火の近くで油が飛んだり、汗が多くなったりすることにも注意が必要です。

ファンデーションが剥げたり、毛穴が開いたりする可能性があるので、ファンデーションは極薄にしましょう!

 

BBQやキャンプでのメイクにオススメなのは、元気さを演出できるオレンジのチーク♡

肌に密着しやすいクリームチークを使うのがオススメです!

そして、アイメイクには薄いグリーンなどの自然とマッチするカラーがおすすめです♪

 

花火大会や夏祭り♡


 

出典:jp.pinterest.com

 

浴衣を着る時には、できるだけナチュラルメイクがポイント!

ナチュラルメイクとアップヘアで、色っぽく全体を仕上げましょう♡

 

アイメイクは目力に重点を置くのではなく、ブラウンなどのカラーでソフトに仕上げましょう♪

アイブロウも明るめブラウンのパウダーで、自眉のスキマや足りない部分を書き足すような感じ。

 

チークもつけすぎずにふんわりのせるようにします。

リップは潤いのある薄い色がヌーディーでオススメです♡

 

 

いかがですか?

夏は紫外線や暑さの肌トラブルと闘いながらメイクしなければならない時期。

肌をしっかり守りながら、シーンに合わせてポイントをおさえてメイクしていきましょう☆



関連記事

・気になる芸能人のマツエク事情!いつも目がぱっちりなあの人もやっているかも?

・あなたはいくつ知ってる?今SNSで話題のコスメ10選

・必見!マツエクをしている人向けのアイメイク方法☆