映画「ハリー・ポッター」シリーズでお馴染みのハリウッド女優エマ・ワトソン。最近では2017年公開の実写映画「美女と野獣」のヒロイン・ベル役で、その端正な顔立ちが女子から「本物のプリンセスのよう」と人気を集めていますよね。そんなエマ・ワトソンのような美貌に憧れてはいるものの、日本人だから目鼻立ちの通った顔にはなれない…と諦めてはいませんか? 今回は、まるで外国人のようなハーフ顔になれちゃうメイク方法をご紹介していきます!

1.太め眉はマスト!眉と目を近づけてセクシー目元に



出典:jp.pinterest.com


ハーフ顔になるための最大のポイントとも言えるのが、目元。

日本人をはじめとしたアジア人の顔は、日本人形などからも分かる通り、まぶたは一重で眉毛と目が離れているのが特徴です。


対して、欧米人の目元は眉が太く、彫りが深いのが特徴。

エマ・ワトソンもそうですが、目と眉が近く、セクシーな目元ですよね。

そんな外国人風の目元を作るためのメイク方法をまずはご紹介していきます。


まずは眉。

眉は太めに描くことがポイントですが、地眉のラインの下部分を描きたしていきましょう。

下に眉を描き足すことで、目と眉を近づけます。


そして、目元はシャドウのグラデーションを利用して、彫りを深く見せます。

おすすめのシャドウカラーはブラウン系。

可愛らしいピンク系は、上まぶたにのせるとかえってまぶたを重たく見せてしまうので避けたほうが無難です。


ブラウン系のアイシャドウは3色グラデーションのものが初心者さんでも使いやすいのでおすすめです。

一番薄い色をアイホール全体にのせ、上まぶたのふちに向かってどんどん濃い色をのせていきます。

アクセントとして、下まぶたのキワに赤のシャドウを少しだけ入れてあげると、よりセクシーなハーフ顔になれますよ。


2.ノーズシャドウで通った鼻筋に



出典:jp.pinterest.com


次に紹介するメイク方法は、キレイに通った鼻筋を作り上げるノーズシャドウの入れ方。

エマももちろん高くすらりと通った鼻筋が魅力的です。


ノーズシャドウは、ハイライトとシェーディング、どちらも入れるのがおすすめです。

シェーディングは、目頭と鼻の間のくぼみ部分に入れます。

指でくぼみに色を馴染ませたら、指に残ったシェーディングカラーを、鼻のサイドラインにすっと入れましょう。

サイドラインにシェーディングをそのまま入れると濃くなってしまう可能性がありますので、ナチュラルさを出すためにも、指に残ったものをサイドラインに入れるだけで大丈夫です。


ハイライトは、目頭のさらに内側の部分、おでこと繋がっているTゾーンのラインに入れましょう。

細くT字にハイライトをのせたら、こちらも指で馴染ませていけばOK。

ちなみに、ハイライトのカラーは白を、シェーディングカラーは自分の肌よりも2トーン程度暗いものを選ぶと、肌馴染みがいいですよ。


3.肌質も重要?ハーフ顔は「透明感」重視



出典:jp.pinterest.com


最後にポイントとなるのは、肌質です。

欧米人の肌の特徴は、色白でナチュラルな透明感があるということ。

アジア人は黄みがかった肌の人が多く、色白の肌を作るのは難しいかもしれませんが、肌の透明感なら十分に出すことができます。


透明感のある肌というのは、その素肌すら大切。

まずは充分な保湿を心がけましょう。

ニキビなどで肌が荒れてしまうと、ファンデーションを厚塗りしなければならず、マットな肌質になってしまいます。

保湿をしっかりして、肌を潤わせたら、ミネラルファンデーションなどで肌をカバー。

素肌を生かし、ファンデーションは薄付きにしてあげましょう。



いかがでしたか?

外国人風メイク方法のポイントは、目元、鼻筋、そして肌。

いつものメイクをちょっと変えてあげるだけで、憧れのハーフ顔が手に入っちゃいます。

また、メイクと一緒に髪色やファッションも外国人風のモノに挑戦してあげると、よりステキな印象になりますよ♪

ぜひ挑戦してみてください!



関連記事

・目の錯覚を利用!印象がガラッと変わるメイク術♡

・一気に大人っぽくなれる!色っぽメイク法で憧れの彼をドキッとさせる♡

・男子目線でメリハリメイク♡絶対似合う「モテメイク」のポイントはココだ!